「ダブル8/レギュラー8」カテゴリーアーカイブ

古いレギュラー8(ダブル8)フィルムを見るための準備!

「古いレギュラー8フィルムをたくさん見たいがどうしたらいい?
なお、リーダーフィルムは劣化して波打ってしまっているんだけど」
という、お題を頂きました。

レギュラー8は、昭和40年(1965年)にシングル-/スーパー8が登場するまで30年ほど使われていた、旧タイプの8ミリ規格。
(※現在でも生フィルム=ダブル8仕様フィルムは販売されている)

つまり、今回のお題は昭和30年代以前、半世紀以上(~およそ80年前)の古くなったフィルムをどうやって見たら良いか?というお題です。

■フィルムをチェック。ビネガーシンドロームでくしゃくしゃかどうか確認
「ビネガーシンドローム」は、古くなったフィルムがくしゃくしゃになっていく病気。発症すると化学変化が連鎖的に起きて、どんどん悪化します。

vinegarsyndrome01
写真のフィルムは、映写機にかかりませんでした。終端部分のみエディタービュアーに掛けて、何が写ってるかかろうじて確認できた程度です。
ここまで行ってしまうと、ワタシは修復方法が思いつきません。
→フィルムがすっぱくなるビネガーシンドロームその1

→フィルムがすっぱくなるビネガーシンドロームその3

■リーダーフィルムが痛んでる場合
映像が映ってるところは大丈夫でも、リーダーフィルムがくちゃくちゃになって映写機にかからない、という状態のフィルムも見かけます。
(上の写真も、白いリーダーフィルムはぐちゃぐちゃです)

この場合は、健康なリーダーフィルムに取り替えれば良いのです。

リーダーフィルムの新品は現在でも海外では販売されてます。

normal8leader

また、現像済みのダブル8フィルムを左右両断する道具・フィルムスリッター(ディバイダーとか名前いくつもあります)を活用して、未現像フィルムを加工、リーダーフィルムとして使うことも出来ます。

下の写真はこれは旧ソビエト製8ミリカメラのおまけでしたが、単体販売もありました。 ebayなどで入手できます。w8cutter01

■リーダーフィルムを貼りつけたい・スプライスを修復したい

レギュラー8フィルムは、とても約3種類のスプライス方法が採れます。

セメントスプライス
パッチテープスプライス
ロールテープスプライス

セメントスプライスは、フィルムセメントと呼ばれるフィルム専用の接着剤を使います。セメントスプライスは16mmや35mm映画のネガフィルム編集には現役で使われてる技術ですのでセメントも現行商品なのですが、現在は、カメラ量販店などでは流通していないようです。ただ、国内外の8ミリ機材専門店で入手可能です。

写真はドイツの写真機材メーカーhama社のセメント。
米国のアマゾンなどでも販売しています

hamacement

対応するスプライサーは安価な機種ならば捨て値の中古が入手できます。セメントは溶剤が蒸発して固まるので中古の入手は要注意です。

写真左がLPLのレギュラー8用パッチテープスプライサーとパッチテープ。写真右がLPLセメントスプライサー(かなり旧型)。
lplsplicers

パッチテープスプライスは、絆創膏のように台紙に一カ所接合分のテープが貼られていて、専用のスプライサーを使って貼り付けるものです。レギュラー8用だけでなく、シングル-8/スーパー8用もありますし、レギュラー8用でも何種類かあります。

いくつかあったパッチテープスプライサーは製造終了で、テープは海外なら販売しているという状況。
とはいえ、中古は国内のオークション等で安価に入手できます。構造がカンタンなのでそもそも安い機材です。

下の写真は、LPL社のパッチテープスプライサー(レギュラー8用と、シングル-8/スーパー8用は別物なので注意)用のパッチテープ1回分。quiksplice
赤いHP、青いQuik SPLICEって書かれた紙が台紙。中央のパーフォレーションの空いてるところがスプライシングテープになってます。

ロールテープスプライスは、レギュラー8用はきわめてまれ。まれと言いながら、実はスプライサーは現行商品で存在します。(写真中央)

cir_splicers
引用元:イタリアの映画機材メーカーC.I.R srl web site

モノは良いのですが、かなり高いので積極的に勧めにくいです。

■見るための機材選び 映写機とエディタービュアー

レギュラー8対応のエディタービューアーか、8ミリ映写機を用意します。
但し、レギュラー8専用の機種は昭和40年頃より以前のもので古すぎます。ちゃんと動くのもあるのでしょうがあえて危険を冒すこともないと思います。

シングル-8/スーパー8と、レギュラー8の兼用の映写機やエディタービュアーは多数種類がありますし、後年に設計販売されたものがあります。これらの中から状態のいいものを選ぶのがよいと思います。

ですので、ざっと何が写っているかチェックしたいだけならばシングル&スーパー8/レギュラー8兼用タイプのエディタービューアーを。
上映したり簡易テレシネをしてみたいならば兼用の映写機を入手するというのがよろしいかと思います。

 

ぼくのコダクローム最終版現像あがり

米Dweynes’s photoから、ようやく現像済みのコダクロームが届いた。

dweynespost01.jpg

左の大きいのが、200ftのスーパー8フィルム(ダブルスーパー8カメラ用フィルム)。
中央上下が、50ftのスーパー8と、レギュラー8。

一番右がケース。100ftスプール返してくれるのね。
dweynespost03.jpg

ありがとうです。

dweynespost02.jpg

中身のリールはこんな感じ。

200ftリールはレギュラー8用なので映写機にはまらないのでまき直しました。

リールは柔らかい材質で、軸部分に同心円状に切れ目が入ってるので、削りとって穴をでかくしてスーパー8用として使うようになってるのでしょう。このリール自体柔らかい材質ですし。
最近は米国現像頼むとたいていこのリールだとレトロ店主氏も語っておりましたが。

レギュラー8のぴかぴか新品のリーダーフィルムがまぶしいです。
昨今なかなか見ませんし、シングル-8のユーザーさんは磨りガラス状のリーダーしか最近は見ないと思いますが、乳白色の昔ながらのTACリーダーフィルムはちゃーんと現在も販売されてるのであります。

さて、お楽しみ上映タイム。

ダブル8/ダブルスーパー8フィルム両断用カッター

先日の東京8ミリシネマ倶楽部の例会で、ダブル8フィルムの話題が出て来ましたので、ふと思い出して引っ張り出したのが、このフィルムカッター。

cutter01.jpg

これは、旧ソビエト製のダブルスーパー8カメラの付属品で付いてきた、フィルムカッターです。

ダブル8フィルムを現像に出すと、現像された上にフィルムをまっぷたつに割ってリールに巻かれて仕上がり、となっていました。その2分割を自宅でやるためのお手軽カッターですね。

しかけは簡単です。この短い円筒形の中には刃が仕込まれています。片方の溝に16mm幅のダブル8またはダブルスーパー8フィルムを押し込んで引き抜くと、フィルムが切断されて左右に分かれ、もう片方の溝から8mm幅のフィルムが2つ出て来ます。

さて、試しにジャンクのダブル8フィルムを切断してみます。

cutter02.jpg  

白いのは、ガイドに使った8mm幅の既製品リーダーフィルム。どうも幅が合いません。つまり、8mmより小さい幅に切れてしまいました。もう片側のフィルムは当然、8mmより大きくなっています。何度やっても結果は同じだったので、中の刃の位置がずれているのでしょう。

また、一見まっすぐ切れているようですが少し幅にムラが生じています。フィルムの幅が不均一だと、映写画面が不安定になります。残念ですが、このカッターはこのままでは使えないものでした。

 

