「映画」カテゴリーアーカイブ

七里圭が二度と撮らない映画『眠り姫』とエクタクローム160A

nemurihime.jpg
七里圭監督が、2005年に山本直樹のマンガを原作に採った短編『眠り姫』
この短編が新たに長編作品として生まれ変わって、渋谷・ユーロスペースのレイトショーで公開中です。

先日見て参りました。試写会場でいただいたたくさんのプレス資料には、秋から冬にかけての七里さんの新作やら旧作再映やらの情報がいっぱい。お忙しいようです。
その中で、もっとも気になったのは以下の一節。

「こんなねじけた映画を、二度と撮る気にはならないでしょう」

七里さんが自作を称した言葉です。ねじけ?ねじけって?
言葉は知ってますがねじけ・・・なんだろう。

ただ、私にはこの映画すごく変わっていると感じられました。
この映画、人が被写体でないのです。ほとんど人が登場しません。
それでも人間ドラマが展開していきます。
ホントふしぎだなあと感じます。
ですがその不思議な気持ちは、こんなあんまり例のない手法を採った映画に対して、すーっとなじんでいく自分に向かっています。

なんでこんなにすーっと見られるのだろう。しれっとしたユーモアがそこここに見え隠れする、この雰囲気でしょうか。それとも、猛烈な既視感のあるショットがちりばめられているからでしょうか。

二度と撮る気にならないでしょう、と理由は最後までわかりませんでした。
ですが、この感じ他では味わえないものです。

[エクタクローム]

 実は七里さんからいただいた試写状には、すごくそそられる手書きメッセージがあったのです。

それは、「十数年前のエクタクロームを使っています」

エクタクローム!
この場合、エクタクローム160 TYPE Aと言う今は亡きスーパー8用フィルムのことです。

 90年代頭、このフィルムの販売終了がコダックから報じられました。
すると、当時の8mmユーザーの間に波紋が生じました。そして、このフィルムが無くなることによって生じた数々の問題を扱う運動がスタートしました。
 その旗振りをしていたのがイメージフォーラム。そしてその運動のお手伝いをし始めたうちの一人に、当時早稲田大学シネマ研究会にいた大学生・七里圭さんがいました。

 当時七里圭といえば、高校生の時、1985年PFF(ぴあフィルムフェスティバル)に『時を駆ける症状』をひっさげて現れ、一躍注目されたあの男と言う感じでした。

 単に運動のお手伝いをしていただけならば別にどうということはありません。いろいろな事が起きたのです。
 それ故に、エクタクローム160Aと言うフィルムと七里圭との間には、他の8mmフィルムとは全然違う意味合いがあるのです。

 そんなわけで、わざわざ試写状に書かれた「エクタクロームを使ってます」

 その映像と使い具合、16年の年月を経たフィルムがどうなってるのか、
 16年の眠り姫を呼び覚ますのはなぜ?
 
 ご興味のある方はご覧ください。

12月14日まで渋谷・ユーロスペースのレイトショーで公開中です

監督・脚本・撮影 : 七里圭
原作 : 山本直樹
声の出演 : つぐみ 、 西島秀俊 、 山本浩司 、 大友三郎 、 園部貴一

ホームムービーの日in世田谷

homemov.jpg

8月11日は世界的に「ホームムービーの日」ということでして、三軒茶屋の太子堂区民センターに到着。
会議室には20人程のお客様。

主催は「映像保存再生の会」。
世田谷区とその周辺の映像記録保存を行うNPOだとのことです。

残り一時間足らずだったので、プログラム終盤の『学校火災』『父と娘』『森の中の同窓会』『盂蘭盆』の4作のみ観覧。

最後の最後で写真家の師岡宏次の息子さんという方が飛び入り参加。
東京の街を撮り続けた写真家、そして雑誌『小型映画』の記事、8mmのHOWTO本の執筆者としても知られる小型映画作家でもある師岡氏。その師岡氏が子供や家族を撮り続けたホームムービーのさわりを上映。

途中、ビデオプロジェクターとの入れかえなどでどたばたしたところもありましたが、無事終了。

公開中映画「世界はときどき美しい」と「ポリス インサイドアウト」は8mm撮影作品

今、8mmフィルムで撮影された劇場用映画が公開中です。それも2本も。

一本は、『世界はときどき美しい』(御法川修監督作品)。
昨年11月のフィルム文化を存続させる会のレポートでもちらっと触れましたが、撮影監督の方が見せてくれた短いフッテージは、とてもはかなくそれでいてみずみずしさにあふれた大変に美しい映像でした。
ほとんどすべての既存8mmフィルム製品を使ったとの事でしたので、8mmフィルム映像の可能性のサンプルとしても見ることができるのではないでしょうか。

東京・渋谷ユーロスペースで公開中。4月7日から名古屋シネマスコーレで公開。
公式サイト:http://www.sekaihatokidoki.com/

もう一本は、『ポリス インサイドアウト』。
これは、ロックバンド・ポリスのメンバーであるスチュアート・コープランドが取りためた膨大なスーパー8フィルムを編集構成した作品です。(qumanos様ありがとうございました)

公式サイト:http://thepolice.jp/indexp.html

両作品とも、もちろん8mmフィルムだけでは成立せずにいっぺんHDにテレシネした上で加工をしてるとのことでした。

8mmは最新の技術と組み合わさる事により、これらの作品のように新しいアプローチを見せてくれています。

オムニバス映画『over8』アンコール上映のおしらせ

1/27-2/16の一ヶ月間、東京下北沢のシネマアートン下北沢で公開されていたプログラム『over8』のアンコール上映が決定したとご連絡を頂きました。

近未来の物語を、8mmフィルムで撮影してデジタルで仕上げることが条件。9人の監督によって制作されたオムニバス映画『over8』。

ゲストのトークイベントも行われるそうです。

以下、ご案内頂いた内容の転載です。
—————————————————-
■『over8』アンコール公開情報
公式サイト
http://www.over8.com/

日時:07年3月16日から30日の2週間(連日20時半より)
場所:シネマアートン下北沢
http://www.cinekita.co.jp/

■『over8』トークイベントゲスト(上映後22時から)
19日(月):石井聰亙さん(映画監督)
22日(木):瀬々敬久さん(映画監督)
25日(日):福居ショウジンさん(映画監督)
29日(木):黒沢清さん(映画監督)

☆イベントやゲストはまだ増える可能性があります。また、急遽変更の場合もあります。
———————————————-

こま撮りアニメーション こまねこのチラシ

こま撮りをするネコの映画『こまねこ』が公開中、と数日前に書きました。

んで、これは短編映画を公開してた頃に、渋谷シネマライズで配ってたチラシ。
知り合いが持ってたので借りて撮影してみました。 


koma01.jpg

 こまねこのこまちゃんは、女の子です。手にしてる人形が、彼女がこしらえる人形アニメのキャストです。


koma02.jpg

ほら、とってもシングル-8のZ600とかZ700とかZ800とかの雰囲気でしょ?
映写機はフジカスコープM30風でした。

そういえば、日曜日に放送のTBS系『世界ウルルン滞在記』という番組、先日の12/17オンエアは、
大人計画の阿部サダヲがチェコに行って、人形アニメの修行をするというネタでございましたね。

 

こま撮りをするねこの映画『こまねこ』公開中

こま撮りをして映画をこしらえる、かわいいねこを描いた映画『こま撮りえいが こまねこ』は、
12月9日より渋谷シネマライズ他全国順次公開予定。

 以前から、渋谷シネマライズで作品上映の前に前座風にかかっていましたので、ごらんになった方はいらっしゃるかと思います。あのオレンジ色のねこがこまねこです。

 こまねこは、こま撮りして作られてますけど、こまねこ本人もこま撮りします。映画公開の前に、ストリーミングで観られるこまねこの第一話「こま撮りするねこ」を観ておくとよろしいかも。

「こまねこ はじめのいっぽ」

 タイトル通り、こまねこが最初に撮影用のぬいぐるみをミシンを使ってコトコトとこしらえるところから、この短編映画ははじまります。
 カメラがとってもシングル8ぽい感じです。Z600とかZ700とかZ800とかそんな感じです。グリップないですけど。
 
 これらの短編を踏まえて、長編の『こま撮りえいが こまねこ』が生まれた、と言うながれになります。
その長編えいが版にも「カメラのれんしゅう」というエピソードがあります。これは、こまねこが撮影中にオバケが出てくるというお話のようです。やっぱり登場するのはとってもシングル-8ぽいカメラ。

 NHKは「プチプチアニメ」と題して国内外問わず、人形アニメ作品をいろいろと放映してますが、その中の「カペリート」というシリーズ作品でも8mmカメラが登場します。

NHKプチプチアニメ
http://www3.nhk.or.jp/anime/petit/

カペリートのフランスのサイト
http://www.cndp.fr/tice/alantenne/capelito/capelito.htm

 カペリートが撮影中にいろんなトラブルにあうみたいなスジだったかしら。お話は覚えてませんけど、カメラはよく覚えてます。もう、誰が観てもすぐわかる独特の形状。あれは間違いなくBAUERの8mmカメラ。
高級カメラのバウアー。森のきのこカペリートは、お金持ちだったようです。

『こまねこ』も『カペリート』も、映画をこしらえる楽しみとかうれしさみたいなのが、画面にしっかり現れている作品です。
今まで8mmで映画をこしえらえることなんか、全然知らなかった人やお子さんにも、楽しく興味を持ってもらえる作品なんだと思いました。

 

Nomos Super-8 Award 2006はゆかいなので見よう!

またまたドイツネタ。Nomos Super-8 Award という映画祭がございます。5分以内のショートストーリーで、”Super-8 Still Alive!”(スーパー8はまだぴんぴんしてるぜ)ことを表すものあればOKという審査基準。

主催は嘘つきユルゲンが雇われ編集長をやってるschmalfilm誌(英語版だとsmall format誌)の出版社であるSchiele & Schön。
協賛にコダック、Beaulieu Cine-Filmclub InternationalWittner Kinotechnikなどが入ってます。

この映画祭の規模はわからないのですけど、今年は46本のエントリーがあったそうな。
んで、この映像がネットで見られるのです。

http://www.mydiged.de/tick8/tick8.php?

まずはクリックしてみてくださいませ。現れたウィンドウの右側に並んでる文字列がノミネート作品のタイトルになってますので、適当にぽちぽち押して見てみてくださいませ。真ん中の画面に、映像が流れ出します。

出品された46本の作品のジャンルはものの見事にバラバラ。切り紙アニメやらドラマやらコメディやら人形アニメやらなんだか全然統一性ありません。

でも不思議なことに、こんなてんでバラバラな作品群なのに、見ていると同じような気持ちがわき上がってくるのです。
それは、どれもこれも楽しんでこしらえているのが、手に取るように伝わって来ると言うこと。
正直言って技術とかそういうのはこの際度外視。そんなことよりもこれらの作品の本質はどれもがはじめて8mmカメラをいじったときのワクワク感みたいなのにあふれている、と言うこと。

これが実にきもちがいいものです。ホームムービーの醍醐味ってこういうものですよね。
そして、見ていただければすぐにわかりますが、もうひとつ。
ちっこい画面なのですが非常に丁寧にテレシネしてあり、しかもエンコードも丁寧。
ネットのストリーミングという悪条件の中で、できる限り8mmフィルムの質感を伝えようとした努力が感じられるサイトになっています。これはちと見習いたいところです。

あたくしが個人的に気になったのは、”Django im Supermarkt”と言う作品。
タイトルでまずひっかかりましたけど、再生始めたらロゴマークが「放射線状の光が画面中央を中心にクルクルと回る」そしてその中心には「なぜか三角マーク」が。

・・・東宝と東映のロゴマーク?まさかだよね?

そして、映像が始まりますとかわいらしい少年が何人か登場。んで、場面はスーパーマーケットに替わり、レジの向こうの入り口から現れたのは・・・テンガロンハットの少年。
あああ、やっぱり。

これ、『皆殺しのジャンゴ』のジャンゴ(Django)なんだ。

あとは、少年たちで店内でマカロニウエスタンごっこ。バナナを銃に見立て銃撃戦とか、ほほえましい限り。

あたくしがウルトラマンごっこの8mmをずーっと昔にこしらえたのと同じだなあ。

というわけで、なんか和んじゃう上に8mmの元々のたのしさをちゃんと提供してくれているサイトでございますので、ちと元気が足りない方は覗いてみるとよろしいかと。

フィルム文化の会シンポねた『世界はときどき美しい』は全編8mm撮影で美しい!

フィルム文化を存続させる会シンポジウムネタ
『世界はときどき美しい』は全編8mm撮影でめちゃくちゃ美しい!

http://www.701-creative.com/tokidoki/

この映画は、全編8mm撮影。
フィルム文化を存続させる会で、ちらっとさわりだけを上映したのですが・・・

いやー、びっくり。

シンポジウムに来られていた撮影監督の芦澤明子さんの言葉に依れば、、
御法川監督の企画にこれは8mmで撮った方がいいと勧めたのはご自身だったそうです。

フィルムは、フジクロームR25Nから、エクタクローム64T(現場ではエクタクローム、とかいわれてませんでしたので、VNFの可能性もあります)、モノクロフィルム、光量の足りないシチュエーションではVISION2を、と言うことで7種類の8mmフィルムをシチュエーションに応じて使用している、とのこと。全部で7種類のフィルムが同居する劇場用映画!前代未聞ですよ。

 見せていただいたのは、ほんのちょっと。青々とした植物の葉っぱをとらえた数ショット。

「これが富士の緑なんです。コダック(エクタクローム)では、また違います」と、芦澤さんの言葉。

 これはフジクロームR25だとよ言われて、ひっくり返るような色の鮮烈さ。そして「手に取ると壊れそうな美しさを表現するために使った」と言われたその画全体が持つ質感が目の玉に訴えてくるもの。

 撮影後にもちろん加工はしているわけですが、逆に言えば加工に耐えるわけです。フィルムで撮影されたものをデジタルで加工した結果、両者のいいとこ取りになっている。よく言われる言い方で言えば、1+1が3と言うか・・・なんか別なイイものを生んでる感じ。

 それは今の時代だから出来る、技術の架け橋ですねえ。

 会場から、8mm用のフィルムスキャナーが欲しい、と言った声がありました。連番の静止画ファイルで吐き出せるようなものが、と。
 技術的には何のハードルもないですよね。手製の機械で、AKIOさんも似たようなことをずっと研究してますし。
 デジタルで加工できる場にフィルムを置くというのは、1+1が3になること以外にも、きっと両者の短所を補完しあうこともあるのだと思うのです。ホラ、単純な話でフィルムの編集とか録音の事とかもね。

 うーん、コレ見ちゃうと、「あー、シングル8死んじゃうのはもったいない!」とホントに思います。
 あーもったいない。もったいない。シングル8もったいないおばけが出ます。 

 誰にでも分かる、美しさとはかなさを持ったこの映像を、あたくしは見ます。そして、是非メーカーさんにも目にして欲しいなあと思う限りでございます。

もらったチラシの上映会の日時とか全部書いてみる1

上映会とかイベントでもらったチラシで、どこかに「8mm」とか「8ミリ」とか書いてあったら、連絡先を書いてみることにしました。なんかの役に立つでしょう、きっと。

おまけにチラシ見た感想を書いてみます。まるっきりとんちんかんでしたらコメントで注釈いただければ幸いです。



川口肇映像古典【人造の時間】

日時:2006年12月16日(土)
場所:スペースneo

プログラムA “粒子の眼底” 15:00-16:30
プログラムB “人造の時間” 16:45-18:15
プログラムC “自走する言葉” 18:45-20:20

各プログラムには、それぞれ下記のような一文が添えてありました。

・粒子/ノイズ/プロジェクション、機械の生理。
・自動生成される「現実」の模造品
・語ることによって変質する「物語」、そして「現実」

サイトの説明に寄りますと、長時間露光(スローシャッター)で8ミリフィルムに光を描いたり、再撮影することによって映像の粒子を氾濫させたりと言う技術を使った映像のようです。”電子ノイズに埋もれたビデオ”とありますので、ビデオ映像もあるのだと思います。

詳しくはこちらのサイトをご参照あれ。

川口肇映像個展【人造の時間】


アンダーグラウンド・フィルムの金鉱

場所:大阪 プラネット+1
日時:12/2 12/3 12/4


作家でたどる70年代/80年代?映像のモダン/ポストモダン
中村雅信・中島崇・居田伊佐雄の三作家の60年代末から最近までの作品を上映・紹介。ちらしの裏に並んでる作品の説明を読むかぎりではとてもおもしろそうです。
場所は東京は・・・は終わっちゃったので、大阪プラネット+1。
主催は上記の映画館に加えてイメージリングス。というわけで、URLはイメージリングスにしておきました。

イメージリングス
http://www.imagerings.jp


neoneo座のチラシも入ってました。

12/13の「短編調査団」は地下鉄ネタ。当方鉄道マニアの気はまったくありませんけど、地下鉄って魅力的ですよね。これはどんな感じなんだろう。

記録映画と言うか、ニュース映像は以前仕事で山ほど見たことがあります。

http://www.neoneoza.com


PERSONAL FOCUS 2007

3分間8ミリフィルムフェスティバル Vol.20

パーソナルフォーカス2007 応募作品募集

福岡のフィルム・メーカーズ・フィールドが1978年からずっと行っているイベントのひとつ。3分間または50フィートの8ミリ作品を無審査で上映するものです。

連絡先は、メールか個人宛だけみたいなのですが書いていいのかな。チラシもらった人だけにとか絞ってある可能性もありますね。


小金井市公民館本館主催 市民映画

小金井を8ミリ映画にしてみよう!


だけどどうやって?興味引かれますね。
アナログの手触りを楽しみながら、小金井の風景を8ミリ映画にしてみませんか?という市民講座のひとつだそうですよ。
小金井には友達もいたし、知らぬ場所ではございませぬ。楽しそうです。

第一回(1/13) 「8ミリ映画を観てみよう!」
第二回(1/27) 「8ミリカメラで撮影しよう!」
第三回(2/3)  「撮影した8ミリを現像してみよう!」
第四回(2/10) 「できあがった8ミリ映画を観てみよう!」

で、講師になるのが太田曜さんと水由章さんのお二人。
フィルム文化を存続させる会」でもご活躍のお二人でございます。

URLは書いてませんけど、連絡先が公民館なので書いていいでしょう。

主催・申し込み:小金井市公民館本館 市民講座係
TEL:042-383-1184
FAX:042-387-1226
応募締め切り:1/10

家で眠っている8ミリ機材やフィルムがあれば講座で使用させてください、とあります。

 


Makino Takashi Film Exhibition Vol.5

with Yamauchi Katsura


牧野貴さんという方の、上映会のチラシもいただきました。

おー、音楽担当のうちのひとりがジム・オルークだ。びっくり。今、日本にいるのですねえ。ソニック・ユースしか知らないあたくしにゃそんなこと書く資格ないかも。
前衛的な音楽家って日本好きなのですかね?前、ジョン・ゾーンも高円寺だかに住んでましたよね。ジョン・ゾーンはSM映画好きとのことでしたが、8ミリはどうだったんだろう?暴力的な8ミリ映像は、もしかしたらもしかして、しっくりくるかも知れません、でございます。

立ち返って牧野貴さん。プロフィールを読んだら、ブラザース・クエイに音楽と照明を教わる、とあります。
いやー、ますますわからなくなってきた!?どんな人なんだこの方は。

企画構成は牧野貴さんと、UPLINKの鎌田英嗣さん。
あー、ようやっと存じ上げている方が。ほっとしました。カマダさんその節は大変お世話になりました。また何かやらせてくださいな。

チラシの表側はなんか光が漏れてにじんでいる写真。きっと、きれいな光がいっぱいあるのでしょう。きもちいいかも。

勝手に思いつくこと書き殴ってみました。ここまで書くなよオレ。

牧野貴さんのサイトはこちらのようです。
Makino Takashi Web Site