石井聰亙と長崎俊一の8mm作品のDVD出たぞ。河崎実も出るぞ

おととい書いたように、『石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~』
を買いました。10/28発売なのですね。タイトル見た瞬間に、金額も発売日もなーんにも考えずに、

かってやろーじゃんかよ!

って予約したもんで、すっかり忘れていました。

 このDVDBOXには、諸処の理由でなかなかリリース出来なかった『狂い咲きサンダーロード』が収録されているだけぢゃなくて、『高校大パニック』『1/880000の孤独』『突撃!博多愚連隊』と8mm作品が三本入ってる。『高校大パニック』は日活のリメイク版じゃないですよ。

 というわけで、8mmもたっぷり入ってます。
 いやー、最近8mmのDVD化多いのかなあと思ってみてみたら、10/27には長崎俊一『闇打つ心臓』のオリジナル8mm版がリリースされている。こいつはチェックミスでした。
 
 『日本以外全部沈没』の河崎実カントクの8mm特撮作品『エスパレイザー』もDVDになる。とは言ってもこれは竹書房から出る『河崎実大全』と言う本の付録として。カントクから電話があるたんびに繰り返し聞かされるのですけど、もう知ってますからって。つーか、企画段階(ただの飲み会)にあたくしいたでしょ。竹書房の編集者さんに入れ知恵したのはあのときでしょうが。もうすっかり忘れてるんですから・・・。

 こうやって、8mmフィルム作品がDVD化されていくのにはいろいろとワケがあるのでしょうが、富士写真フイルムさんがシングル8を廃絶させようとしている事を知って?シングル8の危機を知って?DVD化?
 そんなことはないでしょう。それじゃ間に合ってないですよ。
 
 もっと別なものが、・・・なんかユングの用語が出て来ましたが呑み込んで・・・、別のモンでみんな動いているのに違いないですよ。

 時に、海外に目を向けたら、ペドロ・アルモドバルがスーパー8時代の作品のDVDを出すんですって。当方にとって、アルモドバルと小型映画フォーマットってののつながりがあんまり分からないんですけど(ふつーに作品見てるだけなので)、これってもしかしたらやっぱり、世界を超えた・・・おっとまた要らぬ用語でまとめようとしている・・・。

いいや、「みんな8mmが好きだ」って事でまとめておきましょう。
だったら見よう。だったら撮ろう。だったら買おう・・・は直接関係ないけど、二次的にそれもアリでしょう。

 というわけで、ちょっとこれ以降、自主映画のDVD化についていろいろリストアップしていこうとも思うアタクシなのです。

 銀色の円盤を墓標にだけはしたくないですけどね。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. アキオ より:

    シンクロニシティーといえば(別に言ってない?)、
    下のページにある8mm映画の一コマが、私のテストフィルムの1コマにすごく似ているのです。
    http://www.imageforum.co.jp/cinematheque/890/index.html
    ペリカンとダチョウが仲良くダンスみたいな。ロケは多摩動物公園です。
    私のページのチーターの顔をクリックするとムービーが見られます。
    http://9.dee.cc/~retroscope/movies.html
    びっくりです。いろんな偶然があるもんです。

  2. オオノ隊員 より:

    「高校大パニック」は福岡市内の映画館を借り切って上映されましたので観に行きました。同時上映「宇宙の墓場」だったかな・・・エルモST1200DかHDで上映していたと思います。映画館のスクリーンに映すのだから,かなり暗い画面になってしまいましたが。なぜかチノンダイレクトサウンド8ミリカメラのコマーシャルも上映されました。TVでオンエアされていたコマーシャルのブラウン管画像を8ミリで撮影したもの。まあ,今は劇場でもビデオ撮りもろばれのコマーシャルが上映されていますのでその走りかも。「数学できんとが何で悪かとや?」が当時はやりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください