コダックが映画撮影用フィルム製造継続を決定

コダックが映画撮影用フィルム製造継続を決定
KodakBusinessNewsline

コレは朗報であります。ハリウッドの大手6社が映画撮影用フィルムを買うこと、コダックは製造供給することをお互いに約束したというのであります。
これからもフィルム撮影の映像を味わうことが出来ると言うことであります。

合意に達したのは、

20世紀フォックス
ウォルト・ディズニー
ワーナー・ブラザース
NBCユニヴァーサル
パラマウント・ピクチャーズ
ソニー・ピクチャーズ

の大手6社とコダック。
現在も製造販売されているスーパー8ネガカラーフィルムに使われてるVISION3フィルムは、これ正真正銘の映画撮影用フィルムですので、これがなくなっちゃうことは無い、ということでありますね。
(スーパー8版を製造販売し続けるかどうかはわかんないですよ!ご注意あれ)

詳しくはこちらをお読みください。
ビジネスニュースライン(2015年2月5日)※日文
米コダックのプレスリリース(2015年2月4日)※英文

Logmarスーパー8カメラは21世紀の新型カメラです!

今年2015年は、21世紀初の新型スーパー8カメラが登場するのです。

21世紀初の新型スーパー8カメラLogmar S-8カメラは、
Logmar Camera Solutions  Film matters
デジタルビューファインダー
可変速
SDカードに音声録音
撮影履歴をSDカードに記録
かんたん操作
Cマウント
USB経由でアップグレード対応
WIFI経由でリモート操作可能
ビデオ出力
48Vファントム電源
タイムラプス撮影対応
1年保証

等々の機能を盛り込んだカメラになってます。
開発はデンマークの父子。

昨年2014年に一旦予約受付を終了し、製造が開始され、出荷が始まってるようであります。
詳しくは、開発先のサイトへどうぞ。英文なので読めますよ。

Logmar Camera Solutions(英文)