フィルム

フィルム

Velvia 50Dの8mm画像雑感

先日、「素人による8ミリ映画の部屋」が主催する「東京8ミリシネ倶楽部」の上映会に行ってきました。その場で、富士写真フイルムのスライド用フィルム「ベルビア50D」を裁断鑽孔して、シングル8カートリッジに詰めた試作フィルムの映像を見る機会があ...
フィルム

コダクローム現像は2006年8月1日まで

先日、ヨーロッパでは今年の9月に現像終了が噂されていると書きましたが、米コダックから、今年8月1日にコダクロームのスーパー8の現像を終了する、と発表がありました。 この日以降は受け付けない、と書いてありますので近日中...
ニュース

コダクロームの今後の現像と、海外現像への挑戦

肝心の現像はいつまで行われるのでしょうか?日本のコダックでは日取りを明らかにしていないのですが、ヨーロッパでは2006年の9月に終わり、と言う噂がよく流れています。つまり、スイス・ローザンヌにあるコダックの現像所での現像はそこで終わり、と...
フィルム

コダクローム40の現状

昨年夏に、生産が終了してしまったコダクローム40。年末年始はまだ店頭に在庫がありましたが、3月現在ではさすがに在庫が見あたらなくなりました。 これは海外でも同じようです。 海外から頂いた情報によると、3月16日現在では、 ...
フィルム

エクタクローム64Tの注意その1 色温度

つい先日製造販売が終了してしまった、コダクローム40の代替えとして昨年夏過ぎにアメリカでリリースされてから約半年過ぎた2006年3月。ようやく日本でも「エクタクローム64T 7280」が発売されました。 中身のフィルムは、スチル用と...
フィルム

PRO8社のエクタクローム100Dのスーパー8版には注意 その2

そのままではASA40の設定です PRO8社のは感度ノッチがASA40の設定になってる。 数多くあるスーパー8カメラは、フィルムカートリッジの全面上部の切り欠き(ノッチ:notch)がどれだけの長さを切り取られているかを読み取...
フィルム

PRO8社のエクタクローム100Dのスーパー8版には注意 その1

Pro8社のパッケージ(写真協力:オオノ隊員) エクタクローム100Dは、ASA100のデイライトのリバーサルフィルム。もともとスチル用フィルムでしたが、最近は16mmや35mmの映画用フィルムとして使われているようです。で、これを...
タイトルとURLをコピーしました