フィルムカメラ市場終焉

2008年4月26日 | By muddy orihara | Filed in: ニュース.

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080425-00000000-dol-bus_all

ショッキングなタイトルですが、元ネタは週刊ダイヤモンド。

ダイヤモンド曰く、CIPA(カメラ映像機器工業会)がフィルムカメラの生産出荷台数統計の発表を停止した、事を以てそう言ってるのだそうであります。

ゼロになったと言うわけではなくて、一定基準以下になると発表しなくなるのだそうであります。

“01年に国内出荷台数でデジタルカメラに抜かれてから、7年で統計発表自体が停止に追い込まれた。”(記事より)

なんか露骨にバイアスかかった表現なので、言わんとする事は分かります。

7年、と聞くと随分長いな、と感じます。
それに比べれば8mmカメラ市場の終焉なんか、ほんとあっという間でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください