今でも買える8ミリ特撮本『特撮SFX大全科』

 

sfx01.jpg‎2012年現在でも「8ミリ特撮映画の作り方」を紹介した本が、なんと新品で売られています。それは秋田書店刊『特撮SFX大全科』。

 1984年1月20日刊行の本書は、ブームだった特撮映画を新旧問わず紹介してる300ページの子供向け図鑑本です。
 なんとその内10パーセント近い、25ページも割いて、概略ではありますが8ミリ特撮映画とその作り方を紹介してるのです。

sfx03.jpg  取り上げられてる8ミリ映画作品は、一瀬隆重『ウルトラQ No.29 闇が来る!』『理想郷伝説』、堀内祐輔『アステロイド・クイーン』、庵野秀明『帰ってきたウルトラマン』など、本書刊行の数年前に話題になった、大作の8ミリ特撮映画の数々。メイキングのスチルが結構たくさん掲載されてます。

sfx02.jpg 『スターウォーズ』や『スタートレック』などの輝かしいSF映画の数々の紹介の合間に「君も出来る!」と書かれると、大変にわくわくするのであります。

 というわけで、8ミリは夢の映像を紡ぎ出す魔法の道具なのであります。

 
しかし、28年前の本がなんで初版で、しかも新品で買えるのか不思議であります。
秋田書店の大全科シリーズはほとんど今でも新品で買えるのですよ。
sfx045jpg.jpg

8mm映画誕生80周年だョ!全員集合

‎2012年。なんと今年は、8ミリ映画誕生して80周年ですよ!
日本ではダブル8とよく呼ばれるフォーマットが登場したのが1932年(昭和7年)です。
(レギュラー8とか、スタンダード8とかノーマル8と同じモノと考えてOK)

そんな2012年。3月にシングル-8用フィルム「フジクロームR25N」がメーカー最終出荷ですよ。現像は来年2013年9月までだそうですよ。
なので、シングル-8で作りかけの作品がある方、フィルムの確保をお忘れなく。

でも、買い占めないでね。ワタシももう少し遊びたいから。

今まで、シングル-8ばかり使っていた方へ。スーパー8があります。
コダックが経営不振で今後不安ですがそれはさておき、現状フィルムあるのです。
カラーもモノクロも、高感度のネガフィルムもあります。

また、富士、コダック以外でしたらFOMAのモノクロがあります。
ダブル8とかダブルスーパー8が用意されてます。

先のことはわかりませんが、今、現にフィルムはあります。

先々のことは計画的に、きっちり状況見据えながらも、
さあ、今年も楽しんで「8ミリで行こう!」
突撃ー!

ニコンのフラッグシップ機「D4」登場

nikond4.jpg

 新年1発目のでかいネタは、Nikonのフラッグシップデジタル一眼「D4」が登場したというコト。
2月16日発売。
なんだか、F4とかが出てきたときのようなごつさを感じさせるカタチであります。

動画撮影機能は、今までキヤノンと比べると今ひとつでありましたが、今回はらフルHDの30fps撮影機能を搭載したとのこと。動体歪みも軽減してると書いてありますが、これは例のロータリーシャッター歪みの件でありましょうか。
これはcmos最大の欠点なので早くがんばって取っ払って欲しいモノだと思う次第であります。
プレスリリースだけでは、やはりスチルカメラなんだよな…という印象を受けます。
キヤノンは次どう出てくるのでありましょう、と期待が次に行ってしまいます。このままでは仕事場の次使うカメラもまだ選びにくいなあ。

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d4/