キヤノンT-1の電源ケーブル改造

 

t1_09.jpg

8ミリ映写機は電源用ケーブルが特殊で、新品は入手困難だから厄介です。ワタクシもうっかりキヤノンシネプロジェクターT-1のケーブルを無くして大弱りでしたが、ちょっと知恵を絞ったら汎用ケーブルが使えるようになってあっさり解決しました。費用はたったの100円。お困りの方、これが解決法ですよ。

t1_04.jpg

人気の高いキヤノンシネプロジェクターT-1(以下T-1)の電源コネクタはこんな丸い端子が三つの形状になっています。これは今はほとんど見かけない汎用性の低いコネクタですが、パソコンやモニターなどに使われてる、四角い金属端子が3つあるものに大きさもよく似ています。

正式な規格名は不勉強にて存じませんが、3極ケーブルと呼ばれることが多いので、本体側のコネクタと取り替えればいいのではないかと思いつきました。

t1_07.jpg

サイズを測って秋葉原に行くと、100円程度で交換用の部品がありました。
取り付けにはドライバーと半田ごてが必要です。もともと付いていた丸端子のコネクタをはずし、本体内部のケーブルを半田ごてではずして、新しい端子に取り替えて、半田をしなおします。ケーブルを全部で4本つけなくてはいけないので、間違えないように気をつけるだけで難しいことは何もありません。

はい、快適に動きます。T-1。しかしこれ随分と気合の入った設計でありますね。

t1_01.jpg