Fujica P2Zoomの輸送事故

先日、知人に貸したFUJICA P2ズームが輸送会社のトラブルで、壊れて返却されてきた。

輸送会社さんと話をして、直すか代替品を用意するかのどちらかで対応してもらうことにした。
結局修理不能ということで、どこかから代替品を見つけて送ってきた。

p2zoom_2set.jpg

上が今まで使ってたP2ズーム。
ちょっと見るだけでは分からないけどボディが割れちゃっててがたがたしてる。光線漏れもありそうで。

下のは新たに来た代替品。外装はおんぼろだが、レンズはキレイでちゃんと撮れそうです。

戯れに、1.2Vぐらいしか出ないアルカリ電池で走行をチェックしたところ、上のは動いて下のは動かなかった。

もちろんちゃんとした電圧の電池ではちゃんと動くのでOKなのですが、差があるのが面白いです。

個体差ですねえ。経年変化でさらに差が出てきているのでしょうねえ。

 

カメラを宅配業者さんに渡してお送りする際には、厳重に緩衝材詰めたりして、事故の予防をされた方がいいです。

是非ご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください