Kodachrome Processing has Ended

2011年1月1日 | By muddy orihara | Filed in: フィルム, 現像.

endkoda.jpg

世界最後のコダクロームフィルム現像所となった米国Dweyne’sPhotoのサイトが、”Kodachrome Processing has Ended”という表記に書き換わった。

2010年12月30日の正午までにラボに届いていなかったモノは現像してないよ、と繰り返し書かれてます。ワタシは12月23日にEMSで送って27日午前中(現地時間)には届いた旨連絡あったのでおそらく現像はされてると思う次第。

ダブル8

double8koda.jpg

 

ダブルスーパー8

ds8koda.jpg

 

スーパー8

 

 

それぞれ1本ずつ。

この、最後の最後の現像でもやっぱりダブルスーパー8やダブル8現像は所要期間一週間必要なのかしら?いずれにせよ初のダブル8とダブルスーパー8撮影がコダクロームの最後だというのはなんだか感慨深い感じ。

ダブルスーパー8は、エクタクローム100Dの400ft版がコダック純正でリリースされてるので、ダークバックで100ftスプールにまき直せば今後も使える。また、Wittner他の業者さんで作ってるサードパーティフィルムを使えば、まあ別に問題なく使えるでしょう。こういうとき、フィルムの走行系が頑丈なダブルスーパー8はありがたい。


Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください