フジカ シングル8 P100/P105

2008年4月12日 | By muddy orihara | Filed in: シングル-8カメラ.

Fujica Single-8 P100/P105

Overview

シングル8カメラの第1号機「P1」の改良版です。

絞調節はCdSの外測式EE。調節も固定もできませんので歯ぎしりしてください。
ファインダーは透視式なのでプリズムやハーフミラーものより明るく見えますが格別広く見えると言うことはないです。
ASA感度は25・50・100・200の4種。 露出にはH-2D水銀電池または代替電池が必要です。
撮影速度は、18コマのみ。水銀電池の他、本体駆動に単3電池4本。

フィルム巻戻しは、別売のリワインダーが必要。
オプションで、フェーダーがでておりました。オーバーラップ撮影も出来ないことはないですが、結構大変な作業になります。

P105はたんなる色違いバージョン。

Impression

レンズが少ないせいでしょうか、何ともいい色いい絵を出してくれるときがあります。テクニックの使いようがありませんが、日記映画には好都合の一台です。サードパーティのアナモフィックレンズをつけられたりしますが、そのあたりは別の機会に。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1967年9月発売→78年終了
レンズ:フジノンズームF1.8・11.55ミリ
ファインダー:透過実像式、絞数値・露出警告マーク表示
フォーカス合わせ機構:固定焦点のため無し
露出:外測式CdS露出計による完全自動絞(EE) (要H-2D水銀電池または代替品
フィルム感度設定:25・50・100・200
撮影速度:18コマ
特長・オプションなど:
2倍テレコンバータオプションなど。フィルムカウンター内蔵。巻き戻し可能(別売りリワインダー必須)
大きさ/定価:
190x104x36mm  580g/本体23400円、ソフトケース800円、ハンドストラップ300円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください