コダクローム使い切れましたか?

コダックが日本国内受付の〆切日だよ、とアナウンスしていた7月15日からおよそ10日過ぎました。

みなさん、コダクロームをきちんと使い切れました?

映像制作のシーズンである夏休み。
これを待たずして現像受付締め切っちゃったんですから使い切れていないだろうなあと勝手に思っております。

あたくし?あたくしも初夏ぐらいからちょっとバッタバタしていて完成できませんでした。残念。

せっかく撮り終えて現像できれば映画完成なのに滑り込みでNG!と言う残念無念の方もおられるかも知れませんね。

そんな方にはK-14が残されているわけです。

これは、米Dwayne’s Photo Service社の、コダクロームのムービーフィルム専用の現像所の事。
純正処方ではないので仕上がりにやや違いが出るとのことでしたが、そんなことも言ってられないですね。

この現像所は最近、エクタクローム64Tの現像も始めてます。現像代はたったの9ドル
どう考えても日本の半分以下ですよね。びっくり。(何とかならないかなあ、2500円は高すぎますよ)

もちろん送料はかかるのですが、5本ぐらいまとめて送るのであれば、国内現像を依頼するよりも早く仕上がります。
また、国際郵便での返送指定によって、おうちのポストに届くのでカメラ屋さんにいく手間も、バス代も電車賃もかからないと来てます。カードのない学生さんでも郵便局で支払えるのでとっても便利。

フィルムはなぜか全世界的に最安値レベルな日本で買いましょう。そして撮影終わったら海外に現像出す。そうすれば一番安い上に、なんとお近くのカメラ屋さんに現像を出すよりも早くて楽ちん。

海を渡る長距離運搬のための事故の危険性もあります。ちなみに当方は今までスイスに直送していたコダクロームではフィルムが届かないなどのトラブルはないです。それでもトラブルの可能性はゼロにはなりません。しかし、そんなリスクよりも利便性を優先!経済性を優先!と事故の危険性を承知でトライできる方は、トライする価値、あると思います。おまけに悪い評判も耳にしないので、検討の価値、アリだと思います。

先日書いた記事で「ヨーロッパでの現像期間の延長の噂アリ」って件、ご質問頂いたのでちょっと調べてみたのですが、裏が取れませんでした。 ホントかどうか分かりません。

 

コメント

  1. は☆な より:

    スイスにはよく出しましたね。4?5本まとめて出したりしてました。
    フィルムのお尻に他の人のフィルムが3,4コマ付いてたりして、水着の西洋人のお姉さんの絵が有った時は少し得した気にもなりましたが。
    1度だけ、画面のほぼ真中に緑色のライン傷を全体の1/3程入れられた事が有り、ガッカリしましたが、フィルムが無くなるなどの事故は1度も有りませんでした。

  2. オオノ隊員 より:

    現像期限延長というのはこのことでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました