「スーパー8」カテゴリーアーカイブ

コダックがスーパー8用とスチル用の「エクタクローム」カラーリバーサルフィルムの再設計&製造再開を発表

コダックがスーパー8用とスチル用の「エクタクローム」カラーリバーサルフィルムの再設計&製造再開を発表

2016年のCES(コンシューマーエレクトロニクスショー:国際家電見本市)で、新型スーパー8カメラの発表して世界中を驚かせたコダックが今年もやりましたです。
2017年1月5日(現地時間)、米コダックはエクタクロームの製造再開を発表しました。
メディアでは「写真用カラーリバーサルフィルムの復活」の方を重点的に取り上げていますが、コダックは映画用フィルムを重点的に語ってます。

こちらは米コダックの発表の日本語訳であります
http://www.kodakjapan.com/motionjp-news1701

ポイントは、

・12ヶ月の間にスーパー8用とスチル用のエクタクロームを再設計&製造予定
・最初の出荷予想は2017年第4四半期(10-12月)

ニュースでは製造再開ともっぱら言われてますが、コダックは「再設計」と言ってます。つまり、新型フィルムがリリースされるのでありますね。是非、改良されてることを期待します。
そして、最初の出荷が晩秋から冬になりそうですので、冬休みには使えるか使えないか…というところでしょうか。続報を待ちましょう。

ここ3年ぐらいの間、映画用のカラーリバーサルフィルム商品は払底していたのであります。
もちろんAGFAの航空写真用フィルム「Aviphot Chrome 200 PE1」を加工して、WittnerやSpectraが8ミリ生フィルム商品を作っておりましたが、加工元のフィルムはすでに製造終了。

イタリアのフェッラーニア社は相変わらずカラーリバーサルフィルムの製造再開に向けて工場施設の再建にまだまだ手がかかりそうな様子

そんな中での映画用&スチル用カラーリバーサルフィルムの復活。そして、フィルムメーカー自ら映画用フィルムとしてリリースしてくれるのはやっぱり安心感あります。

年末には是非日本のカメラ屋さんでもサクッと買えるようになることを期待しまっす。お正月を映そう♪

21世紀最新型スーパー8カメラ「Logmar S-8」販売されてます!

昨年来、予告されておりましたデンマークのLogmar父子が開発している、最新型スーパー8カメラ、Logmar S-8が出荷開始されています。

米国の8ミリ業者、Pro8社でも販売開始されています。
http://www.pro8mm.com/logmar-super-8-camera.php
Logmar Super 8 Camera - Products01

 

ドイツ、フランケンベルク生まれのPatrick Muellerという人が,

届いたLogmar S-8の「開封の儀」を行ってる映像がアップされていました。

Unboxing Logmar S-8
https://vimeo.com/125785141

umboxinglogmars8

こちらは、米国の8ミリフィルム製造/現像/テレシネ/改造カメラメーカーのPro8社でLogmar父子が訪問した際のプレゼン、インタビュー映像です。
Logmar Camera Solutions and Pro8mm Open House
https://vimeo.com/101753821
Logmar Camera Solutions and Pro8mm Open House 01なんでこの時代にスーパー8カメラを造るのか?という問いに、Logmar氏は、

かねてよりスーパー8カメラを改良したいと考えていて、それは自分に出来ると思っていた

、と答えています。スーパー8の弱点である、画面の不安定さが改良ポイントと語ってます。

実際に撮られた映像を見ると、このカメラ、画面安定性が高いのがとても魅力。(現在はサンプル映像は隠されてしまっています)
ちょっと見ると8ミリカメラの映像とは思えないぐらい。

ダブル(ラン)スーパー8は、その画面安定性にビックリしますが、それ以上の感じ。

上記のPro8社では5000ドルから販売しています。

Logmarスーパー8カメラは21世紀の新型カメラです!

今年2015年は、21世紀初の新型スーパー8カメラが登場するのです。

21世紀初の新型スーパー8カメラLogmar S-8カメラは、
Logmar Camera Solutions  Film matters
デジタルビューファインダー
可変速
SDカードに音声録音
撮影履歴をSDカードに記録
かんたん操作
Cマウント
USB経由でアップグレード対応
WIFI経由でリモート操作可能
ビデオ出力
48Vファントム電源
タイムラプス撮影対応
1年保証

等々の機能を盛り込んだカメラになってます。
開発はデンマークの父子。

昨年2014年に一旦予約受付を終了し、製造が開始され、出荷が始まってるようであります。
詳しくは、開発先のサイトへどうぞ。英文なので読めますよ。

Logmar Camera Solutions(英文)

