フジカ シングル8 Z700

2008年4月14日 | By muddy orihara | Filed in: シングル-8カメラ.

Fujica Single-8 Z700

Overview

Z800の妹機。EBC(電子ビームコーティング)の7倍ズームレンズをつけ、Z800と同じようなレンズ設計、ボディ形状はZ600に似た新旧ごちゃまぜカメラ。
電動ズーミングは、全ストローク約6秒。手動ズームはZ800と同じく、ズームリングを回すタイプです。レバーは長短2つあったと類書にありますが、長い方でも3センチ程度です。

Z800と違うところは、パルスシンクロをはずして、カセットテレコのシャッター連動スタート・ストップ接点だけにしたこと。Z600と似ているのが、固定グリップとシャッター開角度ダイヤルが右手側にになったこと。 ボディ上部はZ800ぽく、グリップあたりはZ600風。

フォーカス合わせはスプリットイメージ式、最小絞がF45の5枚虹彩絞のサーボEE、シングル8ではお馴染みの引っぱり出すとEEロック、回すと手動露出のつまみとEE補正ダイヤルの二段構え。
ファインダー内でフェード量を確認できるシャッター開角度調節機構、クランクによるフィルム巻戻し機構などはおなじみの機構です。

Impression

レンズやメカニズムはどちらかというとZ800の流れですね。Z600にスローモーションがついて、ズームレバーがしっかり付いていると考えるか、グリップの折れない、バルブ撮影の出来ないZ800と考えるか。
グリップ底面がそれほど大きくないので、三脚固定時も安定には注意。アニメや合成を考えるのなら、徹底した固定を。Z600のように右手側にダイヤルなどがあるので、手持ち撮影でのディゾルブはぶれに注意ですね。
色はZ600などのレンズとくらべて少しあっさりしているような記憶がありますが、使ったことがありませんです。

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1972年6月発売

レンズ:EBCフジノンZ‐F1.8・8?56ミリ、10群13枚構成、7倍電動手動ズーム可能

ファインダー:一眼レフ式、視度調節可能、絞数値・露出警告マーク・フィルム終了警告・フェード量表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:内測式(TTL)CdS露出計による自動絞(サーボEE)、手動絞・EEロック・EE補正可能

フィルム感度設定

撮影速度:1・18・24コマ、スローモーション(約36コマ)

特長・オプションなど:テレコスタート同時録音可能、シャッター開角度調節・フィルム巻戻し可能、リモコン可能、フィルムカウンター、バッテリーチェッカー内蔵

大きさ/定価:210x74x217mm 1400g/68000円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください