シングル-8にマグネコーティング出来る英国の業者EVT Magnetics社

イギリスのEVT Magneticsは、ポリエスター製フィルムにマグネコーティングができる業者です。つまり、シングル8にコーティングできるのです。
もちろんメイン、サブトラック両方。さらに、スーパー8にもやります。

料金は、50ftロールあたり4ポンド強ぐらいなので、500~600円程度(レートは変動します)。

なんと富士のアフレコ仕上げとどっこいどっこいの低料金。

しかし、この会社、サイトありませんので検索してもほとんどネット上に出てきません。
そんな会社ですからカード支払いNG。

知人が、富士フイルムのマグネコーティング機械の復活を待ちきれずにここに依頼したところ、無事にフィルムが戻って来たと、写真を送ってきてくれた。

富士の純正アフレコ仕上げと、スーパー8映画ソフト、それからEVT社仕上げの比較写真になってる。

富士の純正アフレコ仕上げと比較して、

◎メイントラックが端っこぎりぎりいっぱいまで塗られている
◎サブトラックの幅がやや太く、パーフォレーションそばまで塗られている

という特徴があります。つまり、両方とも太めです。

この違いは何か影響あるものなのか。まだ録音してないということで現時点では分かりません。
ですが、そもそもこのEVTマグネティックス社、現在も製造されてるスーパー8の映画ソフト(DVDソフトと同じように、8mmフィルムで製造されてる販売用映像ソフト)のサウンドトラック部分を担当してますので、その技術にそんなに問題はないのではないか、と思います。
 
知人が今度は録音再生チェックをして、レポートしてくれるとのこと。
それでOKなようでしたら、改めてコンタクトとって見ることに致します。

なお、おなじみレトロさんも最近はこちらのお店を紹介するそうです。レトロさんのサイトにはいまだにシングル8のマグネストライプを請け負うように書かれてますが、取引してた業者さんが辞めちゃったそうで、今は受け付けてない、とのこと。

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください