東京8ミリシネ倶楽部 8ミリ機材蚤の市結果報告

半年に一度の8ミリ機材フリーマーケット2010秋版も無事終了。
今回も24~5名程度の参加者で賑わいました。

11278mmfleamarket01.jpg

8mmFILM小金井街道プロジェクトさんには連絡しておいたのですが、
何人かご参加いただけてうれしい限り。

あと、出がけにFILM IZMのタカトオさんからも「今日は行けませーん」と連絡ありましたが、FILM IZMのメンバーの方にご紹介いただいていたとのこと。

ワタシ自分の出し物に精一杯でほとんど話できなかったので残念無念。

前回は結構あまり品が出ましたが、今回はほぼ出品物は希望者の手に渡った感じ。
毎度毎度でありますが、ベテランの方の余剰機材を、若い方が買っていくのは「世代間交流」になっていい感じです。

 そして会の本イベントである高輝度映写機による上映は、本数こそ少なめでありましたがご新規参加の方(お名前失念しました失礼)空撮映像なども披露され、新味ある例会となっておりました。

 8ミリ機材フリーマーケットの定例開催はこれで終了だそうですが、機会を見てまた開催することもあるかもという話でしたので、今後とも東京8ミリシネ倶楽部の活動にはご注目下さい。

———————————-

[うろ覚えの出品物一覧]

フジカZ2?(未確認)
フジカZ450?(未確認)
フジカP300
フジカZX550
エルモ8S-600

エルモ1012S-XL
キヤノン318M
三協精機 XL-320
AGFA MICROFLEX 200 sensor

エディタービュアー5台
映写機9台(レギュラー8専用/兼用/サウンド機他)

[その他]
BAUER C Royalのおもちゃ
ニコン フィルムスキャナ

————————————
 そしてワタクシの企画もう一つ。8ミリ映画の一コマをインスタント写真に焼こう!と言うデモンストレーションをするというもの。

http://www.muddyfilm.net/2010/08/8-29.html

elmoalbum01.jpg

 これ、説明されてもピンと来ない人が多かったようで、実際に8ミリフィルムをエディタービューア風の機材:エルモアルバム3600 M-56でカタカタとコマ送りしながら、任意のコマでプリントボタンを押すと、ポラロイド写真みたいなのがガチャン!と出てきてしばらくすると写真ができあがる!と言うパフォーマンス。

残念なことに、この実験に使った富士フイルムのインスタント写真フィルム型番「FI-800GT」は2010年5月に販売終了してしまいましたので、今日のデモンストレーションをごらんになれた方は、おそらく最後の目撃者の一人でありましょう←そんなにえらそうなモンでもないだろ

http://fujifilm.jp/information/articlead_0017.html

 映写機+インスタント写真プリント機を貸して下さったhanaiさん。
 製造販売終了した富士フイルム「FI-800GT」を譲ってくれた成田屋古漫堂さん。
 映写機の改造に必要だったNDフィルタを譲ってくれたnakanoさん。

ありがとうございました。

 

終わった後は、毎度おなじみ大鳥居駅そばのファミリーレストランでお食事。
あんまりおいしくないんだよないつも…。とはいえ、たくさんの人が飲み会に参加されておられました。韓国の方やカナダの方も。国際色豊か。8ミリは世界をつなぐか。

 

11/27 最後の8ミリ機材フリーマーケット開催

いよいよ今週末であります。
東京8ミリシネ倶楽部では、半年にいっぺんのペースで8ミリ機材フリーマーケットを開催してきましたが、
定期的な開催は今回が最後になるとのことです。

例年、多数の人が参加されますので、機材購入だけではなく交流のいい機会として、
足を運んではいかがでしょうか。

hurima3_1.jpg

これは2008年冬開催の時の模様。

hurima3_2.jpg

 

——————————————————————
11月27日土曜日、東京でおなじみ、畳の部屋で寝っ転がってでかいスクリーンで
8ミリをのんびり楽しめる『東京8ミリシネ倶楽部』の定期上映会&8ミリ機材
フリーマーケットが開催されます。

観覧飛び込み自由の上映会ですので、お気軽に参加できます。
自分のフィルムをでかいスクリーンで見てみたい人、
30年以上のキャリアの方々からテクニックを聞きたい方、
8ミリ機材を買いたい人&売りたい人は、とりあえずご参加されてはいかがで
しょうか?

※フィルム上映時間がいつもより短いので、自作の映写希望の方とフリマ出品希
望の方はあらかじめご連絡下さい。

—————————————————————–
【「東京8ミリシネ倶楽部」って?・・・畳の上でゆったりの8mm上映会!】

8ミリ全盛期の昭和時代、全国に誕生した”8ミリ同好会”。そのほとんどは解散し
てしまいましたが、数少ない現役の団体があります。それが東京8ミリシネ倶楽
部です。

【東京8ミリシネ倶楽部の特長】
○隔月定期開催上映会。当日持ち込みによる作品上映会
○観覧無料。予約不要の飛び込みOK
○高輝度映写機で大型スクリーンに上映
○持ち込み上映もOK。(飛び込みの映写料500円)
○だだっ広い畳の部屋で、寝っ転がって見られるリラックス上映
○半年に一度の8ミリ機材フリーマーケットを実施
○ベテラン8ミリユーザーとの技術情報交換の場

ホームムービーを中心に、ドキュメンタリー、実験映像など、8mmに関わる映像
ならなんでもありで幅広いジャンルの作品が上映されています。
また、当会のメンバーは機材の開発改造に長けたベテラン揃いで、自慢の高輝度
改造映写機で大スクリーンに投影される映像は一見の価値ありです。
8ミリのベテランの幹事8ミリ映画制作の情報交換の場、というのも特徴。会代表
のベテランの方から、飛び入り参加のビギナーまで幅広い層に親しまれています。

広い畳の部屋で、
「あぐらかいてもOK」「長座してもOK」なんとなれば、「寝っ転がってもOK」
そんな、リラックスしきった8mm上映会をご体験してみてはいかがでしょうか?

——————————————————-
8ミリ機材フリーマーケット イベント概要
——————————————————-
【日時】2010年11月27日(土)
上映会&8ミリフリマ:午後6時30分~9時30予定 

【場所】萩中集会所・高齢者集会室
住所:東京都大田区萩中三丁目25番1号 萩中公園内

交通:電車・・・京急空港線大鳥居駅下車徒歩約10分
車・・・駐車場あり

【主催】東京8ミリシネ倶楽部
代表:松田有史『素人による8ミリ映画の部屋』  

【入場】無料(但し、フィルム上映の場合のみ500円)

【フリマ出品料】出品無料/売上の10%を会に寄付

詳しいお問い合わせは、

東京8ミリシネ倶楽部まで
http://www.h4.dion.ne.jp/~s8mmeiga/

エルモ8S-600をちょっとした修理

夏前に谷中に持って行って、不調で撮影失敗したエルモ8S-600。
ちょっといじくってたら、フィルム室のふたが勝手に開いてしまうことに気づいた。

ストッパーが機能してない。
内側の構造を確認すると、ストッパーを押しつける金属製のレバーの取り付けが怪しく、
ぐらぐらになってる。
これが原因か?

さらによく観察すると、フィルムの蓋が微妙に浮いてるように見えてきた。

さては?!というコトでよくよく調べると…フィルムを押しつけるスポンジがかっちかちに固まって、
しかもずれて固定されていて、これが蓋を中途半端な位置で固定してるようだ。

 

めんどうなので、ゴム脚を全部撤去。

快調に動き出したし、蓋が閉まらないこともなくなった。

このままだとゆるゆるすぎるので、適当な堅めのスポンジを工面してこよう。

8mmFILM大百科はどこへ行った?

8mm関連情報を2000年代アタマから大量に掲載してきたお役立ち情報サイト、

「8mmFILM大百科」が消えてしまった。

http://cine8mmfilm.at.infoseek.co.jp/

これは、設置されていたinfoseekがホームページのサービスをやめてしまったことが、
直接的な原因でしょう。

日本語で読める情報としては、他にはないリソースだったので、
大変に惜しまれる。

復活を願いたいところであります。

 

アメリカの新しい8ミリサイト”FilmMakers8″

filmmaker8.jpg

まだ設置されてから間がないアメリカのスーパー8/16mmサイト。

filmmaker8はスーパー8や16mmの映像制作をサポートするリソースで、
機材ガイドや記事採録を掲載すると同時に、機材販売やサービスなども行います

ってな事がページトップのご挨拶に書かれています。

今のところ、機材販売は行ってないようですが、beaulieuのバッテリーの詰め替えを行っていますね。
よくある外部電源ではなく、元々のバッテリーの中身をほじくり出して詰め替えするのですね。

その他、米国MovieStuff社のテレシネ機材のWorkPrinterXPのコンバージョンサービスも行ってるようです。日本でworkprinterXPってどれくらい使われてるのかしら。ワタシは不勉強にも現物は見かけたことがございませんです。

かつて米国で刊行されていた8ミリ専門雑誌…日本で言えば玄光社『月刊 小型映画』に相当する雑誌の採録が貼られています。
あと、Manualsのタブには各種スーパー8や16mm機材の使用説明書が当然英語版ですが掲載されてます。珍しいのはBeaulieu6008sのサービスマニュアルですね。

いずれのページも許諾採ってるのか怪しいですが、。

http://www.filmmaker8.com/Home.html