FUJICASCOPE MX70 is Dead !

 

brokenmx70.jpg

学生時代から数えて五台目のフジカスコープMX70。
何台買ってもまともに使えない。

これは修理できそうかと思っていて手を掛けていたが、ふとしたきっかけで急に嫌になってぶっ壊した。ばらばらにして業者に回収依頼した。

これは、ダメな映写機だ。ベルト一つ交換するために、ほとんどばらばらにしないとならない。絶対的にカムが割れる。そうするとシャッターユニットが猛烈な勢いで降りてきて大破する。

モーター駆動を伝えるベルト。まだはずせない。

brokenmx70_2.jpg

送り出し側のアームに付いてるベルト。これも外れない。
白い樹脂部品を全部取っ払わないと無理。頂上のEリングはずして・・・
Eリングなんて専用工具ないとはずすのは一苦労であります。
あーやだやだ。

brokenmx70_3.jpg

やっぱり、絶対に手を出してはいけない。ほぼ同設計のMG90同様、手を出してはいけない。使えてる人はいるけど、もうどうでもいい。

もう、FUJICASCOPE MX70は手にしない。

エルモマグネチックストライパー修理

 

striper_fix01.jpg

買った当初から具合の悪いエルモマグネチックストライパー。
トルクが弱くて、フィルムを掛けると止まってしまうのです。

これは想像するに、駆動ベルトが延びてるのではないかと。またはスリップしてるとか。

思い立って裏蓋をはずして交換に挑戦。

striper_fix02.jpg

一番でかいベルトが一番スリップしてるのでこちらを試しに換えてみると、以前より回転する力が増したようだ。

黒いのが純正のベルトで、オレンジ色のが貼り替え。材料はバンドー科学製のバンコードというウレタンベルト。映写機のベルトを自作するのでみなさんよく採用されてらっしゃいますね。
たぶんオリジナルは3.5mm径だけど東急ハンズに売ってた4mmで代用。(3.5mmはいろんな工具屋の通販で買えますけど

ということで、残りの中くらいの奴と一番短い奴もベルトを作って取り替える。

うむ。動きは良くなったようだ。

試しにフィルムを掛けてみる。うん、止まらず最後まで安定して走行する。ブレもなさそうだ。

これなら、マグネテープを貼り付ける実験までいけそうだ。

あと問題は、接着剤を貯めておくタンクが怪しい、と言う点だ。
エルモの場合は、接着剤を毛細管現象で吸い上げてマグネテープの裏に塗布してフィルムに貼り付ける仕組みになってる。

その、接着剤を吸い上げるところがうまく働いてくれないと接着剤が不足したり、またはべったべたになってしまうそうだ。ワタシの手持ちの機種もちょっと怪しい。

いずれにせよ疲れたので、塗布実験はまた今度。

 

インターバルタイマーを作る

シングル-8カメラでは一台も搭載されてない機能、それがインターバルタイマー。

インターバル撮影は、インターバルをあけて撮影することです。

ものすごいスピードで夜が明けたり、交差点の車があっという間に駆け抜ける映像。あれは通常の1秒18コマや24コマではなく、1秒に一コマとか、1分に一コマとかまばらに撮影して作ります。インターバルタイマーはそれを自動でやるタイマーです。

カメラに機能が無くても、一コマ撮りがカメラのリモートコントロール端子経由で可能な機種ならば、外部にタイマーをつなげばカンタンに実現できます。

8ミリカメラ用に販売されていたタイマーもありますが結構レア物件なくせに低機能なので、この際タイマーを作ってみましょう。

[インターバル撮影出来るシングル-8カメラは3機種しかない]

スーパー8ではタイマー内蔵機種はごろごろしてますし、外部タイマーを接続してインターバルで撮れるカメラもいくらでもありますが、シングル-8カメラではたった3機種しかありません。

 

フジカ ZC-1000(旧型もNEWもOK)
フジカ Z850 (Z800やZM800は不可)
フジカ ZX550(ZX500やZXM500は不可)

 

[電子工作のエレキット「リレー付き間欠タイマー」を買う]

amazonや秋葉原の電子部品屋さん、ホームセンターなどでもよく売ってる電子工作キット「エレキット」リレー付き間欠タイマー(PS-3041)を用意します。
これだけでは動かないので、追加で下記の部品を用意します。

006P(9V角形電池)1個
006P用電池スナップ 1個
ケース 1個
2.5mm径モノラルケーブル 1本

組み立てにははんだ付けの道具が必須です。
エレキットの説明書は大変詳しいので、それに沿って作ればOKです。

 

timer01.jpg

ただ、キットだとACアダプター電源を採るようになっていて屋外撮影には使えませんので、006P(9V角形電池)電池が使えるようにします。

電池スナップ(バッテリースナップ)の結線はこちら。

timer04.jpg

さらにひと工夫。キットの1MΩの半固定抵抗を、1MΩの可変抵抗に取り替えます。半固定抵抗だとシャッター間隔調整が面倒なので。

timer03.jpg

キットではOFF時間(VR1側)とON時間(VR2側)が調整できますが、シングル-8カメラではON時間の調整は意味がないので、左に回しきって最短時間にしておきましょう。(nizoだと使い道がありましてムフフ・・・)

ケースはtakachiの高さ28mmの奴ですが、部品がぶつかるので35mmがイイと思います。素材が柔らかいので穴開けはカンタン。ON/OFFスイッチの溝はペンチでむしり取っただけ!ひどいやっつけ仕事です。

timer05case.jpg

ケースに無理矢理入れてはい、できあがり。なんて不格好!可変抵抗がでかすぎたので薄いケースで位置が・・・まあ使えればOK

timer02.jpg

ZX550につないで、かしゃかしゃかしゃ・・・OK!さて、撮りに行きましょう!

timer_zx550.jpg

あ、「時代遅れのおかしなのが好き」さんがすでにこしらえてるではないですか!
詳しくはこちらをご参照下され。
http://8mmst.blog20.fc2.com/