フジカシングル-8 Z800の露出計を修理してみました

学系がキレイなのに露出計が動かないZ800のジャンクを修理してみました。

今回の修理は、全部中野貴大さんのサイト「Takahiro Nakano Web」の修理法をそのままなぞらせて頂きました。
http://www.nakanocam.com/index.html

 

z800_fix_01.jpg

1.EE-LOCK/Manualと書かれたプレートをツマミからはがします。

2.マイナスドライバーでネジをはずすと、ツマミ部分が外れます

3.プラスネジ3本外します。すると真鍮製のシャフトとプラスチック部品が外れます。
このギア付きシャフトをプラスチックの部品から抜かないように。抜くとボールベアリング状のものが飛び出てきます。なくすとやっかいだからです。ましてやカメラの中に落としてしまったらまず出てきません。

4.中に、金属板が重なって2枚あります。その2枚を接触させて露出計が動けばOKと中野さんのサイトにはありますが…

動きました。やったあ。

5.ギアとその金属板の位置関係がちょっとおかしかったらしく、適当に位置を調整して、再度組み立てる。

6.オート露出も、マニュアル露出も動作するのを確認。

あっという間。15分もかかりませんでした。これで動作するZ800が一台救えました。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください