「エクタクローム100D」タグアーカイブ

8ミリフィルムの今後について/エクタクローム100D生産終了

大晦日にヨドバシカメラで買ったエクタクローム100D。これが店頭で買ったエクタ100Dの最後になりました。エクタクローム100Dは2012年12月12日、すべてのフォーマットに於いて製造終了となったからです。コダック純正のカラーリバーサルムービーフィルムは長い歴史をここで終えました。では、8ミリでの映画制作は出来ないのか?検証して参りましょう。

e100d0101.jpg

こちらが、コダックのプレスリリース。http://wwwjp.kodak.com/JP/plugins/acrobat/ja/corp/news/2012/201212.pdf

プレスリリースですので全文転載問題ないでしょう。

Entertainment Imaging
2012年12月
お客様各位
謹啓 貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は弊社製品につきまして、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、米国イーストマン・コダック社(以下、コダック)は、本日12月12日、映画用フィルム製品『コダック エクタクローム 100D カラー リバーサル フィルム 5285 / 7285』の製造終了を発表しました。該当製品の世界的な需要量の減少、限定的な購買層に加え、非常に複雑な製品の組成や製造工程を考慮致しました結果、映画用製品のお客様に対いて、このカラー リバーサル フィルムを供給し続けることは極めて困難であるとの結論に至りました。
現在の販売状況から、『コダック エクタクローム 100D カラー リバーサル フィルム 5285 / 7285』は今後3~4ヶ月間は供給が可能と予測されますが、需要が急増した場合は予測より早く販売が終了する可能性がございます。製品をお求めの全てのお客様に公平に販売を行えるよう調整を行いますので、状況によっては販売数量を制限させていただく場合がございます。
本製品の製造終了は、他のコダック映画用製品にはいかなる影響も及ぼしません。
本製造中止のもうひとつの背景といたしまして、お客様の購買動向が、ここ数年、カラー リバーサル フィルムからカラー ネガ フィルムに移行している傾向にあることが挙げられます。その動向を考慮し、コダックはより継続性のある製品として、カラーネガのVISION3ファミリーへの注力を行います。なお、リバーサルフィルム製品をご使用されたいお客様には、『コダック トライ-X 白黒 リバーサル フィルム7266』を従来通り供給させて頂きます。
コダックは、スーパー8 フォーマットとコダック フィルムが生み出す独特のルックの提供に、今後も尽力してまいる所存です。コダックは『コダック VISION3 50D カラー ネガティブ フィルム7203』を新たにスーパー8フォーマットで発売いたします。VISION3 50Dは、16mm及び35mmフォーマットで2011年よりご愛顧頂いておりますが、2013年初頭よりこの超微粒子で優れた彩度のフィルムがスーパー8でもご利用頂けるようになります。
また、コダックは映画用フィルムへの開発投資を継続しており、9月以降すでに二つのアセット プロテクション(映像資産保護)用途の新製品を発表し、コンテンツの保有者が経済的にクリエイティブな資産を保護できる選択肢を市場に導入しております。コダックは、今後も引き続き、映画用フィルム製品をご利用いただいておりますお客様に、創造性と柔軟性をもたらす映像ツールをお届けしてまいります。
これまでエクタクロームをご愛顧下さいましたお客様には厚く御礼申し上げますとともに、事情ご賢察の上、何卒宜しくご理解下さいますようお願い申し上げます。
謹白
コダック株式会社
エンタテインメント イメージング事業部

 

[国内のエクタクローム100D在庫状況]
コダックは3~4ヶ月程度は在庫があると踏んでいましたが、コダックにも在庫はすでにありませんし、2013年1月中には東京都内の大型カメラ量販店から店頭在庫は消えています。

都内の8ミリ機材専門店では、別ルートから入手したフィルムが売っていますが、これも在庫僅少とのことです。

上のプレスリリースにもありますように、
コダックは映画用カラーフィルムについてはすべてネガフィルムに切り替えました。カラーネガフィルムの新商品として、今まで出していなかった低感度のISO50/デイライトタイプをリリースしています。
一方、モノクロのリバーサルフィルムであるトライXは今後も続くとのことです。

つまり、スーパー8での映像制作は今後もカラーネガフィルムか、モノクロフィルムを使用すれば可能、ということです。
また、チェコのモノクロリバーサルフイルムFOMAPANは相変わらず製造を行っていますし、ORWO(オルヴォ)ブランドを擁するフィルモテックも、モノクロリバーサルムービーフィルム(ネガ使用もリバーサル使用も可な商品)をリリースし続けています。

[エクタクローム100Dの在庫があるところ]
そしてこれは限定的な情報ですが、当ブログでも何度も紹介しているドイツの小型映画機材専門店のヴィットナーキノテクニックWittner Kinotechnikでは、エクタクローム100Dフィルムの原反(裁断加工前の反物上のでっかいフィルム)フィルムを、年末に入手しているとのこと。で、これを裁断鑽孔加工を施してスーパー8マガジン商品をリリースしています。もちろん、原反そのものがすでに製造終了ですから全世界からオーダーが来て、在庫切れと言うことになるでしょう。

では、カラーリバーサルフィルムでの8ミリ映画制作は、今後どうなるのでしょうか?それについての完全な答えはまだありませんが、上記のWittner Kinotechnik社が世界中のフィルムを映画用フィルムに転用できるかどうかトライしています。近日中に商品も出てくるだろうと思われます。

 

エクタクローム100Dでフィルターはずすってどういう事?

エクタクローム100Dは、スーパー8カメラ用フィルムの中でもきわめて珍しいデイライトタイプのカラーフィルム。
ということで、果たしてワタシのカメラで使えるの?と言う質問が時々ある。

先日も、mixiのメールで、

Rollei SL82でエクタクローム100Dは使えるの?

と言う疑問と一緒に、

そもそもフィルターはずすってどういう事?
なんではずさないといけないの?

と、スーパー8ならではの質問が来た。

 

結論から先に書いておきます。

「キヤノンやニコンなどの有名メーカーが作ったカメラなら、エクタ100Dを装填するだけでフィルターは外れる。ただ、日中撮影するのには高感度すぎるのでND4程度のNDフィルターを用意した方がいい」

「カメラの説明書にデイライトタイプフィルムでは自動的にフィルターが解除されますと書いてあればそのまま装填。後期のカメラではエクタクロームGタイプ(または単にGタイプ)フィルムを装填すれば自動的にフィルターが解除されると書かれている場合もあるが、この機種でもエクタ100Dでフィルターは自動的に外れる」

 

[エクタクローム100Dが使えるカメラ]

Q:Rollei SL82でエクタクローム100Dは使えるの?

A:カメラ手放しちゃったから断言できません。でも、たぶん使えると思います。

Q:他のスーパー8カメラではエクタクローム100Dは使えるの?

A:かなりの確率で使えると思います。

 

[そもそもフィルターの問題って]

Q:スーパー8カメラの内蔵フィルターってなに?

A:厳密に色や濃さが決められた透明オレンジ色の板。色つきサングラスですな。

 

Q:なんでそんな変な物が入ってるの?

A:スーパー8は、タングステンタイプフィルムという、太陽光の下では青く写るフイルムばっかり発売されてたからです。オレンジ色のフィルターで中和していたのです。

Q:エクタクローム100Dで内蔵フィルターがかかったままだとどうなるの?

A:当然、オレンジ色がかった映像になっちゃいます。なぜなら、デイライトタイプフィルムは太陽光の下で正常な色で写るカメラだからです。

 

Q:似たような事を聞いたことがあります

A:ビデオカメラやデジカメのホワイトバランスの理屈と、似通ってます。

Q:スーパー8カメラの内蔵フィルターをはずすってどうやるの?

A:ちゃんと設計されたカメラなら、エクタクローム100Dを装填すれば内蔵フィルターは外れます。何もしないでただ突っ込めば対応することが多いです。

 

Q:カメラボディに、電灯マークと太陽マークがあるけど。

A:それは手動でフィルターをはずすしたりONにしたり切り替えるレバーです。 自動的にフィルターが切り替わるカメラならばここは無視してかまいません。

 

Q:電灯/太陽マークありません。

A:フィルター解除キーという3.5センチ×2.5センチほどの金属板を、カメラてっぺんに差し込んでフィルターを解除するタイプのカメラもたくさんあります。

 

Q:自動で切り替わるカメラでも、フィルターキー挿した方がいいの?

A:この辺から機種間の差が大きいので一概には言えませんが「不要」です。
悪影響がある場合もありまして、たとえばニコンR10。デイライトタイプフィルムを装填すれば自動的にフィルターは解除されます。しかしさらにフィルターキーをさしてしまうと露出不足になるのです。これは感度設定とフィルターの設定が複雑な組み合わせに設計されてるためです。

ようするに余計なことはするな、と言う構造であります。

 

[感度設定のこと]

Q:エクタクローム100Dはワタシのカメラで感度設定があうでしょうか?

A:たくさんのカメラで対応しますので、あまり気にしなくてイイです。

 

Q:それでも気になりますので見分け方を教えろ

A:お持ちのカメラの説明書を見て下さい。感度設定にデイライトでASA100とあればOK。説明書のないカメラは確実なことは言えませんので割愛。

 

 

エクタクローム100D完全対応のスーパー8カメラいろいろ1

サイト『8ミリ宣言』のオオノ隊員さんのご厚意を頂き、今年になって従来のエクタクローム64Tフィルムに
入れ替わりに登場した新商品、エクタクローム100Dに対応するカメラを列挙してみます。

完全対応してるカメラ…つまり、フィルムカートリッジを入れたらそれでOK!というカメラは…

■キヤノン
CANON_518SV_IMG_0001.JPG
518SV

Canon_814_0001.JPGのサムネール画像
814オートズーム

814エレクトロニク

814XL-S

1014エレクトロニク

107-0762_IMG.JPG
1014XL-S

310XL(但し、AF310XLとAF310XL-Sは非対応)

IMG_0007.JPG
514XL

AF514XL-S

これらは完全に確認済み。
おそらく、初代518、514XL-S、318Mなども対応してると思われますが、
実機がないので未確認です。

なんと言ってもうれしいのは、64Tと比べて数が増えていること。
それも310XLや514XLの様な小型機種が対応しているのが、とても利便性をあげてると
思います。

■ニコン
スーパーズーム 8

NIKON_8X_IMG_0002.JPG
スーパーズーム 8X

nikonr8_01.JPG
スーパーズーム R8

スーパーズーム R10
…要するに、ニコンのスーパー8カメラ全機種です!

他の国産メーカーについては追ってご報告しますが、
ごく乱暴に言ってしまえば、

エクタクローム100Dは、キヤノンとニコンで撮ろう!

ざっくりこんな考え方でいいかなと思ってます。

エクタクローム100D入手しました

ずいぶん遅くなりましたが、コダックの新製品スーパー8フィルム”エクタクローム100D”を入手。

購入場所はヨドバシカメラ新宿西口本店。まだエクタクローム64Tの店頭在庫もいっぱいありました。
(ちなみにフジクロームRT200Nの店頭在庫もありました)

100d_01.jpg

型番は、7285。64Tから続く、素っ気ないパッケージデザイン。

このフィルムは、コダック初のデイライトタイプのスーパー8フィルム。(スーパー8初ではない)。
白熱電灯下での撮影には、色温度変換フィルタの80A番が必要でありますと書いてあります。

その下に英語で詳細書いてありますが、裏に日本語訳があるのでまんま引用しましょう。

100d_02.jpg

「このフィルムは、超微粒子と優れたシャープネスを備え、彩度の高い色再現を特長とします。

デーライト光に合うようにカラーバランスされているので、カメラに内蔵されたフィルターは

必要ありません。手動で光源のカラーバランスを設定するカメラでは、内蔵フィルターが解除されるよう

(電球マーク)のままでご使用下さい。」

念のため確認。スーパー8カメラは、いつもフィルターがかかってる状態なのです。
で、このフィルムはそれをはずして使わないとイケナイのですが、
このカートリッジを挿入するだけで自動でフィルターがはずれる機種もありますし、
手動でフィルターをはずさないとイケナイ機種もある、と言うことが書かれているわけですね。

で、いちいち覚えるのが面倒な方は、間違いないようにフィルタをはずした状態にすればいいというわけですが、そうすると

日光下での撮影なのに(電球マーク)にあわせないとイケナイことになるので、混乱しそうですよね、ということです。

今までと色が反対のフィルムなので、反対になってるんです、というぐらいで捕らえておいて、
問題があったら細かく対処していけばいいかなと思います。

このフィルタ解除とか露出の問題って個々の機種でまたいろいろと検証しないとイケナイ事がありそうなのですが、
取り急ぎ、

「日光下ではフィルターははずして使う」

これでやってみましょう。

100d_03.jpg

へー、SP464って型番。

 

 

 

エクタクローム100D紹介映像をコダックがYoutubeで流してる

 

米コダックが、新商品であるエクタクローム100Dスーパー8の紹介映像をYoutubeで流してます。
説明にはやっぱり自社のカメラ使うのねー。これって高感度フィルム登場時にリリースされた最初期のXLタイプカメラでしたね。

はやく撮影された映像が見たいものであります。

新型スーパー8フィルム「エクタクローム100D」発売決定

http://motion.kodak.com/US/en/motion/about/news/2010/Apr06_1.htm

S8_100D.jpg

エクタクローム64Tは、フィルム自体が昨年製造終了となってます。
同じフィルム原反を使ってる(というかもともとスチル用フィルム)35mmスチル版は店頭では「在庫僅少!」と張り紙がしてあるので、そろそろスーパー8版にも影響があるかな・・・と思っていたところ、

オオノ隊員さんがご報告されておられたのをそのまま孫引きしますが、
4/6にプレスリリースが出ておりまして、エクタクローム64Tの代わりに、エクタクローム100Dというフィルムが新たに出てくると発表されておりました。

エクタクローム100Dは、これまでは16mmと35mm映画用フィルムとしては唯一のリバーサルフィルムとしてリリースされていたもの。以前からwittnerとかでは、スーパー8に裁断鑽孔したものがリリースされていましたが、遂に純正コダック製品でも登場するという運びになったというのですね。

名前のとおり、これはASA100のデイライトタイプフィルム。
特殊な用途向けはおいておいて、一般流通向けのスーパー8のデイライトタイプフィルムは、小西六のごく初期に出ていたものから、なんと40年以上後になって出てきた第二弾目ということになります。

ワタシはまだエクタクローム100Dの映像を見たことがありませんので、現物出てきましたらレポートしてみたいと思います。
ノッチ設定はおそらく、エクタクローム64Tが使えるカメラならだいじょうぶだろうと思うのですが、またその辺も研究しましょう。

キヤノン スーパー8 514XL

CANON Super8 514XL

OVERVIEW

キヤノンの小型5倍ズームベストセラー機。

長い期間にわたって販売されていた機種で、聞くところに寄ると、とてもよく売れたので設計者が社内表彰されたそうです。キヤノンは5倍ズーム機によくこなれた機種がありますね。

5倍のf1.4レンズを搭載してます。この時期のキヤノン機と似たコーティングのレンズ。マクロは広角側、望遠側どちらでも行けるというタイプの物。ズーム両端にマクロ域設定があります。電動ズームはカメラ駆動モーターと共用なので撮影中にしか動きません。

スプリットイメージ距離計付きで、ファインダー内は絞り値表示と走行表示、バッテリーチェッカーなどがあります。

TTL露出で、EEロックを装備。絞り値表示は514XL-Sなどとも似た、絞り値が刻まれた透明の円盤がファインダーの隅っこでぐるぐる回るもの。これは電源をオンにしていると勝手にぐるぐる回っております。
撮影コマ数は1.9.18コマ。構造的には電磁レリーズですが、機械式レリーズ穴しか使えません。
電池は単三乾電池二個。露出も兼用です。グリップは折りたたみ式。視度調節機能付き。
使用感など

EEロックだけなのが残念ですが、円盤形露出計の絞り値は結構等間隔に刻まれていてしかも間隔が開いているので、中間絞り値も読めます。露出計ではかった値に合わせたければ、適当にカメラをあっちこっち振り回してみて露出固定すればいいですね。
しかし、EEロックは回転式のレバーをずーっと押し下げていなくてはならないので、露出固定したままズームやフォーカス送りをする必要がある際には、右手親指でEEロックしながら左手でレンズをいじるという、ちょっとした慣れが必要です。ただし、カメラがきわめて軽くて保持しやすいのでなんとかなるでしょう。

いじった機種がとてもくたびれたジャンクだったのでなんとも言えませんが電動ズームは使わない方が無難な気がします。フィルム走行用のモーターと共用なためでしょうか、電動ズームを使うと走行スピードが落ちるような気がします。

レンズはけっこうシャープでよい感じです。スプリットイメージも普通に合わせやすい感じです。フォーカスリングはかなり軽い感じに調整されているのは好き嫌いがあるでしょうが、高級機にあるような粘っこいグリス処理よりはすばやくフォーカスが合わせられるんだ、とプラスに考えておきましょうか。同様にズームリングもかなり軽いです。
このカメラは本来、旅行に気軽に持って行けるように開発された物だろうと思いますがその一方撮影コマ数に1.9.18fpsを装備しているなど、結構使える感じです。

必要十分な機能に小型軽量。しかも電池は単三電池二本でOKとなれば、普段から携行してスケッチする製作スタイルにはぴったり。手動露出や大望遠ズーム、スローモーション、フェードや巻き戻しなどの機能はいらないので、とりあえずちゃんと使える取り回しのいいカメラが欲しい、という方にはおあつらえ向きの一台でしょう。
流通台数が多い上に80年代にも流通していたので状態のよいものが見つかりそうです。

この機種は、エクタクローム64Tの感度ASA64には対応していませんので、注意が必要です。
一方、エクタクローム100Dは完全対応しています。フィルムカートリッジを挿入するだけで、設定されます。

 

発売 キヤノン 1975年10月発売
レンズ  9~45mm F1.4 広角マクロ・望遠マクロ付き。電動手動ズーム可能 最短撮影距離1.2m
ファインダー  一眼レフ式
焦点調節  スプリットイメージ,視度調節可能
露出調節  TTL。Cds露出計 オート、EEロック可能

エクタクローム64T対応NG
エクタクローム100D完全対応

撮影コマ数  1.9.18
特徴/オプションなど  小型軽量 セルフタイマー内蔵
大きさ  190×39×112mm 660g
定価  59,500円

エクタクローム100Dのダブルスーパー8版とダブル8版リリース!

前回の記事、うわさじゃなかったっす。

コダックのプレスリリースで、エクタクローム100Dのダブルスーパー8版フィルムと、ダブル8版フィルムの発売がアナウンスされました。

コダック(米国)のエクタクローム100Dフィルムリリースアナウンス

エクタクローム100Dのダブル版とダブル(ラン)スーパー8版。それぞれ、400ftのコア巻きでのご提供で、最低ロットは20個から。

ここ数年の、コダックからの8mmフィルム商品のリリースラッシュはすごいですね。80年代なんかずーっと同じフィルムばっかりでしたよ。ここ10年コダックさんはいろんな8mmフィルムを出してくれますですよ。肝心のコダクロームが亡くなっちゃったのは残念ですけどね。

ちなみに「コア巻き」のコアってのは、リールの芯というか、軸の部分のところです。スプールってのは、真っ黒で光が入らないようになってるリールです。

400ftそのまんまかかるカメラは改造特注品しかないでしょうから業者向けの素材なのでしょうかねえ。 でもこれを個人で使うのはそんなに難しくないと思います。だって暗い場所で100スプール四つにまき直せば、ダブルスーパー8カメラ用に使えるわけですから。25ftスプールに巻けば、ロシア製のダブルスーパー8カメラにも使えますね。

こういうやりかたなら、富士フイルムさんも出来るんじゃないですか?
レトロさん&GK-FILMSさんの品物が最近どんな具合か分かりませんけど、こういうきちんと裁断されて穴もきっちり空けられた、半完成品のフィルムを卸すだけならリスクはうんと軽減されるでしょうに。小売りの流通コストも心配しなくて済みますし。

エクタクローム100Dのスーパー8版には注意 その2

そのままではASA40の設定です
100d_before.jpg

数多くあるスーパー8カメラは、フィルムカートリッジの全面上部の切り欠き(ノッチ:notch)がどれだけの長さを切り取られているかを読み取って、感度設定をします。
感度が上がるほど、ノッチは多く削られているのでASA40のノッチをASA100にするのには
「削ればいい」と言うことになります。

写真にあるカートリッジ写真は、オオノ隊員様が実際にノッチを加工して撮影したものです。
ASA100に加工済み
100d_after.jpg
詳しくは別項に書きますが、スーパー8規格では感度設定は2/3段ずつで、カートリッジのノッチの長さは2/3段について0.1インチ(=2.54ミリ)ずつと決められています。
ですから、5.08ミリ分、ノッチを削ってしまえば自動感度設定式のカメラで使えると言うことになります。
いえ、0.08ミリの誤差は問わないので約5ミリ強、でOKでしょうが。

エクタクローム100Dのスーパー8版には注意 その1

Pro8社のパッケージ(写真協力:オオノ隊員)
100dp01.jpg

エクタクローム100Dは、ASA100のデイライトのリバーサルフィルム。
もともとスチル用フィルムでしたが、最近は16mmや35mmの映画用フィルムとして使われているようです。
で、これをスーパー8用に裁断穴開けしてカートリッジにつめて、販売している業者があります。
ひとつは、米国のPRO8
もう一つはドイツのWittner Kinotechnik

これ、カートリッジの感度設定ノッチがASA40になっているために、そのまま普通のスーパー8カメラに装填すると
ASA40として認識されてしまいます。

PRO8社の製品には、パッケージに
“Auto Exposure Cameras will read as asa40″(自動露出カメラはASA40として読み取ります)と注意文が書いてあります。
「自動露出」と言うのが誤解を招きそうですが、要するに「フィルムの感度設定が、カートリッジのノッチによって自動的に設定される」という意味だととらえておきましょう。これを明示しないで販売しているお店もありますので要注意です。

しかし、フィルムの感度設定が手動で出来るのはボリューなどのごく一部のカメラを除いてほとんど存在しません。
このフィルムは、大半のカメラでは使えないのか?

いえ、そんなことはありません。