8ミリを生き抜く!シリーズその2:第1回「サヴァイヴァル8」振り返ってみる

8ミリを生き抜く!と高らかに宣言する8ミリフィルム作品上映会「サヴァイヴァル8」の第1回目の存在は私まったく存じませんでして、ネットを検索するとチラシが出てきました。そして、チラシにはこんなメッセージが書かれていました。さて、第2回サヴァイヴァル8で感じたモヤモヤはスッキリするかしら…

8ミリフィルム作品上映会「サヴァイヴァル8」
(2014年11月15日 於ASYL)

長い間身近な映像制作手段として親しまれてきた8ミリフィルム。簡便ですが、独特の画質と相まって多くの作家たちを魅了してきました。しかし、今では存亡の危機にさらされています。すでにカメラや映写機などの製造はなく、昨年には国産のシングル-8のフィルム販売や現像サービスが終了しました。致命的であったと言えます。
それでも8ミリフィルムを活用しての映像制作は、こうした事態に及んでも途絶えることはありません。困難な状況下にあっても、多くの作家たちがそれぞれの仕事を継続させているのです。自分で現像したり、あるいは、直接フィルム面に描いたり、さらには、新規に装置を開発したりと、多様な展開が見られます。8ミリフィルムの全盛期には見られなかった、新たな局面が出現していると言って良いでしょう。
この「サヴァイヴァル8」は、昨年福岡で開催した上映会参加作品を元に、各地の最新の動向を加えて構成したものです。8ミリフィルムの可能性は汲み尽くされているわけでもなく、むしろ今後のさらなる活動が必要と思われます。永遠に続く逆境の中、いかにして制作を存続させるか、出品作品それぞれが、この問いに答えようとしています。

なるほど、この宣言文は、8ミリの歴史をある程度知ってる人に向けてるようですね。たとえば、

「長い間身近な映像制作手段として親しまれてきた」「簡便ですが、独特の画質と相まって」

このように、過去について言及されておられるからです。でも、書き手さんにとっては、どの期間身近で、誰にとってどれぐらい簡便だったと認識されておられるのでしょうか、さらにモヤモヤが増えた気がしますねー。

「すでにカメラや映写機の製造は無く」

国内メーカーによる8ミリカメラと8ミリ映写機の新商品リリースは1982年が最後でした。そして、1984年には旧型も含めてそれらの機材出庫もすべて終了したと当時、新聞でも出てました。(※スプライサーとかは除く)
つまり、およそ30年以上からカメラとか映写機の新品はほとんどないので(※例外あり)、製造が無いことを取り上げて8ミリの危機的状況を語るのはちょっと今更な気も致します。むしろここは、昨今の8ミリ事情をご存じない方に向けて書いてるようにも見えます。うーむモヤモヤ…。

あくまで私見ですが、機材の新陳代謝がないのにフィルム供給を30年以上も続けてるメーカーが存在して、新品カメラも映写機もないのに30年間以上も撮影と制作が続けられているこの状況は、かなり希有だと思うのであります。この「続いてること」にスポットライト当てて語ってみてもいいのかなと思ってます。

「昨年には国産のシングル-8のフィルム販売や現像サービスが終了しました」「致命的であったと言えます」

シングル-8の終焉が一番大きなきっかけで、8ミリ映画制作継続に致命的であったと設定されておられるのですね。

ただ、少し補足しますと、シングル-8のフィルム販売と現像サービスは同じ年に終わったのでは無いです。シングル-8フィルムの出荷はその前年2012年3月が最後のメーカー出荷で、同年2012年いっぱいでほぼ店頭から姿を消してました。そして記事にある「昨年」にあたる2013年の9月30日が富士フイルムの調布の現像所の最終現像受付で、そこが富士フイルムによるサービスの最後のタイミングでした。http://fujifilm.jp/information/articlead_0011.html

また、この2012年から2013年にかけては、スーパー8を含んだ映画用フィルム状況もにわかに悪化していった瞬間でした。
たとえば、2012年12月12日に、コダックは映画用フィルムのエクタクローム100Dの製造終了を発表してます。
http://wwwjp.kodak.com/JP/plugins/acrobat/ja/corp/news/2012/201212.pdf

これらを踏まえて、東京都内のカメラ量販店からは2013年1月には店頭在庫が消えていました。

8ミリフィルムの今後について/エクタクローム100D生産終了

このタイミングから、コダック純正で提供されている小型映画用フィルムは、モノクロリバーサルフィルムのTRI-Xと、カラーネガフィルムであるVISION3の50D/200T/500Tの3種になりました。これらはヨドバシカメラやビックカメラなどの大手カメラ量販店の店頭にもありますし、同社の通販でも買えます。

2016年現在もカラーリバーサルフィルムを使った小型映画用生フィルム商品は存在します。ですが、8ミリ/16ミリ機材の専門店が写真用フィルムを加工した物ですからどこのカメラ店でも売ってるというものではありません。

いずれにせよ、カラーリバーサルフィルムでの小型映画制作は、2012年から2013年にかけて、富士とコダックの両社の決定により、手段が狭められて現在まで根本的な解消がされてないのであります。

そしてそんな状況を踏まえて、ユーザー側が変化していったと書かれています。

「自分で現像したり、あるいは、直接フィルム面に描いたり、さらには、新規に装置を開発したりと、多様な展開が見られます。8ミリフィルムの全盛期には見られなかった、新たな局面が出現していると言って良いでしょう。」

ワタシの身の回りでも自家現像に挑戦する方は増えました。これは現像サービスの窓口が減ったことと、料金の高騰が直接の理由かなと感じています。身の回りに挑戦する人が増えたので、心理的なハードルが低くなって、ワタシもチャレンジしました。
直接フィルム面に描いたり…これは大昔から親しまれている表現方法です。シネカリとか手描きアニメを試みる人は、フィルム供給事情が悪化したからなのですかね…?表現方法として面白そうだからではないのかしら…?
新規に装置を開発したり…これは下記の出品一覧にあるレフシー8試作版の事を指してるのかしら。
レフシーは紙製フィルムのおもちゃ映写機のひとつですが、8ミリサイズ版を試作されたのかしら?(参考:学研『大人の科学』の紙製フィルム映写機)
http://otonanokagaku.net/magazine/vol15/

いずれにせよ、現像を自分でやる!撮影も現像もしない!さらには8ミリフィルムそのものも使わない!という試みが作家側から成されてるのですね。8ミリから8ミリ的な表現方法を模索する人がいる、とイベント主催者は主張されているのだと思います。

「8ミリフィルムの可能性は汲み尽くされてるわけでもなく、むしろ今後のさらなる活動が必要と思われ」

最初にも述べておりますが、第1回の作品は拝見しておりません。ですが、このチラシの文面ならびに第2回の作品群から想像するに、8ミリが持つ機構やそのものの身体性に依拠した力作が揃っているのでありましょう。

ここまで読んできて分かるのは、第1回のサヴァイヴァル8は「8ミリフィルムの利用者の思いを、作家の作品や制作手段のあり方を通じて、具体的に語らせる」という主旨の元に開かれたイベントだったのだろうと言うことです。

しかし、主催者の方が考える「8ミリの危機的状況」がどうも曖昧なのが気になります。
この「サヴァイヴァル8」の主催者の方は作家サイドに立脚されているのでしょう。活きて活動してる姿を見せる、そのサヴァイヴァルの生き様を見せれば分かるでしょう、というアプローチなのでしょう。
しかし、どういう状況からどう「サヴァイヴァル」していきたいのか?というのが見えてきません。もろもろを取り巻く客観的事実と利用者の個々の事情と希望と照らし合わせると、シーン全体が一貫してとらえられるように思います。

そして「どう」サヴァイヴァルしていきたいかというところもモヤモヤしたままです。本当にこの表現手段は、利用者個々人にとって求められている物なんだろうか?さらには本当にサヴァイヴァルしていこうと考えてるのか?

そこは、上映会に行っていない人間には分かりません。どこかにレポートがまとまっているわけでも無く、チラシから読み取るしか手段がなかったのであります。

そして、作品はそれぞれ楽しそうなのでありますよ↓

プログラム第一部(43分/8作品・全て2013年制作)

2013年11月、福岡にて開催された「GoodBy LAB」に出品された8ミリフィルム作品
川口肇(東久留米市)<<CRAYON>>
黒岩俊哉(福岡市)<<Ma-no-Me>>
堀内孝寿(福岡市)<<KINKAI>>
中原千代子(福岡市)<<Sans Suite>>
香月泰臣(福岡市)<<夜を狩る>>
山本宰相(福岡市)<<RE-MIX>>
宮田靖子(大阪市)<<ひかりぬけて>>
森下明彦(神戸市)<<レフシー8・試作版>>+パフォーマンス

プログラム第二部(65分/15作品2014年制作)

黄木可也子(山形市)<<ぼろ>>
黄木優寿(山形市)<<くもわたるふねひとつ>>
大橋勝(藤井寺市)<<随に>>
岡田彩希子(藤井寺市)<<不眠>>
荻原貴之(神戸市)<<つながる>>
香月泰臣(福岡市)<<瞬きのその前に>>
川口肇(東久留米市)<<wired-glass>>
小池照男(神戸市)<<生態系・22・輪廻>>+パフォーマンス
中原千代子(福岡市)<<Sans SuiteⅡ>>
能登勝(岡山市)<<1979-2001>>(2011年)
平田政孝(京都市)<<午睡のあとで>>
堀内孝寿(福岡市)<<LOST>>
宮田靖子(大阪市)<<海月>>
宮本博史(大阪市)<<わたしたちの過去に関する事柄>>+パフォーマンス
山本宰(福岡市)<<2014・11・15関西上映のための作品>>

そして、第1回サヴァイヴァル8の作品は2015年に福岡で上映されていたそうです。

 2015年12月12日には、関連展示「個人映画の制作現場」展というのを併設していたのですね。

そして、メッセージは2014年と一緒でありますね↓

今年2016年の第2回サヴァイヴァル8でのイメージフォーラムの入り口同様に、8ミリ映画機材の展示を行ったと言うことでありましょう。個人映画制作の現場と過程を伝えるのでありますと。

さて、一体個人映画制作の現場はどうなってるのでしょうか?

さらに!次に続きます。

8ミリを生き抜く!シリーズその1:第2回「サヴァイヴァル8」にお邪魔

「8ミリで生き抜く!」と宣言するイベント「サヴァイヴァル8」があるのを第2回ではじめて知りましたです。

メタ・フィルム・マーヴェラス/MFM(Meta Film Marvelous)とフィルム・メーカーズ・フィールド/FMF(Film Makers Field)という2団体共催で各地で2年も前から上映を繰り広げてるというのに…不勉強で恥ずかしいです。

ところで、「8ミリで生き抜く!」ってどういうことかしら?
世紀末で拳法を使う戦士が覇権を競うような感じ?
それとも8ミリのゾンビがうようよしてる世の中を猟銃とかボーガンとか抱えて戦う感じなのかしら?まずはチラシから読み取ってみると…

第2回サヴァイヴァル8のチラシに主催者側からのメッセージがありますね。まるっと転載すると…

誰が宣告したわけでもないのですが、8ミリフィルムは終わったと一般には思われているようです。一昨年(2014年)、福岡のフィルム・メーカーズ・フィールド主催の上映会「GoodBy LAB」に接続し、発展させようと、「サヴァイヴァル 8」を開催しました。この時、15名の作家の出品をみました。今回、第2回の「サヴァイヴァル 8」開催に際して、主催者からの呼びかけを前回より広範囲に行い、ヴェテランから若手まで合わせて22名の作家の参加となりました。絶望的な逆境にもかかわらず、8ミリフィルムによる制作活動は存続しています。そこには何か本質的なものが潜んでいるように思います。作品制作とは機材や材料に依拠したものではないと言う認識もそうでしょう。それも含め、「8ミリで生き抜く!」という覚悟は、表現一般とは何かを改めて確認することにつながっていくと信じています。

8ミリフィルムは終わってないですね。終わったと明確に語ったのは開発メーカーの富士フイルムによるシングル-8ビジネスと、ポラビジョンとかです。そのくだり以降は…うーん、難しいよくわかんないバカでお恥ずかしいです。
でも、「8ミリ制作活動が続いていること」に「何か本質的なものが潜んでいる」らしいので、とにかく会場で探してみましょう。

開催期は12月16-17日、場所は東京・渋谷のシアターイメージフォーラム。11/11-13に京都Lumen Gallaryで行われた第2回サヴァイヴァル8の東京公演という位置づけのようですね。ワタシは12月17日の午後の第2部から参加しました。

会場の前には、8ミリ映画制作機材が展示されてます。撮る!編集する!上映する!の3ステップのご紹介。

フィルムは…シングル-8フィルムはフジクロームR25アフターレコーディングと、フジクロームRT200サウンド、フジクロームR25NとRT200N。スーパー8フィルムはエクタクロームVNFと、Plux-X、ダブル8のコダクロームⅡの7種類…

えー?なんか不思議。なぜ現行のフィルム商品がないのかな?
この7種類は全部、廃盤商品です。「8ミリフィルムは一般に終わったと思われてる」そのもののフィルムです。

なんで、現在も継続して製造されてカメラ店で販売されてるコダックのトライ-X、VISION3の50D/200T/500Tの4種類の製品や、レトロ通販やWittenerなどの専門店限定のサードパーティ製フィルムを並べなかったんだろう?

もしかして”サヴァイヴァル8”が考える「8ミリで生き抜く!」ことは、ゾンビ映画が描く世紀末のように、文明の遺物をほじくり返し漁ってなんとか生き延びていくことなのかしらん?そういうメッセージなのかな?「生き抜く!」は。

ますます分からなくなってきましたので作品を見ましょう。制作活動に本質があるというのですから。

「8ミリ生フィルムのすべて」奥山順市/14分/スーパー8・シングル8・ポラヴィジョン・ダブル8・ダブルランスーパー8/18・24FPS/サウンド(マグネ・光学)

「assemblage」中原千代子/2分/シングル8/18FPS/サウンド(CD)

「等価慣性介助ス」大橋勝/4分/シングル8/18FPS/サウンド(CD)

「刻【トキ】」小池照男/8分/シングル8/24FPS/サイレント

「ヴィンテージ・ミル」加藤到/6分/シングル8/18FPS/サウンド(マグネ1トラック)

「marginale」宮田靖子/3分/シングル8/18FPS/サウンド(マグネ1トラック)

「川赤児」德永彩加/3分/シングル8/18FPS/サウンド(CD)

「サヴァイヴァル5+3」芹沢洋一郎/7分/シングル8/18FPS/サウンド(CD)

「遭難」堀内孝寿/5分/シングル8/18FPS/サイレント

「ラングーン発」かわなかのぶひろ/8分/シングル8+スーパー8/18FPS/サウンド(CD)

「藍にゆく粒の声」黄木可也子/10分/シングル8/18FPS/サウンド(CD)

ここまでで約1時間みっちりですが楽しいです!8ミリの素材感を慈しんでる作品が目立ちます。そして、ベテランの何名かは「サヴァイヴァル」のネタ振りに沿った題材と表現を盛り込んでおられましたですね。
サウンド(CD)は、サウンドトラックからではなくてCD音源を併行して再生して簡易的なトーキー表現をするということでしょう。厳密なシンクロが求められるような作品はなかったようです。

力作にいささか疲労を覚えたところで中入りで作家のトークでありますね。左がMFMの代表の森下さんという方だそうです。右のブルーの石川亮さんは映写技師もつとめてます。映写機の頻繁な取り替えや回転数の調整だの、トリッキーな作品が多い作業でさぞかし疲れたことでありましょう。

トークの後1時間して第一部の上映ですから一旦バラしです。

第1部は、11作品で上映時間62分。

「再定義、反定義。」平田正孝/10分/スーパー8/18FPS/サウンド(CD)

「あし」早見紗也佳/3分/スーパー8/18FPS/サイレント

「Kodachrome 40 sound movie film」太田曜/6分/スーパー8/24FPS/サウンド(マグネ1トラック)

「香港」三谷悠華/7分/スーパー8/18FPS/サイレント

「春光呪詛」石川亮/5分/スーパー8/18FPS/サウンド(CD)

「かつぎめのいろこ」黄木優寿/3分/スーパー8/18FPS/サイレント

「三秒映画」山本宰/3分/シングル8/18・24FPS/サウンド(CD)

「цвет фильм【color film】」末岡一郎/6分/シングル8/18FPS/サウンド

「親しい鏡」岡田彩希子/3分/シングル8/18FPS/サイレント

「月末」森下明彦/9分/シングル8/18FPS/サウンド(CD・マグネ1トラック)

「clock-wise」川口肇/6分/シングル8/24FPS/サウンド(CD)

第一部と第二部にそれぞれ、客いじりをするタイプの作品が振り分けてあるのですね「三秒映画」が第一部ではソレ。…いやあ痛快。第二部では「8ミリ生フィルムのすべて」がソレ。…いやあ悪戯が過ぎますわよセンセ。

単なる趣味なんですけど、モノクロのざらざらした曖昧な映像を見て脳みそとシンクロをする瞬間があるとすごく得した気分になるのですが、今回も1本あって良かった。(たぶん「あし」だと思います)

「月末」も面白かったっすね。中古カメラに入ってたサウンドフィルムを現像せずに映写するという試みは、どんな風景が展開されてるのか想像する楽しみがありまっす。音から画を想像する…単なる宅録テープだとここまで脳みそ働かせませんしー。

第二部のように「サヴァイヴァル」のテーマを、正面から語りあげる作品はなかったですね。

やはり作品はとても面白かったっす。
でも、やっぱり、何が「サヴァイヴァル」なのかよくわかんない…

そもそも、サヴァイヴァル8は2014年からスタートしてます。その最初の段階の定義ってなんだったんだろう?

本記事、続きます。
→第1回サヴァイヴァル8について

 

掟破りの屋外映像インスタレーションレポート@武蔵野公園

(どなたか存じませんが、とてもステキな笑顔だったので掲載しましたご容赦下さい)

11月5-6日、「8ミリフィルム映像インスタレーションワークショップ」のはらっぱ祭り映像インスタレーションが行われましたのでレポートします。今年はわくわくの掟破りの展示が登場したようですよ!

このインスタレーションは、小金井地域のお祭りである、「武蔵野はらっぱ祭り」に合わせて、会場の外で併催されてます。


武蔵野はらっぱ祭り」ってアースカラーの服の姉さんが手芸品やヘルシーご飯を売ってるピースなイベントってイメージですね。舞台ではブルースロックとかフォークとか演奏してて、70年代に戻ったような気分になります。

さて、そんなピースでヘルシーなコミューンを横切って、山一つ越えたら森に紛れ込みます。すると木々の間にぼんやりと妖しい光が転々と現れます。

そうです、これが「映像インスタレーション」であります。

持ち寄った8ミリ16ミリ作品を映写機で上映する、このイベントの世話人は、太田 曜センセ。

ドイツにも16mmや8ミリの屋外上映会って確かありましたが、日本だとここぐらい、とても珍しい取り組みだそうですよ。

例年の11月の風物詩でありますが、今年は常識をぶっ飛ばす熱いネタがあったようです。

たとえば、奥山順市さんのフィルムパフォーマンス『歩くスクリーンと人力のカメラ映写機』

なんじゃこりゃ。大道芸か。「流しの実験映画屋でござい!」圧巻であります。いやー。生で見たいですね。

フィルムには映像は固定化されてますけど、イベントって生ものですもん。映画観るのも生の体験。

ワタシが行ったのは2日目の11月6日のみ。映写機はループ再生できるような仕掛けを施してあります。

ELMO SP Hi-DELUXEは、針金で上の方にリールを取り付けて、一旦映写機に通したフィルムの頭とおしりをつないであります。

これで、ぐるぐるとずーっと映写され続けるわけです。

そして、木の間に張られたスクリーンに思い思いの映像を投影するわけです。

ELMO 16-AAによる展示は、4面マルチの記録映画のようですね。

BELL & HOWELL FILMOSONIC 498による展示は、モノクロ映像でした。

FUJICASCOPE M30(M3?M35?)による展示は、立方体の枠に紙を貼った立体的なスクリーンに複数の映写機で面ごとに投影するというすごく手間のかかったしかけ。ワタシが見た時にはトラブル中だったようです。

花火の立体映写にご執心なのは阿部さん。今年はモノクロフィルムで撮って映写時にフィルタで色を付けた、初期の天然色映画のような仕掛けです。

勝手がわからないELMO ST-1200に苦労する阿部さん↑

阿部さんはELMO ST-1200のランプが暗いと反省されてました。

KODAKのスライド映写機による、モデルのお姉さんのお写真のスライド上映もありました。

たぶんELMO ST-800。頭上の葉っぱに投影しようと企んでますが、高くなると光量が足りず近すぎると画が小さくなるので困ってました。

撮影用の広角レンズアタッチメントを使ってトライしてましたが、フィルムトラブルで早々にリタイアされてました。

このように、現場あわせの仕掛けが多いので、うまく動かない物もいっぱいあるのですね。イベントの醍醐味です。

 

森の妖精が棲んでる小さなおうちの中を覗くと…アポロ月着陸船の映像が見られるというファンタジックな展示。

おうちは小鳥の木箱です。

のぞき込むときはこんなワクワクした気分になります。とてもイイ表情だったので目線入れずに掲載しちゃいます。(済みません!)

HOKUSHIN SC-210かな?16ミリフィルムを丸い提灯?紙風船に投影するしかけを構築中↓

↑準備に手こずってます。映写機はこちら↓

もっとたくさんの展示がありましたし、5日限定のものもあったようです。

イベントは生もので体験する物であります。例年、太田センセからは「レポートも良いけど出展しなよ」とお誘いかかります。

皆様は是非、足を運んでこの不思議な空間に入り込んでみて下さいまし。来年こそは是非。