パナソニックがマイクロフォーサーズ規格レンズのAVCHDビデオカメラ発表

ag-af100_img.jpg

NAV2010で、マイクロフォーサーズ規格レンズ交換式のAVCHDビデオカメラを発表とのこと。

http://www.pronews.jp/news/1004121637.html

ずいぶんと扱いにくそうなカタチをしてますがそれはさておき、
動画機能を搭載したスチルカメラの使い勝手がどこまでビデオカメラに近づくかな、と
思ってた矢先にビデオカメラ側からの歩み寄りというのがまた面白いであります。

 

 

エクタクローム100D紹介映像をコダックがYoutubeで流してる

 

米コダックが、新商品であるエクタクローム100Dスーパー8の紹介映像をYoutubeで流してます。
説明にはやっぱり自社のカメラ使うのねー。これって高感度フィルム登場時にリリースされた最初期のXLタイプカメラでしたね。

はやく撮影された映像が見たいものであります。

新型スーパー8フィルム「エクタクローム100D」発売決定

http://motion.kodak.com/US/en/motion/about/news/2010/Apr06_1.htm

S8_100D.jpg

エクタクローム64Tは、フィルム自体が昨年製造終了となってます。
同じフィルム原反を使ってる(というかもともとスチル用フィルム)35mmスチル版は店頭では「在庫僅少!」と張り紙がしてあるので、そろそろスーパー8版にも影響があるかな・・・と思っていたところ、

オオノ隊員さんがご報告されておられたのをそのまま孫引きしますが、
4/6にプレスリリースが出ておりまして、エクタクローム64Tの代わりに、エクタクローム100Dというフィルムが新たに出てくると発表されておりました。

エクタクローム100Dは、これまでは16mmと35mm映画用フィルムとしては唯一のリバーサルフィルムとしてリリースされていたもの。以前からwittnerとかでは、スーパー8に裁断鑽孔したものがリリースされていましたが、遂に純正コダック製品でも登場するという運びになったというのですね。

名前のとおり、これはASA100のデイライトタイプフィルム。
特殊な用途向けはおいておいて、一般流通向けのスーパー8のデイライトタイプフィルムは、小西六のごく初期に出ていたものから、なんと40年以上後になって出てきた第二弾目ということになります。

ワタシはまだエクタクローム100Dの映像を見たことがありませんので、現物出てきましたらレポートしてみたいと思います。
ノッチ設定はおそらく、エクタクローム64Tが使えるカメラならだいじょうぶだろうと思うのですが、またその辺も研究しましょう。