ヤシカ シングル-8 30-TL

2008年4月13日 | By muddy orihara | Filed in: シングル-8カメラ.

Yashica Single-8 30-TL

yashica.jpg

Overview

ヤシカではたった一機種のシングル8カメラ。この時期には珍しく、TTL&手動露出調節機構を持っています。レンズはヤシノンF1.7・10.5-32ミリの3倍ズームで、 ファインダーの中では絞り目盛、安全指針 及びバッテリーチェックが行えるようになっています。

短期間しか製造されていません。下のスペック覧も不明な点が数カ所あります。

Impression

ジャンクを手に入れました。重めのピントリングが気になりますが、長くてでかいぽっちの付いたズームレバーは気持ちよく使えます。
露出用電池はH-2Dタイプ。H-D型のアルカリボタン電池を使えば動きます。電池を入れてあるのは、レンズ上の”30 SINGLE-8 TL”と刻印してある出っ張りのところ。
握りやすく、ファインダも見えやすいので使いやすいカメラだったと思います。しかしレンズ自体はあんまり解像度の高い物ではなかったとのことで、あえてコレを使う理由を見つけるのは難しそうです。

Spec

メーカー:ヤシカ 1966年発売?

レンズ:ヤシノンSズーム10.5-32mm F1.7手動ズーミング方式

ファインダー:一眼レフ式(ファインダー内に 露光表示窓付)

フォーカス合わせ機構:目測式(最短撮影距離1m)

露出:TTL方式・EEによる完全連 動・手動絞り可能(要水銀電池または代替品

フィルム感度設定:ASA感度16.25.50.100.200対応

撮影速度:18コマ 1コマ

特長・オプションなど:

大きさ/定価:本体\26,000 ストラップ\300 ソフトケース\800

 

2009年5月マディ加筆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください