8ミリのテレビCMって覚えてます?

昭和の懐かしCMが取り上げられると出てくる、扇千景さん出演の「マガジンポン、私にも写せます」。
これすごく有名ですがシングル8登場のCMなんですよね。1965年ですから42年前。うんと昔です。

その後、1975年に8mmカメラの年間出荷台数がピークを迎えるまで、ずーっと右肩上がりの成長をしてたわけですし、その間新しいフィルムが出てきたりカメラもサウンドになったりといろんな変化が8mm機材にありました。
きっと、これはばんばん売りたいから宣伝したいとメーカーが思うポイントがたびたびあったと思うのです。

でも、どうもテレビCMの記憶がありません。
たまたま地味なCMで印象に残らなかったかもしれませんし、単にまだ小さかったから覚えてないだけなのかも知れません。

でも、万博もありましたし、きっといっぱいCMが流れていたのだろうと思うのです。
今使ってるカメラやフィルムはそもそもどんなふれこみだったのか、そしてどんな人が買いたくなったのかってのを知りたいなと思ったのです。

ちゃんと産業として成立してたときは、どんな風だったのかな、と。

そして、今8mmを消費している人はいったい誰なんでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください