CANON DS-8

キヤノン DS-8

ds8_side.jpg

OVERVIEW

ダブル(ラン)スーパー8規格フィルムを使う数少ないカメラの一台。

ダブル(ラン)スーパー8とも言う16mm幅のフィルムは、スーパー8やシングル8と同じ大きさのパーフォレーションが空いているダブル8、と考えるといいでしょう。ただずっと長く、100ftのスプール巻きです。ですから、装填にはダークバックが必要になります。現像後に、真ん中から縦に切り裂くと、スーパー8のフィルムとして映写できるようになります。これは、現像所の作業になります。100ftのスプールですが、右半分と左半分を使うので、都合200ft分撮影できるというしろものなのです。

スーパー8の50ftカートリッジで巻き戻しを行っても最大100コマ前後と思って頂ければいいです。ところが、DS-8はカートリッジの制約がないカメラですので、巻き戻しだろうが何だろうがいとも簡単に行えるのです。加えて、もともとキヤノンの16mmカメラ「スクーピック」のボディを流用した頑丈な作り、フレームカウンタ内蔵など、細かいもの作りには適しているカメラなのです。
もちろん、コダックの渋い発色のフィルムが使いたいのが大前提にあります。普通のショットはスーパー8のカメラで押さえておいて、特殊な部分だけこれで撮影すれば、いいと言うことですな。

さて、レンズはキヤノンの8倍ズーム。手動のみになります。キヤノン814のレンズ流用と類書には書いてありますがはたして。

絞りは6枚羽根式で、基本的には外測式EEです。マニュアル絞り調節はもちろんついていますので、しっかりと合わせて下さい。

フィルムの感度設定ダイヤルがあります。一般的なスーパー8カメラだと、カートリッジの感度設定ノッチで自動的に(ちょうど、35mmスチルカメラのDXコードのように)感度設定がされますが、これは手動で合わせます。この機能は、減感や増感前提で撮影するときにはとても役に立ちます。

さて、巻き戻し機構とシャッター開角度ですが、これは本体右側のレバーで行います。OPENからCLOSEまでレバーを倒していくとちょうどフェードアウト。その逆がフェードインですね。で、フェードアウトの場合は、CLOSEの先の「S」までレバーを持っていくとフィルム走行が終わるので、無駄にフィルムを回す危険性がなくなります。さらにその先に持っていくと「R」でこれは逆転用です。当然、この作業を組み合わせるとオーバーラップになるわけです。この時に役に立つのが「フレームカウンター」ですね。フレームカウンターは指針式ですが、一回転が72コマ分です。目盛りも切ってありますし、このカウンターもきちんと逆転についていきますので、狂いがなく巻き戻し可能です。

撮影スピードは1.12.18.24.36.54と申し分ないですね。これは注意なのですが、人から借りたとしても、54コマモードで空回しはしないで下さい。機構上、本当に本体を傷めます。電源は単三電池8本。外部電源でスクーピックの12Vニッカド電池も使えますけど、この電池自体がもうないので無意味かな。

写真協力:(C)hanai

使用感など

スクーピック16と言う16mmカメラのボディを流用していたり、スプール巻きフィルムを使ったりすることからもわかるように、当時はマニア向けに発売されました。また、業務用途としての意味もあったでしょう。

現在入手できるダブル(ラン)スーパー8フィルムは、コダクローム25が2002年に生産終了なのでそれのデッドストックと、FOMAPANというモノクロフィルム。その他、Velvia 50Dのフィルムを裁断鑽孔したサードパーティ商品などがあります。
 
ダブルスーパー8(別名ダブルランスーパー8)フィルム使用による、自由な巻き戻し機構とシャッター開角度可変機構によるオーバーラップ。フィルムセミオートローディング

 発売 キヤノン 1970年3月10日発売 
 レンズ  キヤノンC-8 13群18枚構成 F1.4 7.5-60mm ズームは手動のみ。
 ファインダー  一眼レフ式
 焦点調節  スプリットイメージ式(マイクロプリズムに取り替え可能)
 露出調節  外測式EE、手動調節可能。ASA320、F1.4、12コマ-ASA10、F22、54コマまで対応。
 撮影コマ数  1.12.24.36,54 1コマ撮り可能
 特長オペレーションなど  ダブルスーパー8(別名ダブルランスーパー8)フィルム使用による、自由な巻き戻し機構とシャッター開角度可変機構によるオーバーラップ。フィルムセミオートローディング。
   
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください