シングル8のモノクロフィルムが無くなったのは1976年-77年

シングル-8
Fuji-Film-Logo-1960-1980

1977年3月号の『小型映画』誌。安かったので買ってきました。

kogata_77_03.jpg



ぱーっとチェックしていたところ、非常に興味深いニュースが載っていました。

それは、シングル8モノクロフィルムの終焉時期について。

記事には、
「富士写真フイルム(現・富士フイルム)は1976年12月23日付けでシングル8のネオパンR50とR200、そして16mm用のモノクロフィルムの製造を終了すると発表した」とあります。

「さくらフィルム(現・コニカミノルタ。フィルムとカメラの事業は廃業)のスーパー8モノクロフィルムに続いて、8mmのモノクロフィルムが無くなった」と言った内容が続けて書いてあり、この時点で国産8mmモノクロフィルムが無くなったよ、とまとめられています。

記事はこれだけです。ちょっと情報不足ですね。この記事だと、シングル8、12/23付けで「発表した」にかかるのか、「製造終了」にかかるのか、読み方によって両方意味が取れ曖昧です。

しかしまあ、フジカシングル-8用ネオパンR50とR200は、1976年の終わりから77年頭には製造を終了し、1977年の1月20日前後には店頭在庫もなくなりつつあったことが分かります。

1970年代中盤にリリースされたシングル-8カメラの説明書にもネオパンは載ってましたので、大体1975年ぐらいかなあと思っていましたが、それより1年強も後だったと分かりました。これで1つ疑問が解消。

そうそう、レトロさんは「レトロX」というモノクロリバーサルフィルムをシングル8マガジンに詰めた商品を出していますが、その製品紹介に書かれている「1960年代終わりに生産が終了してしまったシングル-8のモノクロフィルム」ってのは間違いなのでございます。

実は、ずいぶん前にレトロさんには連絡してるのです。どう考えても1970年代半ばまではフィルムは存在したよ、と。そしたら一回サイトは直ったのです。
でも、それからしばらくしたらまた「1960年代終わりに」に戻ってしまっています。なんででしょう? 

[フィルムが無くなると言うこと]

モノクロ8mmフィルムが無くなったことについて、日本国内ではあまり騒がれなかったと聞いています。ところが海を隔てたフランスで、これを憂慮した人たちがいた、と言う話を聞いたことがあります。

これを聞いて、いったいなぜだろう?とあたくしは不思議に思ったものです。

まあ、1976?7年ですとヨーロッパでシングル-8は正規に販売されていましたので、自分たちの表現範囲が狭められるのを嫌がったシングル-8ユーザーのフランス人が騒いだのかも知れません。

 今回はモノクロフィルムとかそういう話ではなく、フォーマット丸ごとの死。
いったい、海外からはどう見えているのだろうか?

  気になるわけでして。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました