フジカ サウンド シングル8 AXM100

2008年4月10日 | By muddy orihara | Filed in: シングル-8カメラ.

Fujica Sound Single-8 AXM100

axm100_side01.jpg

Overview

シングル8のサウンドカメラ第一号シリーズのひとつ。同録用カメラとして最低限の構成でリリースされたカメラ。

ファインダーは一眼レフ式。シャッター開角度は220度の広開角でXLタイプ。外測式EE。自動的に内蔵NDフィルターが連動して、最小絞りF45まで。

撮影速度は、サウンドフィルムカートリッジを使ったときのみ18コマで撮影が出来、サイレントフィルム装填時には20コマ撮影となります。つまり今現在では20コマ撮影専用カメラ、です。うーむ。

電源は単3電池4本。
別売アクセサリーとして、バッテリーパック6V、サウンド用ライトアダプター、クローズアップレンズ、他に同録用の各種アタッチメントがありました。

axm100_side02.jpg

Impression

今みると非常に使い勝手に乏しいです。
サウンドフィルムがないので同時録音機構はもう使えない。

そしてサイレントカートリッジでの撮影だと20コマ撮影になってしまうという、フジカシングル8のサウンド機の多くに共通する最大の欠点があります。
危険な場所での撮影に、壊してもいいカメラとして導入するなどいかがでしょうか。

(修正:2009年5月)

Spec

メーカー
富士写真フイルム 1976年9月発売

レンズ
フジノンF1.2 11ミリ 6群7枚構成

ファインダー
透視実像式

フォーカス合わせ機構
固定焦点のため無し

露出
外測式完全自動絞(サーボEE)

フィルム感度設定

撮影速度
18コマ (サイレントカートリッジ撮影時20コマ)

特長・オプションなど
ライトバランシングフィルタ?内蔵、サウンドモニター可能、フィルムカウンター内蔵

大きさ/定価
185x55x147mm/865g/本体44800円 ケース3000円、レンズフード、1200円、ハンドストラップ300円、アイカップ200円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください