Kodak 1922 Kodachrome Film Test

2010年8月28日 | By muddy orihara | Filed in: フィルム.


1922年に、コダックが試作していたカラーフィルムの映像。
この時代のカラー印刷物のような趣を持った、不思議な色合いが大変魅力的。
日本で言えば大正時代か。確かに大正時代のビールの看板とかによくみかけたような服装。

実際にコダクロームフィルムが登場するのはこのおよそ10年後。
まだまだ試作品だったわけだ。

しかし、コダクロームももう存在しない。唯一残ったコダクロームフィルムの現像所も、
現像は今年限りだ。


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください