コダックが新型スーパー8カメラを2016年秋に発売

CES2016(米国の家電見本市)でコダックが新型のスーパー8カメラを発表しました。
newKodakSuper8Camera1
まずは2016年秋に出る予定のカメラは限定豪華バージョンで400ドルから750ドルの間ぐらいの価格。そして、2017年には廉価版カメラをリリースする予定とのこと。

加えて、現像&テレシネサービスも行う予定だそうです。テレシネデータはアップロードされたものをダウンロードする提供方法になるようです。
newserviceofkodak

■コダックのサイトで、スペックが一部発表されています。

http://www.kodak.com/ek/US/en/consumer/Product/Product_Specs/?contentId=4294993082&TaxId=4294969683

newKodakSuper8CameraKodak6spec

さすが最新型、ずいぶんと新機軸の機能が盛り込まれています。

MAX-8…アパーチャ部分をメイントラック側に拡張してワイドスクリーン画角にしたタイプのカメラ仕様をMAX-8と言います。使うのは普通のスーパー8フィルムです。

撮影速度は9、12、18、24、25コマ/秒。しかもすべての速度でクリスタルシンク。
ご承知かと思いますがほとんどの8ミリカメラの撮影速度は曖昧なんですが、この機種は正確な速度で撮れるようです。

レンズはCマウントで交換式。f1.2 6mmのリコー製固定焦点レンズが付属するそうです。
オプションで6-48mmのズームレンズも用意されるとのこと。

つまり、フォーカスと絞りはフルマニュアルですね。完全手動。

露出計は内蔵されています。

このカメラには光学ファインダがない代わりに3.5インチの液晶モニタがついています。モニタ画面にどんな情報が表示されるのかはまだ一切発表がありません。

■商品イメージ図とモックアップ見本写真はこちら。
http://www.kodak.com/ek/US/en/consumer/Product/ProductResource/?producttaxid=4294969683

白と黒の2タイプあるようです。

newKodakSuper8Camera5white

newKodakSuper8Camera4black

newKodakSuper8Camera2液晶モニタは、ビデオカメラのように開きますね。
カメラ後ろには、SDカードスロット、USBコネクタ2つ、ナゾの四角いコネクタ(HDMIに見えますが)、ナゾの丸いコネクタ2つが見られます。

フィルムのフタは何というか…こうやって開けるんですね!初めてのタイプです。

newKodakSuper8Camera3side

グリップの前面にはマイクが刺さっています。(この位置にマイクがあるので、走行音はかなり抑えられてるのではないか…と妄想します)

newKodakSuper8Camera10mic

 

これらの写真やイラストはあくまでも商品イメージですので、カタチから最終的な商品を決定づけられません。

 

■まとめ

—-発表済みの機能/性能—-
○16:9ワイドスクリーン画角撮影
○Cマウントでレンズ交換可能。
○6mm/F1.2のリコー製Cマウントレンズ付き。
オプションで6-48mmmのズームレンズも用意される
○フォーカスと絞りはフルマニュアル
○内蔵露出計あり(露出値等の表示などは不明)
○9/12/18/24/25コマ/秒で撮影可能。それぞれの撮影スピードでクリスタルシンクによる安定したフィルム走行
○着脱式マイクがカメラ前部に配置
○光学ファインダはなく、その代わりに3.5インチのモニタが本体側面に配置。
○カメラ底部には三脚用ネジがあり、ピストル型グリップを付けることも出来る

—-以下は推測—-
●マイクが本体にくっついてる→走行音が小さいのでは?
●HDMIらしいコネクタがある→外部ビデオモニタが使えるのでは?
●SDカードスロットがある→同時録音した音声データ記録用か?それともビデオ映像?

→同時録音に向くと思われる。ショートムービー、音楽クリップ作成に活躍するのではないだろうか?と思われます。

後は、フィルムのサービス状況がどうなるか?一切発表はありませんでしたが新しいフィルムは提供されるのかとか、知りたいことは山積みであります。

まだ分からないことが多いですが、フィルムの良いところとビデオの良いところのハイブリッドという新しいサービスと映像制作環境、大いに期待したいところです。

フィルムの自家現像に初挑戦!その結果は?

2015年12月頭に初めて、映画フィルムの自家現像を体験しました。

agfasakura

agfanekoさて、その結果ですが…なんか真っ黄色でびっくり。
桜の花が真っ黄色!牛柄の猫も真っ黄色です!

agfa01使ったフィルムは、Wittener Chrome 200Dという製品。
中身に使われてるフイルムはAGFA製の航空写真用カラーリバーサルフィルム、Agfa Aviphot Chrome 200 PE1。ASA200のデイライトタイプフィルム。
ちなみに、シングル-8のフジクロームR25や、エクタクロームは普通に仕上がってるのよ。
だからたぶん、私の手際が悪かったとかそんな理由なんだろう、と思ってます。
agfasunuke

でも、スヌケ(完全に感光して透明になってるところ)も黄色いのよねー。
もしかして、Aviphotのフィルムベースって、この黄色い色なのかしら?

という書き込みをfacebookにしたところ、今までそういう例はなかった、と言うコメントと、やはり黄色くなったと言うコメントの両方を戴きました。

たまたまその場にいた業者の人に聞く限りでは、どっちかというと青みがかるぐらいですとのことでした。

となると、ベースが黄色いなんてことはないですね。さーて、もう少し研究が必要ですね!

ということで、2016年も動画でいろいろ楽しんで参りましょう。