デジタルスーパー8カメラの完成?

衝撃!CANON 1014XL-SとPENTAX Q10の合体で誕生した、奇跡のデジタルスーパー8カメラ(・・・って呼んでいいのかしら?)!大胆不敵かつチャレンジ精神にあふれまくった本機をご覧ください。
去る014年3月29日、東京8ミリシネ倶楽部の例会に持ち込まれた、改造カメラ名付けてデジタルスーパー8?のフルセットがこれ。
IMG_0611.jpg
ろが本体。前左がフィルム室のふた。綿棒。ズームボタンのふた。グリップ。
IMG_0614.jpg
CANON 1014XL-Sのグリップと内蔵をえぐり出してあります。
そしてフィルム室に、PENTAX Q10があります。
1500円程度で市販されている金属製のマウントアダプターで取り付けられています。
IMG_0613.jpg
実際に使うためには、このようにフィルム室のふたをはずし、ズームボタンのフタもはずさないといけません。ちゃんと画像が出ます。
ズームボタンのふたをはずすのはそこにレンズの絞りがあるからです。絞りは綿棒で動かします。
元々ついていたグリップの代わりに、三脚穴にねじこむ自作のグリップが用意されています。
IMG_0615.jpg
元々ついてるファインダは使えません。液晶モニタを見ながら撮影をするほかありません。f1.4の10倍ズームってとても高価になるでしょうけど、この改造だと何千円かで済んじゃいます。
光軸もあわせてあるので、ちゃんと撮れます。1014XL-Sは1978年発売ですからなんと35年ぐらい前のカメラですがちゃんと撮れますよ。
ただ、つまるところようするに、このカメラはデジカメより後ろの部分を切り取ってしまっても問題ない・・・んです。
レンズの性能以外は、気分の問題です。ですが、東京8ミリシネ倶楽部にはこういうことを大胆にやってのける、工作の達人がいっぱいいます。
ご興味ある方は、覗いてみてはいかがでしょうか。次回は6月を予定しているそうです。
※このデジタルカメラは、PENTAX Q10ではなく、一代前のPENTAX Qでありました。訂正してお詫びいたします。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください