デジカメの動画の録画時間30分制限がなくなるか?

2019年2月9日 | By muddy orihara | Filed in: ニュース.

2月1日より日欧EPAの発効により、一部の関税が撤廃されるとのこと。ひきこもごもでしょうが、ことデジタルカメラに限っては朗報になる可能性があるかもしれません。

GIZMODOの記事「デジカメの動画の録画時間30分制限がなくなるか」によると、デジタルビデオカメラには高い関税がかかってたそうです。そして、デジタルビデオカメラに類するモノとして見なされる条件に「録画時間が30分以上」が含まれているそうです。

この記事がホントならば、今まではメーカーが高い関税を避けるために、録画時間を制限して「これはあくまでデジタルスチルカメラのおまけ機能ですよ」としてた可能性はありそうです。

なので、今後リリースされるデジタルカメラの録画時間の30分制限は少なくなっていく可能性が生じてきますね。

と、ここまではおおむね記事のまとめですが、思い出すにかつてのCyberShot DSC-HX5Vみたいに動画撮影するとバッテリーがすぐに上がっちゃうデジカメもありましたし、加えて、パナソニック GH4などのGHシリーズ30分録画制限が無いので、ビデオカメラ代わりにルーズに使えますよね。

一概にメーカーが関税回避を狙ってたってだけでもないのかもしれません。

ともあれ、30分制限がない方が使い勝手は良くなりますので、期待したいところです。

いやいやいや。却って3分30秒しか撮れない方が面白かったり・・・長けりゃイイってもんでも無いかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください