フジカ シングル8 P400サウンド オートフォーカス

2008年4月12日 | By muddy orihara | Filed in: シングル-8カメラ.

Fujica Single-8 P400 sound autofocus

Overview

記念すべき、シングル8の最終機種。 最終機種にして、オートフォーカス機。

スタイルはP500のレンズの上にオートフォーカス用の測距窓が二つ乗っかっている姿を想像してください。レンズはフジノンZ F1.6の9?34mmの3.8倍ズーム。オートズームはありません。たぶんオートフォーカス用に電気を食うためでしょう。一眼レフで、露出はTTLEE、マニュアル露出機能はなく、EEロックまでです。
撮影速度はフジカサウンド機ですので18コマのみ。 肝心のオートフォーカス以外に、マニュアルフォーカスも可能ですが、この場合は目測あわせになります。単三乾電池3本で駆動するのでお得かも。

追記

サイレントカートリッジ撮影時には、20コマ/秒での撮影になります。ということは、現在は20コマ撮影専用機となりますね。現像上がりのフィルムを18コマ/秒で映写しますと微妙に動きがスローになりますのでご注意を。(2003年10月マディ)

Impression

14年ぐらい前に一度借りて使ったきりです。たぶん、シングル8機の中では一二を争う駆動音の小ささです。また、初期のサウンドシングル8のように、力一杯シャッターボタンを押す必要はないです。
オートフォーカスの精度は現在のビデオカメラのような精度を期待してはいけません。
どうしてもカメラ駆動音を拾いたくない、同時録音撮影作品を企画している方は要チェックかも。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1981年11月発売
レンズ:フジノンZ F1.6・9?34ミリ、3.8倍ズーム(手動のみ)
ファインダー:一眼レフ式 視度調節可能 絞り値・サウンド・バッテリーチェッカー・フィルム終了予告サイン・オートフォーカス測距範囲など
フォーカス合わせ機構:オートフォーカス式。マニュアル時は目測式
露出:内測式(TTL)CdS露出計による完全自動絞(EE)、EEロック可能
フィルム感度設定:
撮影速度:18コマ(サイレントカートリッジ使用時は20コマ)
特長・オプションなど:
大きさ/定価:229×170×60mm 990グラム/85000円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください