8ミリを、上映します?昔の恥は今こそ恥?封印された幻のフィルムを発掘!!一夜限りの特別上映!!”よせばいいのに”

映画監督の七里圭さんから、上映会のご案内が届きました。
早稲田大学シネマ研究会のメンバーだったお三方の上映会のご案内です。

——————————————————-
8ミリを、上映します。
御興味のある方は、お越し下さいませ。

消えゆく8ミリフィルム文化を後世に伝えるための連続上映企画?第一弾

?昔の恥は今こそ恥?
封印された幻のフィルムを発掘!!一夜限りの特別上映!!
“よせばいいのに”
日時: 3月15日(木) 20時30分開映(23時終映予定)
会場: シネマアートン下北沢 (地図:http://www.cinekita.co.jp/kannai_ac.html)

第1部
『くずれてサンバ』  1981 60分  監督:高城千昭
<休憩(10分)>
第2部
『湖底灯』      1985 42分  監督:飯塚裕之
『時を駆ける症状』  1984 24分  監督:七里圭
『砂鏡』       1986 11分  監督:飯塚裕之

その昔、まだ家庭用ビデオなど普及していない頃、映画が好きで根の暗い若者たちはみな、8ミリカメラを手に、自分なりの「映画なるもの」を作ろうと試みておりました。
今となっては思い出したくない、若気の至りの数々。穴があったら入りたい。考えただけで顔から火が吹き出そう。
そんなものをなぜ今、我々は公衆の面前にわざわざ晒そうというのか?
わかりません。自分で自分たちの行動が、全くわかりません。強いて動機を言うならば、「手の込んだ意地悪」でしょうか。
過日たまたま、長らく行方不明とされていた高城千昭氏の代表作(オリジナルプリント)を七里圭氏が隠し持っていることが判明したため、『これを今、知人同僚の前で上映してやったら、さぞや悶え苦しんでやめてくれと叫ぶであろう』という意地悪心が芽生え、それがいつのまにか、どうせやるならお前の恥も晒せ、だったらお前もだ、というような内ゲバスパイラルに陥った結果、こういう次第になりましたわけで、ございます。
8ミリはネガも無く、プリントはこの世にたった一本しかありません。四半世紀もの時を経て劣化も激しく、それを映写機にかけるということは、まさに損傷覚悟の、これが最後になるかもしれないという、本当に、貴重な機会となります。
2007年。8ミリフィルムもいよいよ生産終了というこの年に、あらためて過去の罪を見つめ直そうというこの催しは、みなさまにとっても、いろいろな意味でのお楽しみを御提供できるかな、などとも、少しだけ思います。
飯塚 拝

会場費は御来場のみなさまのカンパ(お一人様500円)でまかなわれております。よろしくお願いいたします。
七里 拝
—————————————————————
七里さんの『時を駆ける症状』だけ高校時代の作品で、高城さん、飯塚さんの作品は早大シネ研時代のもの。いずれも違わぬ名作ぞろいです。

これは、見逃せないプログラムですね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください