AmigaOS 4.0正式リリース版登場!

 本ブログの趣旨は「おもしろい映像をこしらえるためにはなんでも使おう」
でございます。
 おもしろければ、いいのです。楽しければいいのです。

 80年代中頃にアメリカのAMIGAというコンピュータの存在を知りましたです。そのときはまだいろんな色の出るお絵かきコンピュータだったのですが(画が描けるのはスゴイ事だったのですよ)、90年代頭になってビデオ映像がいじくれるコンピュータに成長してきてからは俄然興味がわいてきました。

 んで、当家には何台かあります。
 ビデオ編集に組み込むためにホントはかなりの出費が必要で、しかもリアルタイムのスイッチャー的な機能の方が重視されていて、カットを編集したりという作業がそこそこ値頃に出来るようになったときには、DVがリリースされていてもしかしたら数年でPCでの編集の方がずっと楽ちんになるかも?という予感があったのでそれ以上はあたくしも手を出しませんでした。あと、CGツールとしての認知の方がたかくなっちゃいましたしね。
 そのめっちゃくちゃなOSの軽さときびきびした動作感、独特の発色は、今のコンピュータにはない、このハードウェア独特の個性です。
 また、NTSC信号との合成用の外部アタッチメントは、そりゃビデオ編集というのにはあんまりなものですが、とにかく今この映像を加工したい!という需要に応え、最低限のクオリティをたたき出すことが出来たのはAMIGA周りの環境が随一だったのです。他のコンピューターには、ハイエンドかおもちゃしかなかったのです。実用一辺倒に出来ていて、しかも安い。そんなところからしても一時期便利に使っていた機械には間違いがありません。
 そしてその一方で、なんとも奇妙なコンピュータです。不機嫌なときには余りちゃんと動いてくれなかったりとかアナログ臭い感じであったり、どうにもこうにも怪しいソフトウェアやアタッチメントの数々・・・詐欺みたいなパーツもいっぱいありました。そのあやしさと、取りあえず今目の前にある需要をさくっとこなせるという現場主義の性能の二つが同居してるのが魅力なのです。
 事務機だったIBM-PC系のPC98と、コンピュータを使うことは何?という事に血道をあげていたマッキントッシュの世界観とものすごく分離していたのです。しいて言えば、シャープのX68000に近いマシンと言えたかも知れません。

 当家にも、まだ何台かあります。つーか、一台はもらいました。某CGクリエーターが機材の総とっかえをするときに電話をもらって引き取ってきたのです。自分で買った奴は動かなくなってしまいました。

 んで、そのAMIGAは、COMMODORE(コモドール)という会社が出していたマシンなのですが、10年以上前に倒産し、売却されたのですが買い手がことごとく倒産したりろくな結果を出す前に手放してしまったりとか不遇な期間がありました。
 普通、10年前に消えたコンピュータープロジェクトをもういっぺん動かそうなんて考えませんが、それだけ独特なPCであった、ということですね。
 
 お絵かきにしても、マウスを握ってなーんにも考えずに取りあえずぶっとい線でがーっと描くだけでも何となく画になる。
 そしてその発色はアメリカの合成着色料に蛍光染料を混ぜたようなぎんぎんぎらぎらのどぎつい色。他のPCでは見ない発色です。これはビデオ出力してもその感じが残ります。
 そんなにいたずら書きをすることもなくなりましたけど、これは他では得られない画と色が出る。今のPC環境のソフトの方が遙かに便利だしクオリティも上がるのでしょうが、とにかく気軽にぱっと使える、という意味でシステムと言うよりも道具、としてきちんといる感じ。それがこのマシンです。
 
 今回のニュースは、何度かの売却を経てここ数年アナウンスされている、amigaoneという互換機用のOSが5年を経てようやくファイナル版になった、というものです。
あたくしはこの互換機は持っていませんのでニュースとしては意味がありません。来年にリリースが予定されている、旧来の、つまりコモドール時代のAMIGAに使えるOSが出てくるのを楽しみに待っていますというところです。

 あ、ちなみにこのマシンが使われたので最も有名なのはフジテレビの『ウゴウゴルーガ』ですね。
 あと、8mmとの関係で言うと手塚眞さんが岩井俊雄さんに勧められて一時期使っていたそうです。そのために手塚さんが監督したビデオオリジナル作品『妖怪天国・ゴーストヒーロー』にもAMIGA映像のみならず本体まで登場します。
 手塚さんに以前聞いたら、作品中に出てくるモニター映像も全部現場でCGで出してた、との事。今は亡き、コンピューターサイエンスジャパンという、万世橋を越えたところにあったAMIGAショップが全面協力してたのです。

エクタクローム100Dのダブルスーパー8版とダブル8版リリース!

