エクタクローム100Dのスーパー8版には注意 その1

Pro8社のパッケージ(写真協力:オオノ隊員
PRO8 100D

エクタクローム100Dは、ASA100のデイライトのリバーサルフィルム。
もともとスチル用フィルムでしたが、最近は16mmや35mmの映画用フィルムとして使われているようです。
で、これをスーパー8用に裁断穴開けしてカートリッジにつめて、販売している業者があります。
ひとつは、米国のPRO8
もう一つはドイツのWittner Kinotechnik

これ、カートリッジの感度設定ノッチがASA40になっているために、そのまま普通のスーパー8カメラに装填すると
ASA40として認識されてしまいます。

PRO8社の製品には、パッケージに
“Auto Exposure Cameras will read as asa40″(自動露出カメラはASA40として読み取ります)と注意文が書いてあります。
「自動露出」と言うのが誤解を招きそうですが、要するに「フィルムの感度設定が、カートリッジのノッチによって自動的に設定される」という意味だととらえておきましょう。これを明示しないで販売しているお店もありますので要注意です。

しかし、フィルムの感度設定が手動で出来るのはボリューなどのごく一部のカメラを除いてほとんど存在しません。
このフィルムは、大半のカメラでは使えないのか?

いえ、そんなことはありません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください