フジカ シングル8 P100サウンドワイド

2008年4月12日 | By muddy orihara | Filed in: シングル-8カメラ.

Fujica Single-8 P100 Sound Wide

Overview

P300サウンドの妹分。サウンド機によるP100という考え方なのでしょうか。
レンズがF1.7・8.5ミリの固定焦点。ワイドと肩書きの付く根拠は、この8.5mmにあるようですね。P100やP300サウンドの11mm付近から考えれば「広角寄り」ですが、7.5mmのレンズの多いZシリーズから考えると望遠寄りというどっちつかず感がいや増します。
P300サウンドとはレンズの違いと、ファインダー内表示に絞確認がなく、重さが違うぐらいでほとんど変わりません。

追記

サイレントカートリッジ撮影時は、20コマ秒になりますので、18コマで映写すると若干スローモーション気味の映像になりますのでご注意を。(2003年10月マディ)

Impression

サウンドカメラとしては小さいことが特徴でしたが、サウンドフィルムがなくなった現在において存在意義を見つけるのはなかなか難しいです。 定価で買うような機種ではありません。画の具合は記憶にないです。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1979年12月発売
レンズ:フジノンワイドF1.7・8.5ミリ 3群4枚構成

ファインダー:
レフレックス式、視度調節可能、露出不足警告、サウンドインジケーター確認、バッテリーチェック表示

フォーカス合わせ機構:固定焦点のため無し

露出:外測式CdS露出計による完全自動絞(EE)

フィルム感度設定:ASA25-400(中間は不明)

撮影速度:サウンドマガジン使用時18コマ/サイレントマガジン使用時約20コマ
特長・オプションなど:
4段ロッド式コンデンサーマイク内蔵、フィルム感度オートセット(ASA25-400)、録音モニター可能

大きさ/定価:
229x153x55mm 690g/本体 46000円 ソフトケース1000円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください