NIKON R10は重いけど使いやすい

ニコンR10をはじめてちゃんと使います。

カメラガイドを書いたときのはレンズカビがひどくて撮影しなかったんです。

ニコンR10スーパーズーム

10年後、状態の良い個体が入手できたので早速、撮影しました。

重いです!1.93kgの本体+単三乾電池6本+カートリッジ1本で、大体2.1kgぐらいあります。持ち運ぶと結構くたびれます。
あと、グリップがとても太いです。これはニコンR8も同じです。

でも、実際に撮影してみるとこれが使いやすい。
なにより、ファインダがすごく見やすい。スプリットイメージ距離計のキレが良いので、あっという間にフォーカスを合わせられます。パワーズームなのにズームリングの動きが軽やかなので、これまたすぐにアングル決められます。

小絞りがf16なので発売予定のエクタクローム100DはASA100と感度高めですから日中撮影したら絞り切っちゃいます。NDフィルタ必須ですよね。

でも、このテスト撮影のときにはNDフィルタ持ち忘れたので、シャッター開角度ダイヤルを回して、シャッタースピードを速くして対応しました。スチル写真と違って、シャッタースピードを速くすると映像がパタパタした感じになり多少違和感でますが、この日は建物=静物を撮ってるので、まあ、イイかと。

もぐらさんの穴も撮ってみます。

ということで、持ち運ぶのには結構重いですが、実際に使ってみると使いやすい、速写が出来るカメラとして、改めてご報告したい限りです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください