東京8ミリシネ倶楽部例会のお知らせ

tc88

ベテラン8ミリユーザーの方々による8ミリフィルム上映定例イベントがまたまたやってまいりました。古いフィルムに興味のある方、ちょっと観てみたいフィルムが見つかった方など、足を運んでみてはいかがでしょうか。
2016年10月1日(土曜日)午後6時~(二次会有り)
場所 萩中集会所地下1F 第三集会室
1.年会費不要。
2.出席時に各自300円の会場費負担をお願いします
3.倶楽部見学歓迎です。会員の友人知人の方無料。
持参作品上映の場合は300円の会場費負担をお願いします
4.W8(ダブル8/レギュラー8)サイレントフィルムも常時上映可能
5.露出失敗、撮影トラブル、ピンぼけ、現像ムラ、カビ、キズモノ、上映可能なら歓迎します
haginakashuukaijo

chizu_haginakasyukaijo

次々回は2016年11月26日(土曜日)を予定してます。

Rapsberry Piでテレシネマシンを作る

Raspberry Piとは、小さなコンピュータの一種。外部のセンサーやモーターなどと繋げることが出来るので、容易にIoT試作ができるものです。

overview

数年前にラズパイを使って、フレームバイフレーム方式のテレシネマシンを開発した人がいますのでご紹介。

ざっくり言えば、1コマずつフィルムを送るモーター部分、マクロレンズをつけたカメラで1コマずつ撮影するカメラ部分、これらをコントロールして撮影データを取り込む基板部分が組み合わさったものです。

専用のカメラモジュールや、モーターを制御する追加基板なども、通販とかで買えます。つーか、アマゾンでも買えちゃう。

 

開発は3年ぐらい前に行ってその後は後進に任せるよーというような感じになってます。

githubに設計図やプログラムが挙げられているので、腕に自信のある方はトライしてみてはいかがでしょうか?

https://github.com/jas8mm/rpitelecine

映写機を改造して、モーターを一コマずつ動かして、外部のカメラで1コマずつ撮影するように連動させれば基本的にはフレームバイフレームのテレシネ装置は完成しちゃいます。