これはダブル8カメラだ! シネコダック60

CINEKODAK60

写真のカメラは、オオノ隊員がお持ちのダブル8カメラ「シネコダック60」。

オオノ隊員さんの解説によると、
> 世界初の8mmカメラは、1932年(昭和7年)に発売された「シネコダック20」。
> シネコダック60は、レンズ固定式だった20をレンズ交換式に改良した、いわばセカンドエディション。
> 日本では昭和10年頃に登場後、10年以上も販売されていた人気機種でした。
> かれこれもう60-70年ぐらい前に製造された機械なのですが、作りの良さは絶品です。
とのこと。

でっかいスプロケットが目立つこのカメラは、きちんと作られた機械が持っている美しさのようなものがあります。

ダブル8(レギュラー8)の見分け方

ダブル8/レギュラー8カメラがスーパー8やシングル8と一緒くたに「8mm」としてヤフオクにもいっぱい出品されてます。
もちろん、ダブル8(レギュラー8)は、マスではないですがフィルムも製造・ミニラボで現像が出来ますので使うことは可能ですがかなりコスト高です。
そして何よりも、シングル/スーパー8で映像をこしらえたい方には無用でございます。映像作家の山崎幹夫さんのブログ「山崎幹夫の映像制作ノート」でも指摘されてますが、うっかりすると間違えて買っちゃうかも知れません。
と言うわけで、ダブル8(レギュラー8)カメラとシングル&スーパー8カメラを簡単に見分ける方法を思いつくまままとめてみました。

マディ折原の思いつきだけのラフ原稿に、おなじみオオノ隊員さんのツッコミ入りの記事でお送りします。

●2-3本の撮影レンズがカメラ前面の回転板に取り付けられている。

→ほとんどダブル8カメラです。
例外は、
1.16(35)mmカメラと間違えている(ベル&ハウエル、BOLEX他多数)
2.ダブルスーパー8である。(BOLEX、PATHE)

●撮影レンズから見て左側面にゼンマイを巻くような大きなつまみが付いている。

→ほとんどダブル8カメラです。

[オオノ隊員]
スーパー8でぜんまい巻のものはロシア製のクオーツとベルハウエルパーペ
チュアルがありますが,フィルム装填の関係で,撮影レンズから見て右側面に巻
き上げハンドルが付いています。つまり,撮影レンズから見てぜんまい巻き上げ
ハンドルが右側面に付いていればスーパー8,左側面に付いていればレギュラー
8と言えるでしょう。

というわけで例外は、
1.16(35)mmカメラと間違えている
2.ロシア製のクオーツと、
ベル&ハウエルパーペチュアルは、スーパー8のゼンマイ駆動。

 

写真だけで判断するのは避けた方がいいのですが、やむを得ない場合のチェックポイントはこんなところです。

●本体に「SUPER8」とか「SINGLE8」とか書いていない→ダブル8の可能性高いですが、書いていないスーパー8機もあります。

●カメラの後方にふたがあり、そこに何かを入れられるようになっている。

→99.9%スーパー8カメラです。

●出品カメラの写真に、フィルムを入れるところが開けてあったとして、

・フィルム室の中央にカセットテープデッキの巻き取り軸のようなものがひと
つだけある →100%スーパー8カメラです。

・軸がふたつあって、平行ではなくてどちらかがレンズ側に寄っている
→ほとんどダブル8カメラです。
例外は、
1.16(35)mmカメラである
2.ダブルスーパー8である

●軸がふたつあって、平行に並んでいる。
・シングル8と書いてある→100%シングル8です

・シングル8とは書いていない→ダブル8です。

[オオノ隊員より]
●丸形あるいは角形の窓が撮影レンズから見て
ボディ右側に付いている→シングル8
左側に付いている→スーパー8。

●こま速度ダイヤルに16という数字があり18という数字がない。 →レギュラー8である。
例外はPATHEのDS8とロシア製25フィート巻DS8撮影機。

と言ったところでまとめてみました。ご参考下さいませ。

あたくしはダブル8は使いませんので、一台も持ってませんが、
かっこいいのが多いんですよね・・・カメラも映写機も。