「映写機」カテゴリーアーカイブ

劣化に強い兼用映写機を探す…ELMO GP-DX編

レギュラー8フィルムを上映したくて、兼用タイプの映写機をずっと探してます。
兼用タイプというのは、
シングル-8/スーパー8
レギュラー8
これら2種類のフィルムフォーマットに対応する映写機のこと。
レギュラー8かけたいだけなら、専用映写機を使えばいいのですが、機種が古くて不勉強なので今回は敬遠しました。

というわけで、ジャンク5台買ってみました。

結果から言えば、
ELMO GP-DX(DELUXE)が×で、
ELMO VP-Aが×で、
FUJICASCOPE M40が×で、
FUJICASCOPE MX70が×で
最後に買ったELMO K-100SM、これが大丈夫でした。
シングル-8&スーパー8と、レギュラー8兼用機探しもひとまずこれで終わり。
しかしずいぶんと遠回りしました。あまり機種選びで金と労力使いたくありませんので、ご参考になればと書いておきます。

エルモGP-Deluxe

まずはベストセラーのエルモGP-DX。
中古で購入当初は何の問題もありませんでしたが、テスト用フィルム映写途中に突然止まってフィルムが燃え出したのです。
調べたところ、GP-DXは一部ベルトやギアでなく、ゴムの円盤が摩擦で動くところがあるのですが、
このゴム円盤が硬くなってしまい、つるつる滑ってしまうのが問題でした。

 

gpdx_02.jpg

さすがに35年ぐらい前のゴム、もうだめであります。

平田弘史さんも同様の劣化に遭遇したそうで、平田氏や「素人による8ミリ映画の部屋」の松田さんは円盤をプーリーに置き換えてます。
しかしこんな改造はワタシはできないので、GP-DXは諦めました。
GPシリーズ、SPシリーズも同様の構造ですので、オークション等で買う場合にはちゃんと駆動するかどうか尋ねるポイントだと思います。
途中からスピードが遅くなってきたり、たどたどしくなったらアウトです。
gpdx_01.jpg

学研大人の科学 8ミリ映写機 レビュー

学研の大人の科学、8ミリ映写機を買ってみた。

 

gakken_proj_box.jpg

中身はこんな感じ。

gakken_proj_boxinside.jpg

[準備]

組み立てはクランクひとつネジ止めするだけ。
工具は同梱されてないので、小さい+ドライバーが必要だ。

gakken_proj_setup.jpg

リールは、レギュラー8仕様の軸の細いタイプ
同梱のちくわ状アダプターを介して、シングル8&スーパー8用のフィルムを取り付けられる。

gakken_proj_reel.jpg

これをなくすと厄介だが、兼用映写機や兼用ビュアーに使われているアダプタと用途は同じなので流用出来るかも。(リールについてる奴ならそもそもOKだろう)

50ft以上のスーパー8&シングル8を見るときは、大き目のレギュラー8用受けリールか、シングル8&スーパー8用のリールとアダプターがもう1セット必要。

[光源のLEDについて]
LEDは想像していたよりも明るいが、大映写には向かない。
2メートル離れれば、80-100インチぐらいの映写画面も得られるが、暗くて像がはっきりしない。20cmかそこらの大きさが適当だと思う。

LEDの発色は、結構青い。ハロゲン映写機の印象とはまったく違い結構気になる。
ただ、もともとのフィルムの色を知らなければいいだけのことでもある。

gakken_proj_proj.jpg

改造して、高輝度LEDに取替えるのも可能かと思う。

[兼用映写機として]
本機はレギュラー8(ダブル8)との兼用タイプ。
レギュラー8を見るためにはスプロケット、ゲート部、フィルムガイドを同梱の交換部品と組み替える。

面倒だが、安心できる構造ではある。

映写機のテストレポートCD-ROM

イギリスのテレシネ/写真修復/8mm映写機中古販売業者、e.s.graphicsは、ebay上のバーチャル出店で、8mm映写機のテストレポートCD-ROMを販売してます。

実はコレ、説明文を読むと雑誌MOVIE MAKERのテストリポートをスキャンしたものらしい。
あらら、手伸ばしちゃいけないなーという代物です。

もともと調べていたのは、YelcoとFUMEO。
Yelcoの映写機でクオーツロックらしいものがあるのでそれについて調査したかったのと、FUMEOのアークランプ版(電球の新品が存在しないので無意味だが)の映写機についてちと知りたかったのですが、たとえイイものであったしても映写機はバカ高い送料がかかるので、実際問題活用しにくい情報ではあります。

こんなのが載ってるそうであります。見慣れない名前いっぱいあります。

TEST REPORTS
Standard 8mm Silent Projectors
Agfa Movector G    1964
Consolmatic    1964
Horipet Battery Operated    1964
Ilford Elmo AP-8    1963
Liesegang S1    1964
Olympus Autoscope    1964
Rexina – 8    1964

Super 8mm Silent Projectors
Agfa Family Set    1981
Bauer T1 S Royal    1967
Bauer T3    1967
Bell & Howell 222    1968
Bolex 18-SL    1968
Braun Nizo FP5    1970
Danny De Luxe    1968
Eumig Sprint K404    1983
Eumig Sprint K408    1983
Hanimex P300    1967
Noris SM8    1968
Plus O Matic 202    1976
Rank Aldis 850    1970
Sankyo P-1600    1982

Dual 8mm Silent Projectors
Agfa Movector    1971
Bauer T-82    1985
Bell & Howell 1481    1978
Bolex 102MTC Instaprojection    1978
Canon S-400    1971
Elmo K-100SM    1978
Elmo SP Deluxe    1976
Eumig 501    1970
Eumig 510D    1971
Eumig Mark DL    1967
Eumig P8 Dual    1968
Hilldem All8    1969
Ilford Elmo FP-C    1967
Kodak M-80L    1967
Optomax JE-1    1985
Prinz Magnon Super IQ    1971
Sankyo Dualux    1967
Silma S101    1980

Dual 8mm Sound Projectors
Bauer T183    1983
Eumig 710-D    1972
Eumig 822 Sonomatic High Quality Sound    1977
Eumig 824 Sonomatic High Quality Sound    1977
Silma Bi-Vox    1971

Super 8mm Sound Projectors
Bauer T60    1976
Bauer T40    1983
Bauer T450 Stereo    1983
Bauer TR200 retro Sound
Bell & Howell Filmosonic 1735    1976
Bolex SM80    1977
Braun Visacoustic 2000 Stereo
Chinon 7800H
Cineton P800 Play    1987
Elmo GS1200 Stereo
Elmo Hi-Vision SC-18M    1983
Elmo ST-1200 HD    1978
Eumig RS3000    1979
Eumig S910    1979
Eumig S926 Stereo    1980
Eumig S933    1985
Eumig S938 Stereo    1983
Eumig S936
Eumig S940
Fumeo 9119    1985
Fumeo 9145 X500
Hanimex SR8600    1978
Heurtier Duo 942    1979
Kodak Ektasound 245B-L    1976
Norimat Electronic    1975
Noris 342 Stereo
Norisound 110    1975
Norisound 410
Ohnar Sound-o-Matic    1975
Optomax SD-800    1982
Prinz Compere    1968
Sankyo Sound 700    1977
Sankyo Stereo 800    1980
Silma Delta 7
Tacnon 707
Yelco DS-810MT Quartzmatic    1981
Yelco ES-720    1985
Yelco Stereo 3600    1981

16mm Sound Projectors
Bell & Howell 1568    1980
Bell & Howell 1680    1977
Bell & Howell 2592    1982
Elew AP-22    1968
Elmo 16-AL     1986
Elmo 16-CL    1977
Elmo 16-FR
Elmo 16-SL    1971
Hokushin SC – 8CM    1968
Hokushin SC – 104CM    1968
Dixons Photophone    1977

小さい携帯用8mmプレーヤーミニクル実機はこんな感じ

バンダイが1990年代に発売していた、小型8mmフィルムソフト&携帯用映写機「ミニクル」です。
ずっと前にも紹介しましたが、実物を手にしましたので改めてご紹介。

 
minikuru04.jpg

 これが、フィルムマガジンです。ポピーから出ていた「くるくるてれび」に比べるとずいぶん小さいです。

スーパー8風のローディングですね。フィルムの頭とおしりが接合されてるので、エンドレスで再生できます。

また、フィルムのパーフォレーション部分が透明になってるのが見て取れるかと思います。
これは、リバーサルフィルムではなくて、ネガフィルムから反転プリントされたフィルムなのでしょう。

 
minikuru01.jpg

 
これが、ミニクルの本体。

ソニーのパスポートサイズハンディカムあたりのデザインによく似ています。
かわいらしいお子様向けのサイズですので、手の小さめの私でもかなり窮屈です。


minikuru02.jpg

フィルムをセットするとこんな感じです。
ファインダーを覗いて、PLAYボタンを押すと、ガーガーとフィルムが回ります。

くるくるてれびより、視野が狭い気がします。

 


minikuru03.jpg

フィルムを見るための光は、この撮影レンズ風のレンズではなく、その多くを本体サイドから採ります。
ですから、本体側部をしっかり覆ってしまうと、暗くてよくわからなくなります。

では、このレンズは何のためかと言いますと、ビデオカメラごっこがのためなのですね。
フィルムマガジンを外して、レバーを切り替えるとビデオカメラっぽく、覗いたものが見えるようになります。

ミニクルは、フィルムソフトプレーヤーであり、ビデオカメラ風のおもちゃであるのです。

 

フィルムマガジンは、2個セットで販売されていました。ですから、当家にはアンパンマンが上下巻それぞれ1本ずつあります。

つまり、予備があるわけなので、ばらしてみたくなりました。

本体は日本製ですが、マガジンは中国製です。しかも、マガジンには英国のパテント番号が刻まれています。1994年には中国か日本かそのあたりで8mm用のプリンターが動いていたのですね。

そのプリント作業はまだやってるのですかねえ。