トーキー映画を作る『サウンドフィルムワークショップ』10/13開催

2012年9月23日 | By muddy orihara | Filed in: イベント, ニュース, 録音.
ミリに音をつけて、トーキー映画を作るワークショップ『サウンドフィルムワークショップ』が10月13日に開催されます。主催は8mmFILM小金井街道プロジェクト。

 

SFws2012omote_09031.jpg
このワークショップは、”8ミリフィルムは撮ったけど、音を付けてみたい!”という、8ミリトーキー映画初心者に向けた、お勉強と実践体験学習の場であります。
10月13日土曜日、東京は小金井市福祉会館にて14時スタート予定。
東京8ミリシネ倶楽部の部員、成田屋古漫堂さんとワタシの2名が師を務めます。メインは成田屋古漫堂さん。ワタシはお手伝いであります。
成田さん、今まさにカリキュラムの大詰めとのこと。ワタシは映写機のことについて、おしゃべりします。
1トラックじゃいけないんですか?2トラックじゃダメなんですか?そー言う奴。
誰でもわかる、カンタンなところからやりますので振るってご参加下さい。
詳細と応募は8mmFILM小金井街道プロジェクトの下記ページ宛。
SFws2012ura09031.jpg
以下、8mmFILM小金井街道プロジェクトからのご案内テキスト転載です。
==========================================
 マグネコーティングされた8ミリフィルムにサウンドを録音する。
Sound FILM Workshop
8ミリフィルムは、映像といっしょに音も表現できる、マルチなメディア。それを実現するのは、アフター・レコーディング~フィルムに、後から音を付ける~というソリューション。「サウンド・フィルム・ワークショップ」は、その「アフレコ」の初歩にチャレンジします。映像と音がハーモニーを奏でる、ステキなフィルムを一緒に作りましょう。
◎概要
映写機によるアフレコにはさまざまな方法があります。今回の実践では、パソコンで音源をまとめ、フィルムにアフレコする方法を中心に体験していきます。
PHASEⅠ アフレコの知識……映写機を見ながら学びます。
PHASEⅡ アフレコの実践……実際にアフレコしましょう。
PHASEⅢ 映写機で上映……できたフィルムを映写します。
PHASEⅡの実践レベルによって、以下の2つのコースがあります。
ご希望のコースでご参加ください。
<Aコース>フィルムと音源を持ち込んで参加……ご自身の作品で3~5分程度のアフレコ作業を実践します。
<Bコース>フィルムと音源なしで参加……主催者が用意するテストフィルムと音源で簡単なアフレコを体験します。
日 時 | 2012年10月13日(土)14:00~17:00
場 所 | 小金井市公民館 本館(福祉会館) 4F 視聴覚室
講 師 | 成田屋古漫堂氏 、マディ折原氏
資料代 | 一般 1,000円  学生 500円
定 員 | 12名 程度
申込み | Eメールで、お申し込みください。
宛先 8mmkoganei アット gmail.com
◎件名に「アフレコ」、本文に(1)名前(2)人数(3)コースを記載してお送りください。
◎ご不明な点や質問等ございましたら、Eメールでぜひお問合わせください!
主 催 | 8mmFILM小金井街道プロジェクト
http://shink-tank.cocolog-nifty.com/perforation/

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください