「カメラ」カテゴリーアーカイブ

世にも奇妙なカメラ=フジカZS400で撮る!その1

img_3692 フジカシングル-8 ZS400は、数あるフィルムシネマカメラの中でも珍しい「光学同時録音」カメラです。
撮影しながら光学サウンドトラックを焼き込んでトーキー映画が作れるんです。
必要なモノはフィルムとカメラとマイクだけ。それだけで同時録音が出来るんです。
img_3693
しかし、そもそも販売台数が極端に少なかったから中古の流通がほとんど限りなくゼロ。幻のカメラなのであります。

そんな超レア機材をひょんな事で入手しました。そしてこの個体、なんと動きます。
結果から申しますと、大きな問題はありながらも「録音できました」。
2016年現在、トーキー映画を作ろうとするとかなりの手間がかかります。果たして解決手段になり得るか?実験レポートであります。
img_3694
Fujica Single-8 ZS400 (CVRシステム)

光学録音機構が生きてるのか?これが一番大事なポイントです。まず、普通のカメラとしては使えました。
img_3695

これ、ファインダ設計よくて目測式でピントの山分かります。4倍ズーム。TTL。オート露出とフルマニュアル可能。

img_3698

ZS400は内蔵露出計駆動用およびマニュアル露出調整用に水銀電池H-2Dが必要です。水銀電池がないと露出調整ダイヤルを回しても値は変化しないタイプなので電池必須です。

img_3715
H-2Dの代用電池は持ってないので、酸化銀電池SR43を二つ縦に積んで(直列)、適当な厚みのナットで高さをH-2Dに合わせて周りをセロテープで(よい子はビニールテープを使う)巻いて即席H-2Dのできあがり。
写真左はすでに使えなくなったH-2D。寸法あわせの見本で捨てずに残してあるの。水銀だから捨てちゃダメだし。

(※関東カメラサービス製の電圧調整するタイプのH-2D変換アダプタだと露出計は駆動しませんでした)

img_3699露出調整ダイヤル。ファインダの上にある。

img_3700撮影速度は18コマと24コマと1コマ。つまり、フジカシングル-8唯一の24コマサウンドカメラです!(笑)

24コマ秒設定時に、シングル-8ロゴが正位置に来るようになっとります

なぜならば、ZS400はCVRプレーヤーという業務用テレシネ映写機とのセット運用が前提だったからです。このテレシネ映写機の標準映写速度が24fps。(※18fps対応)故に、カメラも24コマ秒の撮影速度が基準になるのであります。

13091910_1212480698770000_9052996329571073983_n

13125028_1212480458770024_3851292339011690358_n玄光社『小型映画ハイテクニックシリーズ9 映像入門』より引用
[レベルメーターがあんまり振れない…]
やはり音声入力周りでトラブル。手持ちのマイクでレベルが振れるのはパソコンのマイク入力用に売られてたエレコムのアンプ内蔵マイク。こいつだけ。

main
単4電池2本で駆動するんですが幾らなんだってこれ抱えて表で撮影するのはちと気恥ずかしい。

13151798_1216932878324782_8941722983608928135_nいろいろ選んだ結果、SHURE SM58を至近距離で怒鳴ればなんとかレベルメーターが動き、モニタヘッドフォンにも音が戻ってくる、という感じ。

なんとド定番ダイナミックマイクに行き着くというこの迂回具合。

FUJICA Single-8 ZS400テスト撮影終了。
SHURE SM58をつないで大声でナレーションしてみた。
iPhoneをつないでAUX端子から音楽も録音してみた。
マイク入力は自動で音量調節される。
AUX入力は手動で音量調節が必要。説明書にはオート/マニュアルとも書いてあるけどこの辺はよく分からない。調節はフルに回しきってもレベルメーターは振り切れない。
フィルムは、説明書曰くモノクロはダメだそうなので、最終ロット一歩手前のフジクロームR25Nを使ってみた。
しばらくぶりにれとろさんに現像をお願いしてみよう。

デジタルスーパー8カメラの完成?

衝撃!CANON 1014XL-SとPENTAX Q10の合体で誕生した、奇跡のデジタルスーパー8カメラ(・・・って呼んでいいのかしら?)!大胆不敵かつチャレンジ精神にあふれまくった本機をご覧ください。
去る014年3月29日、東京8ミリシネ倶楽部の例会に持ち込まれた、改造カメラ名付けてデジタルスーパー8?のフルセットがこれ。
IMG_0611.jpg
ろが本体。前左がフィルム室のふた。綿棒。ズームボタンのふた。グリップ。
IMG_0614.jpg
CANON 1014XL-Sのグリップと内蔵をえぐり出してあります。
そしてフィルム室に、PENTAX Q10があります。
1500円程度で市販されている金属製のマウントアダプターで取り付けられています。
IMG_0613.jpg
実際に使うためには、このようにフィルム室のふたをはずし、ズームボタンのフタもはずさないといけません。ちゃんと画像が出ます。
ズームボタンのふたをはずすのはそこにレンズの絞りがあるからです。絞りは綿棒で動かします。
元々ついていたグリップの代わりに、三脚穴にねじこむ自作のグリップが用意されています。
IMG_0615.jpg
元々ついてるファインダは使えません。液晶モニタを見ながら撮影をするほかありません。f1.4の10倍ズームってとても高価になるでしょうけど、この改造だと何千円かで済んじゃいます。
光軸もあわせてあるので、ちゃんと撮れます。1014XL-Sは1978年発売ですからなんと35年ぐらい前のカメラですがちゃんと撮れますよ。

ただ、つまるところようするに、このカメラはデジカメより後ろの部分を切り取ってしまっても問題ない・・・んです。
レンズの性能以外は、気分の問題です。ですが、東京8ミリシネ倶楽部にはこういうことを大胆にやってのける、工作の達人がいっぱいいます。
ご興味ある方は、覗いてみてはいかがでしょうか。次回は6月を予定しているそうです。
※このデジタルカメラは、PENTAX Q10ではなく、一代前のPENTAX Qでありました。訂正してお詫びいたします。

ZC-1000&Pan Cinor レンズ

 

zc1000pan.jpg

東京8ミリシネ倶楽部のハチオさんによる改造ZC-1000。
BOLEXのRegular-8用のパン・シノールレンズをはずして、Cマウントを取り付けてFUJCA ZC-1000に装着してます。無限遠はなんとなく(むりやり?)合ったとのことでさっそく撮影した映像を見せていただきました。

イメージサークルはレギュラー8サイズの設計なのでシングル-8では広角側ではケラレが出ます。また古いレンズなのでフレアが盛大に出ます。

よーするに、とってもレトロな雰囲気モノ。解像度とかそういう話ではなくて。
きっとモノクロフィルムでレトロな風景なんか撮るとしっくり!くるのでしょう。

東京8ミリシネ倶楽部の例会は2ヶ月にいっぺん、大鳥居駅そばの会場で行われています。

 

シングル-8フィルム出荷終了まであと1ヶ月半。

LomoKino続報

かなりびっくりした35mmムービーカメラ、LomoKinoですが、驚いたのはワタクシだけではなく各所で驚きを持って迎えられているようです。

はらっぱ祭りの映像インスタレーションの会場でも、たかだか2日前に発売された「LomoKino」をすでに持ち込んで撮影済みだったりと注目の的であります。

キヤノンC300とほぼ同時期に発表されてると言うのがまた楽しいです。

さて、ネット通販では売り切れも出てるLomoKino、早速現物をさわりに、渋谷のロモグラフィの直営店に行ってきました。

lomography.jpg

こちらのお店では、店頭在庫はあるようでした。

カメラをいじらせてもらって分かったことは、クランク一回転が二コマ撮影になるようだということ。

また、フィルムの送りにムラがあるようで、コマの切れ目が少しばらつきが見られました。
手回しのビュアーは、中に入っていた試写用のフィルムのパーフォレーションがすでに切れてしまっていて(お客さんが手荒く扱ったのでしょう)、うまく見られなかったのでまた次の機会に見てみましょう。

店員さんに聞くと、現像は約1週間。テレシネ・・・と言うべきか、スキャンデータをお願いしても同じ日数とのこと。現像は何でもやりますよーとおっしゃってました。ちょっと意地悪して「モノクロのリバーサルもお願いできます?」と聞いたらそれはNGとの事。

雨模様で大きい箱なので、購入は一旦見送り。また来ましょう。

 

35mmフィルムの手回しムービーカメラ「LomoKino」

 

lomokino.jpg

トイカメラのメーカー、ロモグラフィーから35mmフィルムの手回しムービーカメラ「LomoKino」&手回しビュアー(簡易映写機)「LomoKinoScope」が登場。

36枚撮りのスチル用リバーサルフィルムを使って、144コマの連続した映像が撮れるというものであります。

同社のサイトを見る限り、35mmフィルムの約2パーフォレーションが一コマの縦幅という、超ワイド画面仕様なので、通常の35mm映写機ではそのままでは上映できないのではないかと思いますので、上記の手回しビュアーが必要になってくると思います。
(そもそも、16mmはともかく35mm映写機を持ってる人は相当限られてくるかと・・・)

また、推奨してるのは全144コマ→5fpsで30秒上映とずいぶんと割り切った規格。フィルム現像とテレシネは同社がサービスを用意するとのこと。

学研の『大人の科学マガジン』ではプラスチックのトイカメラが何回かふろくで付いてきたことがありますが、そのムービーカメラ版、というべきでありましょうか。フィルムが物体であるということにとってもこだわったおもろいものであります。

定価はカメラだけが7,900円で、手回しビュアー付きが9,800円。

詳しくはこちらのサイトで。

ロモグラフィー(製品ページ)
http://microsites.lomography.jp/lomokino/

インターバルタイマーを作る

シングル-8カメラでは一台も搭載されてない機能、それがインターバルタイマー。

インターバル撮影は、インターバルをあけて撮影することです。

ものすごいスピードで夜が明けたり、交差点の車があっという間に駆け抜ける映像。あれは通常の1秒18コマや24コマではなく、1秒に一コマとか、1分に一コマとかまばらに撮影して作ります。インターバルタイマーはそれを自動でやるタイマーです。

カメラに機能が無くても、一コマ撮りがカメラのリモートコントロール端子経由で可能な機種ならば、外部にタイマーをつなげばカンタンに実現できます。

8ミリカメラ用に販売されていたタイマーもありますが結構レア物件なくせに低機能なので、この際タイマーを作ってみましょう。

[インターバル撮影出来るシングル-8カメラは3機種しかない]

スーパー8ではタイマー内蔵機種はごろごろしてますし、外部タイマーを接続してインターバルで撮れるカメラもいくらでもありますが、シングル-8カメラではたった3機種しかありません。

 

フジカ ZC-1000(旧型もNEWもOK)
フジカ Z850 (Z800やZM800は不可)
フジカ ZX550(ZX500やZXM500は不可)

 

[電子工作のエレキット「リレー付き間欠タイマー」を買う]

amazonや秋葉原の電子部品屋さん、ホームセンターなどでもよく売ってる電子工作キット「エレキット」リレー付き間欠タイマー(PS-3041)を用意します。
これだけでは動かないので、追加で下記の部品を用意します。

006P(9V角形電池)1個
006P用電池スナップ 1個
ケース 1個
2.5mm径モノラルケーブル 1本

組み立てにははんだ付けの道具が必須です。
エレキットの説明書は大変詳しいので、それに沿って作ればOKです。

 

timer01.jpg

ただ、キットだとACアダプター電源を採るようになっていて屋外撮影には使えませんので、006P(9V角形電池)電池が使えるようにします。

電池スナップ(バッテリースナップ)の結線はこちら。

timer04.jpg

さらにひと工夫。キットの1MΩの半固定抵抗を、1MΩの可変抵抗に取り替えます。半固定抵抗だとシャッター間隔調整が面倒なので。

timer03.jpg

キットではOFF時間(VR1側)とON時間(VR2側)が調整できますが、シングル-8カメラではON時間の調整は意味がないので、左に回しきって最短時間にしておきましょう。(nizoだと使い道がありましてムフフ・・・)

ケースはtakachiの高さ28mmの奴ですが、部品がぶつかるので35mmがイイと思います。素材が柔らかいので穴開けはカンタン。ON/OFFスイッチの溝はペンチでむしり取っただけ!ひどいやっつけ仕事です。

timer05case.jpg

ケースに無理矢理入れてはい、できあがり。なんて不格好!可変抵抗がでかすぎたので薄いケースで位置が・・・まあ使えればOK

timer02.jpg

ZX550につないで、かしゃかしゃかしゃ・・・OK!さて、撮りに行きましょう!

timer_zx550.jpg

あ、「時代遅れのおかしなのが好き」さんがすでにこしらえてるではないですか!
詳しくはこちらをご参照下され。
http://8mmst.blog20.fc2.com/

ニコンR8露出計用電池の悩み

露出計用の水銀電池の代用品はいろいろありますので、恐れることなし!なのですが、ニコンR8でひとつだけ分からない事がある。
それは、「R8の新型と旧型では、空気亜鉛電池が使える/使えないの差がある」こと。
これはなぜ?個体差?新旧で構造が違う?ニコンR8ユーザーの皆様、情報頂ければ幸いです。

nikonr8oldnew.jpg

内蔵露出計用の水銀電池の代替品の検証を折を見てやってまして、
「カメラの露出計の劣化状況の方が大問題で、壊れてないちゃんと動くカメラ個体であれば神経質にならずに代替用電池で対応してみよう」という結論を得てます。(そしてこのニコンR8は、
VARTAのアルカリボタン電池V625U
関東カメラサービスの水銀電池アダプターのどちらかを使えば問題はありません)

ひとつだけ例外があり、ワタシのニコンR8だけは、水銀電池MR9(H-D互換)の代替品としてリリースされている、空気亜鉛電池WeincellMRB625(米WEIN PRODUCTS社製)だとメーターの針がさっぱり動かないのであります。

wein_mrb625.jpg

ところが、最近入手したニコンR8の改良型…新型と言いますか、こちらではちゃんと使えるのであります。

ニコンR8と旧型と新型とは
カメラにとどまらず機械製品は同じ型番でも部品変更、部分改良と、時期によって微妙な差があります。
当方が旧型新型と称してるのは、露出計用電池周りが一見して違う点を指してます。写真参照して下さい。

左が旧型。右が新型。
nikonr8oldnew02.jpg

旧型は露出計用電池室のふたがつるんとしてますが、

nikonr8old.jpg

 

新型は縦の溝が刻んであり10円玉などで開け閉めしやすくなってます。
nikonr8new.jpg

さらに、電池室の接点も異なり、上記二点の写真でもわかるように、旧型は接点金具が細いですが、新型は角形で大きなモノが採用されています。

繰り返しですが、旧型ニコンR8ではMRB625電池ではメーターがほとんど振れず、新型では、他の露出計用代替電池と似たように使える、のであります。

見た目でこれだけ違いますけど、さらに回路とかも違うのか?
どうもこれが分からない。

どなたか、旧型のニコンR8で空気亜鉛電池がうまく使えている方、いらっしゃいませんでしょうか?

念のためですが、ワタシは露出計用電池には4種類使用してます。

exposurebattery4type.jpg

 

exposurebattery4type_side.jpg

右から、

Wein Cell MRB625
酸化銀電池SR43と、関東カメラサービス製のMR-9アダプター
VALTA製のアルカリ電池v625u(p625u、LR9)

一番左が、正真正銘本物の水銀電池MR9(H-D)

左から三つ目までは使えるのであります。
ただ、アルカリ電池と水銀電池の電圧の違いは、ニコンR8の露出補正ダイヤルで調整可能なので、酸化銀電池だろうがアルカリ電池だろうが対応可能なので形状の調整以外必要はないのですが、どうもあやふやだと気分が悪いモノでありまして…

この辺り、クリアに解明できる方、お知恵拝借是非ともお願い致します。

 

ELMO C-200/300用水銀電池の代替は?

 

Elmo_C300_0010.JPG

先日の、東京8ミリシネ倶楽部の8ミリ機材フリーマーケットに来ていた、レトロ通販の神山氏からの質問。

「エルモC-200やC-300の露出計用の水銀電池の代替物って何?」

エルモC-200やC-300の使用説明書には「水銀電池(3.9V)」と書かれてるだけですが、具体的には、

H-3D / 3MR9
PX25 / V25PX / RPX25 / A25PX / EPX25

こんな型番で発売されていた電池です。

H-3Dや3MR9という型番からおおよそ予測は付くと思いますが、これらは単にH-D型水銀電池(=MR9型水銀電池)が三つ直列につながってるだけです。

 

したがって電圧は1.3V~1.35V×3=3.9~4.05Vの電池なのです。

H-D(MR9)のカタチをしたアルカリ電池が、代替品として海外ではリリースされているので、これを三つつないだH-3D(3MR9)の代替電池もリリースされています。
たとえば、「small battery company」では、

http://www.smallbattery.company.org.uk/sbc_a25px.htm

こんなのがリリースされています。

当然、これはアルカリ電池ですので、使い始めの電圧は1.5V以上あるので、三つ直列にすれば4.5Vぐらいの電圧になります。

おそらくこのままでは電圧オーバーで、露出計の針も絞り過ぎ傾向になると思います。

ではどうするか。

 

エクタクローム100D完全対応のスーパー8カメラいろいろ1

サイト『8ミリ宣言』のオオノ隊員さんのご厚意を頂き、今年になって従来のエクタクローム64Tフィルムに
入れ替わりに登場した新商品、エクタクローム100Dに対応するカメラを列挙してみます。

完全対応してるカメラ…つまり、フィルムカートリッジを入れたらそれでOK!というカメラは…

■キヤノン
CANON_518SV_IMG_0001.JPG
518SV

Canon_814_0001.JPGのサムネール画像
814オートズーム

814エレクトロニク

814XL-S

1014エレクトロニク

107-0762_IMG.JPG
1014XL-S

310XL(但し、AF310XLとAF310XL-Sは非対応)

IMG_0007.JPG
514XL

AF514XL-S

これらは完全に確認済み。
おそらく、初代518、514XL-S、318Mなども対応してると思われますが、
実機がないので未確認です。

なんと言ってもうれしいのは、64Tと比べて数が増えていること。
それも310XLや514XLの様な小型機種が対応しているのが、とても利便性をあげてると
思います。

■ニコン
スーパーズーム 8

NIKON_8X_IMG_0002.JPG
スーパーズーム 8X

nikonr8_01.JPG
スーパーズーム R8

スーパーズーム R10
…要するに、ニコンのスーパー8カメラ全機種です!

他の国産メーカーについては追ってご報告しますが、
ごく乱暴に言ってしまえば、

エクタクローム100Dは、キヤノンとニコンで撮ろう!

ざっくりこんな考え方でいいかなと思ってます。