前回の記事、うわさじゃなかったっす。

コダックのプレスリリースで、エクタクローム100Dのダブルスーパー8版フィルムと、ダブル8版フィルムの発売がアナウンスされました。

コダック(米国)のエクタクローム100Dフィルムリリースアナウンス

エクタクローム100Dのダブル版とダブル(ラン)スーパー8版。それぞれ、400ftのコア巻きでのご提供で、最低ロットは20個から。

ここ数年の、コダックからの8mmフィルム商品のリリースラッシュはすごいですね。80年代なんかずーっと同じフィルムばっかりでしたよ。ここ10年コダックさんはいろんな8mmフィルムを出してくれますですよ。肝心のコダクロームが亡くなっちゃったのは残念ですけどね。

ちなみに「コア巻き」のコアってのは、リールの芯というか、軸の部分のところです。スプールってのは、真っ黒で光が入らないようになってるリールです。

400ftそのまんまかかるカメラは改造特注品しかないでしょうから業者向けの素材なのでしょうかねえ。 でもこれを個人で使うのはそんなに難しくないと思います。だって暗い場所で100スプール四つにまき直せば、ダブルスーパー8カメラ用に使えるわけですから。25ftスプールに巻けば、ロシア製のダブルスーパー8カメラにも使えますね。

こういうやりかたなら、富士フイルムさんも出来るんじゃないですか?
レトロさん&GK-FILMSさんの品物が最近どんな具合か分かりませんけど、こういうきちんと裁断されて穴もきっちり空けられた、半完成品のフィルムを卸すだけならリスクはうんと軽減されるでしょうに。小売りの流通コストも心配しなくて済みますし。

シングル-8現像が回復!

12月20日付けで、シングル-8の現像サービスがカムバックしているそうです。

直接あたくし連絡してませんけど、いろいろとご連絡頂いてますので間違いないでしょう。

13日に故障して、14日に関係各所に「お詫び」ファックスを送り、んで20日に復帰。まるっと一週間で復帰したということでございますね。この修理で、元気はつらつなパーツを埋め込まれて、長生きする設備に生まれ変わっているとなおさらいいなあと思うあたくしでございます。

富士フイルムさんへの要望!具体的に!

フィルム文化を存続させる会から12月7日付で富士フイルムさんへ送られた要望書が公開になりました。

事務局に「これ転載していいですか?」と聞いたらOKでガンガンやってくれい(そこまで言ってない)と返事をいただいたので、中身大公開です。

時間無いけど、またまたへったくそな英文書いて海外の活発な8mm関連サイトとかコミュニティにぶん投げておくつもりでございます。

なにはともあれ、ぐぐっと読んでみてくださいませ。 

 


富士フイルム株式会社 御中
2006年12月7日
フィルム文化を存続させる会
事務局長 水由 章
要望書

拝啓
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
私たち「フィルム文化を存続させる会」は、今年の4月に発足以来、上映会やシンポジウムを開催し、シングル8の存続、フィルム文化全体の存続を見すえた活動をおこなってきました。
朝日新聞や毎日新聞などでもシングル8の危機についての記事が掲載され、シングル8ユーザー、フィルムユーザーのみならず、映画関係者、教育関係者、一般の方々からもたくさんの賛同の声を頂きました。
富士フイルムが開発したシングル8は、1965 年の発売以来、私たちに新しい感覚、ものの見かた、感動をもたらし、日本の映像文化に多大な貢献をしてきました。富士フイルムが製造を中止すると、独自のフォーマットであるシングル8の歴史は終了してしまいます。シングル8の素晴らしさを実感する私たちは、このことが残念でなりません。シングル8は、私たちにとっても財産だからです。
フィルムの歴史・文化は、単に需要が減ったからといって、経済の論理だけで切り捨てられるものではありません。
私たちは、シングル8存続のために何ができるのか、何をするべきなのか、を多方面から検討しています。
貴社からは、前回の私たちからの要望書に対する回答書を頂きましたが、約3ヶ月後に迫ったシングル8フィルムの販売終了(2007 年3 月)に対して、改めて以下の要望、質問を致します。
ご返答を文書にて頂きたくお願い申し上げます。
勝手ではございますが、12月28日(木)までに文書にてご回答をお送り下さい。

敬具
【要望事項】
1.シングル8用フィルムの継続及び、新規商品・代替商品の開発、シングル8の産業技術の他企業や団体(NPO法人など)への譲渡や継承等、あらゆる可能性についてのご検討をお願いします。

2.あらゆる可能性を検討する期間として、シングル8用フィルム「FUJICHROME R25N」「FUJICHROME RT-200N」の販売・現像サービスを当初の終了予定から5年間継続して下さい。

3.サービスを継続する期間のフィルム価格、現像価格を据え置いて下さい。

4.シングル8のサービスについてユーザー、教育関係機関、関連業者への周知を徹底して下さい。

1 の項目について、以下の具体的な質問をさせて頂きます。各項目の詳細なご返答も、上記の要望事項と併せてお答え願います。


【質問事項】
*35mmカラーリバーサルフィルムのVelviaなどを、8ミリ幅に断裁して、シングル8カートリッジに詰めて製造・販売している業者を見かけますが、貴社でそのような純正の商品を製造・販売する可能性はありませんか?

*現行で発売しているETERNA、F-125、F-64D 等の映画撮影用ネガフィルムを、8 ミリ幅に断裁し、シングル8カートリッジにつめて製造・販売する可能性はありませんか?

*新しい規格の8ミリフィルム、カメラを研究、開発していく可能性はありませんか?

*シングル8フィルムの加工について、現在よりも小型の機械を調達して続けていく可能性はありませんか?

*現状のシングル8の現像設備よりも、小さなミニラボを運営していく可能性はありませんか?

*シングル8 用フィルムの製造・現像業務を、他企業や団体(NPO 法人など)へ委託、譲渡、継承していく可能性はありませんか?

*シングル8用カメラ、8ミリ映写機等の技術提供を、他企業や団体(NPO 法人など)におこなう可能性はありませんか?


いろいろと具体的な要望とか質問が投げられています。んで、12月28日までに回答をもらいたいと書いてあります。
本家本元の富士フイルムさんが、ビジネスとしてしっかりやってくれるのをまずは期待したい、と思っておりますです。

こま撮りアニメーション こまねこのチラシ

こま撮りをするネコの映画『こまねこ』が公開中、と数日前に書きました。

んで、これは短編映画を公開してた頃に、渋谷シネマライズで配ってたチラシ。
知り合いが持ってたので借りて撮影してみました。 


koma01.jpg

 こまねこのこまちゃんは、女の子です。手にしてる人形が、彼女がこしらえる人形アニメのキャストです。


koma02.jpg

ほら、とってもシングル-8のZ600とかZ700とかZ800とかの雰囲気でしょ?
映写機はフジカスコープM30風でした。

そういえば、日曜日に放送のTBS系『世界ウルルン滞在記』という番組、先日の12/17オンエアは、
大人計画の阿部サダヲがチェコに行って、人形アニメの修行をするというネタでございましたね。

 

富士フイルムへの要望書!

フィルム文化を存続させる会から、12月7日付けで富士フイルムに要望書が出されています。

要望は全部で四項目。

かなり具体的な言葉が並べられているので、
かいつまんで話してしまうとせっかくの案のキモが薄れてしまうかも知れません。

ですので、まずはここに貼り付けてあるpdfファイルを急いで読んでみましょう!

http://filmmover.exblog.jp/m2006-12-01/#4410743 

お話はそれから後で。

今度は、シングル8の現像設備が故障

引っ越しでばたばたしてます。うちの中はマーシャルのアンプがうずたかく積まれたライブステージみたいになってます。箱と箱の間を縫って歩いてます。箱の塔のふもとに寝てます。コワイです。まっすぐ歩けません。

ただでさえ忙しい歳末がさらに忙しくなってしまった今年の年末。そしてまたまた飛び込んできたのは、富士フイルムイメージングの、シングル8現像一時停止のお知らせ。
つい先月の11月23日でしたか?マグネストライプが復旧したかと思ったら一ヶ月もしないうちに今度は現像設備ですよと。

ネタ元はおなじみ「フィルム文化を存続させる会」。山崎幹夫さんのブログでも報じられています。

フィルム文化を存続させる会には、送られてきたファックスのスキャンが貼られています。現在、富士フイルムイメージングのサイトにはなんの告知もありませんです。

これは、公共性が高いと判断して全文をテキストにおこしてみました。


 

お客様各位
平成18年12月14日
富士フイルムイメージング株式会社

8mmフイルム現像処理 一時停止のお詫び

拝啓時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は弊社製品に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、弊社にて受注させて頂いております8mmフィルム現像につきまして現像処理工程における重要な機材に故障が生じ、やむを得ず処理を一時停止させて頂くこととなりました。
これまで現像サービスを維持するため処理機材のメンテナンスを重ねて参りましたが、特殊な機材の故障であることから修理が極めて困難であり、現在のところ復旧の目処が立っておりません。
ご注文いただいたお客様につきまして、処理を行わずにご返却させていただくこと大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。サービス復旧の際には、改めて店頭を通じましてご案内申し上げます。
お客様に多大なご迷惑、お手数をお掛け致しますこと、深くお詫び申し上げます。何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

1.処理停止サービス
8mmフイルム現像サービス(サイレント仕上げ・アフレコ仕上げ)
2.処理の再開について
現像処理の再開時期については現在のところ目処が立っていません。
復旧次第、店頭を通じて追ってご案内申し上げます。

3.お問い合わせ窓口
富士フイルムイメージング株式会社
お客様センター
電話:042(481)9605
受付時間:午前10時?午後5時(土日祝日除く)


さて、現像機ではなくて、「現像処理工程における重要な機材に故障」。
ここがポイントですね。というわけでフィルム文化を存続させる会のサイトに載せられた続報を読むと、どうやらフィルム接合機が故障した模様。

富士フイルムイメージングの現像機は、お客さんから届いたフィルムを一本一本つないだ、でっかいリールにまとめた状態にしてから掛けるようになってます。シングル8フィルムの接合には超音波接合機が必要です。んで、この接合機が壊れたから、まとめられない。つまりは現像出来ないというわけなのですね。

ともあれ、早急に復旧していただきたいものでございます。 現像があっての商品ですからねえ。

噂のハナシ エクタクローム100Dスーパー8版?

 うわさ話を一個。
コダックが、エクタクローム100Dのスーパー8版リリースのプランニングを相変わらず捨てていないとの未確認情報。

 エクタクローム100Dは、16mmや35mm用にはリリースされているカラーリバーサルデイライトフィルム。PRO8や、Wittnerはこのフィルムを8mm幅に裁断して、パーフォレーションを開けて、スーパー8マガジンにつめて売ってます。
  んで、これと同じに、本家本元のコダックさんがスーパー8版を出そうか出すまいか、としていると言うお話なのでございます。

 そしてもう一個。
 今度SPECTRAさんからも、PRO8Wittner同様にスーパー8マガジンにつめた商品がでるそうです(これはホント)。んで、そのフィルムを裁断して穴を空けた状態で納品してるのがコダック様そのものであるという噂。噂ですよ噂。

 おーっと、ウワサの順序が逆でした。
 そもそも、コダック様はダブルスーパー8版をこしらえていて、それを半分に裁断してサードパーティの業者がマガジンにつめて売ってる、というハナシの噂でした。
 
 ホントかどうか知りません。でも、 コダックがそれやるんだったら、富士フイルムさんもそれやって欲しいなあ。きちんと穴開けたフィルムを卸してくださいませ。

こま撮りをするねこの映画『こまねこ』公開中

こま撮りをして映画をこしらえる、かわいいねこを描いた映画『こま撮りえいが こまねこ』は、
12月9日より渋谷シネマライズ他全国順次公開予定。

 以前から、渋谷シネマライズで作品上映の前に前座風にかかっていましたので、ごらんになった方はいらっしゃるかと思います。あのオレンジ色のねこがこまねこです。

 こまねこは、こま撮りして作られてますけど、こまねこ本人もこま撮りします。映画公開の前に、ストリーミングで観られるこまねこの第一話「こま撮りするねこ」を観ておくとよろしいかも。

「こまねこ はじめのいっぽ」

 タイトル通り、こまねこが最初に撮影用のぬいぐるみをミシンを使ってコトコトとこしらえるところから、この短編映画ははじまります。
 カメラがとってもシングル8ぽい感じです。Z600とかZ700とかZ800とかそんな感じです。グリップないですけど。
 
 これらの短編を踏まえて、長編の『こま撮りえいが こまねこ』が生まれた、と言うながれになります。
その長編えいが版にも「カメラのれんしゅう」というエピソードがあります。これは、こまねこが撮影中にオバケが出てくるというお話のようです。やっぱり登場するのはとってもシングル-8ぽいカメラ。

 NHKは「プチプチアニメ」と題して国内外問わず、人形アニメ作品をいろいろと放映してますが、その中の「カペリート」というシリーズ作品でも8mmカメラが登場します。

NHKプチプチアニメ
http://www3.nhk.or.jp/anime/petit/

カペリートのフランスのサイト
http://www.cndp.fr/tice/alantenne/capelito/capelito.htm

 カペリートが撮影中にいろんなトラブルにあうみたいなスジだったかしら。お話は覚えてませんけど、カメラはよく覚えてます。もう、誰が観てもすぐわかる独特の形状。あれは間違いなくBAUERの8mmカメラ。
高級カメラのバウアー。森のきのこカペリートは、お金持ちだったようです。

『こまねこ』も『カペリート』も、映画をこしらえる楽しみとかうれしさみたいなのが、画面にしっかり現れている作品です。
今まで8mmで映画をこしえらえることなんか、全然知らなかった人やお子さんにも、楽しく興味を持ってもらえる作品なんだと思いました。

 

Super8 Today最新号は、女性アーチスト二人のスーパー8によるコラボについて特集

Super8 Today誌11月&12月号が届いた。


COSINAのスーパー8カメラを構えた涼しげな目の持ち主は、クライン・メイヨ(CLINE MAYO)。ミュージッククリップを多く手がける女性ディレクタさん。18才の時には東京でモデル経験もあるということで、なるほどきれいな方です。

彼女がカナダの女性シンガーソングライター、シャンタール・クレヴィアジック(Chantal Krviazuk)と共にショートムービー”PRETTY BROKEN”を作る過程をレポートした記事が今号の目玉記事。

シャンタール・クレヴィアジックは、映画『アルマゲドン』の挿入歌
「リーヴィング・オン・ア・ジェット・プレイン」でヒットを飛ばしたアーチスト。同郷と言うことで、アヴリル・ラヴィーン(Avril Lavigne)とも親しいそうですな。

[アーチスト二人のコラボレーション]

この作品制作は、依頼-受注の関係ではなく、まさに二人のコラボレーション作業なのだと記事にあります。

というわけで、このプロジェクトは最初ソニーBMGに大反対されたとのこと。
マネージメントが介在しないところでヒットアーチストをミュージック・クリップでもない映像に出演なんてのは、普通は嫌がります。

よって、記事のタイトルは”TALE OF TWO WOMEN”。二人の女性アーチストがスーパー8で撮る、ミュージッククリップではない映像作品、のハナシ。

記事の後半はメイヨを中心に、クレヴィアジックとインタビュアーの三人でやりとりが書かれています。

撮影スナップには、撮影監督の男性ひとりとメイヨ、そしてクレヴィアジックの三人しか写っていません。
そして、クレヴィアジックの衣装と来たら、パラシュート部隊が着る奴かしら?軍用のつなぎに昔の飛行機乗りのかぶったような革帽子。ミラーサングラス。

美貌でも知られてるアーチストさんなのに!?

スナップはそんなすっとぼけた衣装を着て、変形自転車に乗って爆走するシーンの撮影風景だけ。いったいどんな作品なんだろう?まったく分かりません。

ディレクターのメイヨはスーパー8が大好きだと語ってます。また、彼女はアヴリル・ラヴィーンのクリップも撮ってますが、アヴリルはスーパー8の画が好きで、いつも喜んでくれるとのこと。
好きな人はどこにでもいるもんだとあらためて確認した気分です。

2月にはまたスーパー8で撮る、この新しく手にした「RED」と名付けたカメラでね、とインタビューの中でメイヨは締めくくってます。

自由な感じと、こしらえたいと言う感じ、そして理屈でなくメイヨはスーパー8が好きなんだ、と言う感じがよく伝わってきますです。

元気が出ます。