エルモGS-1200の修理完了

 修理業者の宍映さんにエルモGS-1200ステレオ映写機の修理をお願いしてた。

宍映 http://shishiei.sakura.ne.jp/

お願いしたのが今年の4月28日。終わったのが11月27日。
完了まで7ヶ月。その間催促すること数回。
しびれ切らして「使いたいので早くしてくれ」と言ったらやってくれた。
修理殺到してるんですかねえ。

 

【依頼内容】

 
○全体的に速度が遅い
○前後巻き取り力不足/速度不足
○音声再生不良
○ボリュームのガリ

と修理伝票にはざっと書かれている。
もう少し細かく伝えたけど、まあこんな感じであります。

 

【修理内容】

伝票に書かれてる修理内容は、

1.速度システム回路各部点検
速度制御ブロック分解配線調整
電圧製バリアブルコイル研磨修正
モーター軸研磨回転調整24/18コマ時

2.前後巻き取り用モーター及び配線調査
電圧用バリアブルコイル研磨及び通電調整
巻き取り調整

3.音声光学用ローラーシャフト軸カジり不良再研磨調整ローラー圧力調整
ヘッドクリーニング

4.ボリュームスライド復活研磨調整
各部ボリュームクリーニング

5.映写用レンズ各クリーニング
6.各部クリーニング点検

なんとなくわかりますけど、
詳しくはよくわかんないです。

 

【映写テスト・・・イヤなノイズが】

取り急ぎ、フィルムを掛けて映写・・・。

うーーーむ。スプライス部で盛大なノイズが入りますね。
どんな映写機でも、スプライス部では多かれ少なかれ音がしますが、
この修理上がりのGSは「ばりばりばりっ」って鳴る。
なんだこれは。とにかく、これはまずい。

ところが、10分ぐらいで鳴らなくなってきた。
全部で20分のフィルムだけど、
終わりの方はごく当たり前の「ぽつっ」音のみ。

これなら特に問題ない。

さて、なぜだろう????
しばらく動かしたら回路が落ち着いたとか?
フィルムに問題が起きてるのか?

フィルムはしょっちゅう見てるリファレンス用フィルムですし、
特に問題なかったがなあ・・・。

ともあれ、もういっぺんテストしてみよう。

おすすめ

3件のフィードバック

  1. フジクロームR100 より:

    おはようございます。いつも拝見しております。
    実は、この業者さんには私も長く待たされております。キャノン8Tというダブル8カメラのゼンマイの手入れとレンズヘリコイドグリス交換など、10日で仕上げてもらえるという約束でお願いしたのに、既に2ヶ月以上ナシのつぶてです。
    GS-1200は何回も催促をして、やっと7ヶ月経って修理完了ですか・・・・。そういうイヤな思いをしないといけないとは困ったものですね~。
    どこか、技術と信用を兼ね備えた8mm関連の修理業者さんはありませんか?

  2. マディ折原 より:

     宍映さんは、技術はしっかりしてると思いますし、実際の仕上がりを見てもそ
    う感じます。問題は納期にルーズすぎる、ということだけです。
     ワタシは「使いたいので修理早くあげてください」と事情を伝えてようやく
    やってくれた、という感じであります。
     実際、着手すればすぐ仕上がりました。そこから想像するに、きっと仕事が山
    積みになっているのでしょう。ですから、急ぎ必要ならばその旨きっちり伝えて
    修理依頼すれば、意向が伝わると思います。

  3. フジクロームR100 より:

    そうでしたか。
    実は、11月1日にお願いしたとき、「最後の紅葉を写せるように」と交渉し、10日で仕上げるという約束を頂いていたので、こちらが非常に急いでいることは十二分に理解されている(普通であれば)と思っていたのですが。
    納期にルーズすぎるというのは、本当に困ったものです。催促したりクレームをつけるためには、極めて不愉快な思いをしないといけないので・・・・。気が重いですね・・。
    納期の約束を完全に無視する企業が存在するとは、想定外でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください