富士通Scansnap FI-5110EOX2を修理する

8ミリ資料整理に活用していたオートドキュメントスキャナーScanSnap

昨年夏にローラーのゴムが真っ黒に変色し、べとべとして紙を送れなくなった。押すとへこんじゃうんですもの紙が粘りついちゃって全然動かないの。

このローラー部分は交換パーツも用意されていないし、販売終了は2005年ですからメーカー修理も終了してる。

ダメで元々ですので、中国からとてもぁゃしぃパーツを安価で入手して交換してみる。

この機械はメンテナンス考えて設計されているようで、こつこつ攻めていけば分解できました。

まず、底面から基盤はずします。ケーブル断線と静電気に注意。

背面の樹脂ケースはずす。

フロント下部の樹脂パーツはずす

ここで、送り出しローラーシャフトをはずして、ローラー交換。

あやしい部品登場。

ぐりぐりとねじ込んでできあがり。

 

さて、今度はテイクアップ側。まず、背面の金属シールドをはずす。

スキャナユニットをはずす

小さい基板をはずす

テイクアップローラーのケースを外すとローラーのシャフトが見える。

ローラー交換完了

行程を逆にして組み上げ完了。摘出した患部はこちら。干しいもみたいにぶにょぶにょでねちょねちょ、しかも指でちぎれる元のローラー。

交換した部品は、表面がエンボス状になっててオリジナルのとはずいぶん違うけど、動作は問題ないっす。

これで、半年たまった資料の取り込み再開です。

「富士通Scansnap FI-5110EOX2を修理する」への12件のフィードバック

  1. 参考にさせていただいています
    S500を使用中で、同じトラブルに遭遇しています。

    記事中のゴムローラーは、どういう規格で、どちらに注文したのか教えていただけないでしょうか。

    1. あんまり覚えていないのですが、本体の型番とrollerとか加えて検索しまくったんです。確か、オークションで買ったんです海外の。

  2. AliExpress で S500+ Roller で検索して、部品を手に入れました。
    作りが甘く、2つは中心の穴が大きすぎ、2つは小さすぎてシャフトにはめ込むのに本当に苦労しました。大きすぎたローラーはシャフトにガムテープを3~4回巻いて取り付け、小さい方はシャフトにサラダオイルを塗ってはめ込み。
    あとは、こちらのページを参考に分解・修理しました。
    ありがとうございました。

    S500も手順は同じでした。

  3. 通販ショップに文句を言ったところ、無償で正しい部品に交換してくれました。再度組み立て治したところ、異音もせず、無事修理が完了しました。(爪をいくつか破損してしまいましたが)
    もうしばらく、活躍してくれそうです。
    ありがとうございました。 部品代は、送料込み1168円でした。

  4. 掲載写真を拝見し、自分でもできると早合点をし、挑戦することにしました。苦闘の末、やっとこさでローラーの交換が終わり、組み立てをしようとしましたが、一つだけ配線プラグの差し込む場所が分かりません・・・。いくら探しても、差し込み口が見つからないのです・・・。半ばあきらめ状態の時に再度、こちらの掲載写真(最後から、二番目の写真)を見ると小さな半透明の赤色のプラスチック(中は空洞)の中に配線プラグが挿入されているのが分かりました。正直なところ、この写真がなければ、組み立てができず、挫折していたと思います。ありがとうございました!

  5. 分解方法、参考にさせていただき、復活させることができました。ありがとうございます。

    うちのEOX3も、はがきを整理しようと久しぶりに動かしたところ、厚い写真印刷のはがきで滑ってしまって、どうしても読み込んでくれません。
    そこで検索したところ、ご掲載ページを発見し、テイクアップローラーも交換できることが判りましたが部品は簡単に入手できそうにないので、ホームセンターで代替になりそうなゴム部品を探して、ダメ元で試してみました。
     試した部品は、グロメット(KGE-5A)、200円でおつりがきます。本来の用途は、金属ケースを貫通する電線などを保護するための天然ゴム製の環状ゴムで、8個入りです。
     1袋しか在庫がなかったので1ローラー当たり4個挿入し、はがきをスキャンしてみたところ、あっけなく復活しました。ただし、100枚程度しかスキャンしていないので耐久性は全く判りません。

  6. 同じ状態となり廃棄も考えましたが、折原氏のサイトを見つけ、自分にもできるかなと手順に従って格闘中です。onodekita氏の意見を参考にAliExpress で 部品を手に入れました。写真ではローラーシャフトが取り出されてゴムの付け替えがされているようですが、外し方がわかりません。送り出しローラ、テイクアップローラ共、外し方のアドバイスをお願いします。

    1. いやあ、覚えていないんですよ。ご期待に添えず恐縮です。ただ、ワタシもそこで苦労したのと、ちょっと工夫したのと、そもそもちゃんと外れるようになっていたことは覚えてます。

  7. 記事ありがとうございます。
    同様問題で新品購入しようとしたところ、お蔭様で分解整備の勇気を頂き、問題なく、復旧することができました。
    私が使ったゴム材は以下の通りです。
    購入先:モノタロウ
    商品名:C32788567
        タイガースポリマー シリコンチューブ
        6mm×12mm×1m 1巻
    ポイントは、チューブをシャフトに挿入するとき、サラダオイルを塗って、捩れないようゆっくり同軸方向にスムースに挿入すること。塗布無しで無理に挿入すると、チューブが捩れ、用紙が真っ直ぐに送り出されなくなる。

  8. S510 ですが、ゴムローラー測ったら内径5㎜外径10㎜で長さ20‐22㎜でした。Amazonでシリコンチューブホースで売っていました。だいだい700円ぐらい。自分で長さ切って取り替えました。ただこの機種はローラー芯片方しか持ち上げられませんでした。溶けたゴムの残りは模型のシンナーで取れます。片方から強引に入れました。
    ゴム癒着のためモーターギアベルトの山が擦れて空回り。メーカーがタイミングベルトも販売してくれたいいと思っています。ゲイツ・ユニッタ・アジアのパワーグリップGTベルト1.5GTタイプ周長112.50㎜が一番合いました。ピッチ山が大きいので通常より長めがいいです。周長114.0㎜は遊びが大きくて空回り、純正とほぼ同じ長さの109.50㎜はきつくて嵌められません。参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください