Filmizmの8mmワークショップにお邪魔してきました

ずっと以前から行きたかった、8mmワークショップにお邪魔しました。
workshop.jpg
8mmのいろんな事にいろんなカタチでがんばってるタカトオさん仕切りで、山崎幹夫さんが講師をされるこのワークショップは、撮影・現像・編集・上映、まさに最初から最後まで体験できる場。

テテナール社のCOLORTEC E-6キットでの現像は、なるほどこう仕上がるのか・・・と、初めて自家現像フィルムをまとめて拝見して感心いたしました。

というのも、シングル-8のR25NはホントはE-6現像処方ではないからですね。
E-6でもしっかり画が出ますが、あくまで互換処方です。
ですから、ちと絵柄が違います。

今回は、露出オーバーのフィルムが多かったのでよく分かりませんでしたが、
適正露出のフィルムを見た限りでは、細部まで描写されているのにもかかわらずなんか富士フィルムの純正処理とは異なる印象でした。
色は濃いめなんですがくせがない、そんな感じです。

しかし、自家現像ってのは魅力です。
撮影したその日に見られる、というのもそうですが、
それよりも、現像作業を通じて8mmがメディアである以前に「もの」であるのを感じられると言うところです。

ビデオの場合、アナログのVHSやHi8だろうが、DVやHDVのデジタルだろうが、手で持って目で見て、何が記録されているか判読することは不可能です。
ところが、フィルムはそうではない。
今、ここに現れる画・映像。
自分が手を直接下すことが出来る、コントロールが出来るという感じ。

参加者は大半が今回初めて8mmカメラを手にする方ばかりでした。
その一方で自家現像は、ベテランの方にも8mmのおもしろさを再認識出来る刺激になるだろうと思いました。

残念ながら私は現像があがったフィルムを編集している段階でお邪魔したので、
その現像行程を拝見することが出来ませんでした。
次の機会には是非現像から参加してみたいと思いました。

TETENAL社のCOLORTEC E-6キットの日本国内販売:近代インターナショナル
http://www.kindai-inc.co.jp/

カシオが出す300fps動画撮影可能なデジカメ!?

8月31日にカシオが発表したデジカメ。
とんでもないスペックです。
casio.jpg

世界最速の連射が出来る次世代デジカメを開発

秒60fpsで静止画撮影できるというのもすごいですが、
VGAで秒300コマの動画撮影出来ると言うデジカメなのです。

今現在なんとか個人レベルで手に入る、最高速度のスローモーションビデオカメラは、
パナソニックAG-HVX200の60fps(パナソニックのサイト参照)です。

300fpsと言えばそれのおよそ5倍。

このカシオのデジカメは、NTSCの10枚の分析能を持つ映像が得られるのです。
つまり、時間を10倍まで引き延ばすことが可能な魔法のカメラ。

これだけの時間軸をあやつるスペックを持っていながらも、標榜するのはスチルカメラの意味の「デジカメ」なのが
不思議だったりもしますが、そんなことはさておき、この型番さえも決まっていない機種、まったく見られなかった映像が撮れる、大変期待される機種でございます。

8mmでこれに対応できるのは・・・ありますね!
MEKEL300。
いまだ手にしたことも目にしたこともない超高速8mmカメラ。

カシオのデジカメ、そしてMEKEL300
どちらもいまだ見ぬ、きっと素敵な映像世界を提供してくれることでしょう。

いつか出会う日を楽しみに。

Cineviaサイト登場!名前は一緒でも全然別のシネビア?!

先日来カウントダウンを続けていたCineviaサイトが、ようやく更新されました。Cinevia professional
http://www.cinevia.eu/

Cineviaプロフェッショナルというシリーズをリリースしていくようです。

商品ラインアップに乗っているのは、

DS8(ダブルスーパー8)フィルム、
16mmフィルム
35mmフィルム。

スーパー8フィルムはまだリリースされていません。
思わせぶりにお姉さんのお写真が貼ってあるだけです。

いずれもVelvia50Dを使った商品のようです。

DS8が50ユーロですから、約8000円ぐらい。
このDS8は100ft版。ひっくり返して200ftですからスーパー8マガジン4本分。
1巻あたりで2000円という計算になります。これは現像代を含みません。

————————————————-

さて、サイトの頭でご挨拶しているのはゴットフリート・クローゼさん。
ドイツGK-FILM社の方です。

GK-FILMは、レトロさんと一緒にシネビアをリリースした会社。
とはいうもののこのサイトにはレトロさんの事がまったく書いてありませんね。

書いてないと言えば、実はドイツ語版のページで書かれているのに、
英語版のページではうんと大事なことが抜けてます。

それは、Filmotecというパートナー会社について。
他の会社については、たとえば富士フイルムのドイツ法人はようやく生フィルムを売ってくれるようになったとか、S8 Reversal labが現像するよとか、Unsalebleと言う業者がディーラーになるよとか書いてあります。

FilmotecはOWROフィルム(レトロXの元フィルム)をリリースしている会社です。
モノクロフィルムを売ってないのにこの会社がパートナー?なんの役割を果たしているのでしょうか?

実はドイツ語版には説明があります。

“Moderne Beschichtungs-, Schneide- und

Perforiermaschinen genügen den hohen Ansprüchen einer
Filmproduktion und garantieren beste Eigenschaften der
hergestellten und bearbeiteten Filme.”

ようするに、
Filmotecは機械を入れ直してフィルムカットとかパーフォレーションとかフィルムコーティング(?)を
より高い要望に応えられるようにした、ということを言っています。

なんと、フィルムを切ったりパーフォレーション開けたりと、実際の製造を担当していたのはこの会社だったんですね。
で、そこが新しい機械入れてこれから品質と生産性が良くなりそうだ、と言う話。

これはいい傾向ですね。
しかし、なんでこんな良い情報が英語ページに書いてないのか不思議です。