新製品Wittner Chrome 200Dで撮影

 AGFAのカラーリバーサルフィルムを8ミリに転用した「Wittner Chrome 200D」を購入して、桜舞う町に撮影に出かけてみました。
wittener200d.jpg
 使用したカメラはCANON 1014XL-S。フィルム自体はASA200のデイライトタイプフィルムですが、ノッチ定はASA250のデイライトですとパッケージに書かれています。
今回はあまり気にせずに、ざっと撮ってみましょう。

 曇り気味でしたがf22ぐらい絞っちゃう。本当は最低でもND4ぐらいのNDフィルターが必要ですねこれ。小絞りのないNIKON R8とかNIZOだと日中はNDフィルタなしでは撮れません。

 また、このフィルムはシングル-8とスーパー8の中間ぐらいの厚さのポリエスターベース。シングル-8ともスーパー8とも混ぜて編集はできません(厚さが違うので映写時にフォーカスがずれるため)
 また、シングル-8と同じようにポリエスターベースなのでマグネストライプもできません。

 と、いろいろと制限はありますが、現状ではカメラの走行音もごく自然で、特にフィルムの走行トラブルは起きてません。薄めでしなやかなポリエスターベースのせいではないか、と思われます。


 現像が終わったらまたレポートします。

Velviaの現像上がり

Cineviaの現像があがったので、引き取りに行きました。シングル8カートリッジ版は富士写真フイルムの袋入り、スーパー8版はコダックの袋入りでした。  しかし、CINEVAってコダック関係ないんじゃないのか?と思ったりしますが。 三ヶ月ぐらい前にエクタクローム64Tあがりの際には富士写真フイルムのリールでしたが、今回の現像上がりはTAYLOREEL社製のものに代わっています。 TAYLOREEL http://www.tayloreel.com/ このTAYLOREEL社は、何種類か8mm用のリールのラインアップがあります。 50ftリールはこれが現物です。  肉薄でやや心許ない感じもありますが、ドイツ製のものに比べて柔軟性のある素材なので、割れにくいかも知れません。結構大丈夫そうです。 50ftの他には、200ftとか400ftのリールも作っています。 SnapCoverというのもありますね。文字だけでは特定できませんけど、たぶん昔のイマジカ(旧:東洋現像所)や小西六のフィルムに付いてた、リールのカバーのことなんじゃないかなあと思っています。 ただ、製造メーカーにありがちで、ロットがまとまらないとダメなようです。特に50ftリールは単位ロットがでかいですね。 富士写真フイルムは現像終了を見越して、もう50ftのサービスリールの製造(というかプラスチック業者への発注)は終えてしまったと風の噂に聞いてます。 そのためかどうか知りませんが、レトロさんがサイトのトップに50ftリールが不足してるので協力して欲しいような書き込みをしていた時期がありましたが、TAYLOREELで一安心というところでしょうか? これから見ます。

エクタクローム64Tが使えるカメラはコレだ! その1

スーパー8カートリッジの感度設定仕様
スーパー8カートリッジは上方の切り欠き=ノッチ(notch)によってそのフィルムの感度をカメラに伝える仕組みを最初から持ってます。
カメラの感度設定ピンとか、感度設定用のレバーが、このカートリッジの切り欠き=ノッチがどれぐらい削られているか読み取って自動的にカメラの設定を変えるのです。
ノッチのフォーマット
ノッチは、長い方が高感度です。カートリッジの中央から計ってちょうど1インチの場所からスタートして、0.1インチ刻みで
16/25/40/64/100/160/250/400/640(タングステン時)
10/16/25/40/64/100/160/250/400(デイライト時)
・・・の全9段階あり、2/3段ごとにASA感度が刻まれています。たとえば、0.9インチにわたってごっそり削られている場合は、最高感度のASA640を示します。0.1インチしか削られていない場合は、ASA16です。
ASA125のエクタクローム7240はスーパー8カートリッジの規格にない感度のフィルムだったのですが、この7280はASA64ですから、スーパー8規格に合致したフィルムです。

ASA64対応かどうかカメラをチェック
残念なことに、このASA64の設定を持ったカメラはそれほど多くないのです。このままではきちんとした露出で撮影することが出来ません。まず最初にご自身の所有カメラがASA64の感度設定に対応しているかどうか調べてみましょう。調べ方は簡単です。
1.使用説明書を調べる。
説明書には「仕様」とか「スペック」とか題したページがかならずあります。カメラのレンズとか、全体の大きさとかいっぱい書いてあるところです。ここに、感度設定の仕様が書いてあります。「フィルム感度」などの項目で、「タングステン時」とか「人工灯」とか書いてあるところで、ASA64の設定があるかどうか確認してください。
2.カメラ本体を調べる。
説明書がない場合フィルム室を見てみましょう。感度設定が書かれている機種があります。
ASA64対応カメラ例
当方の手元にあったカメラ本体と説明書を調べてみますと 下記の機種が、ASA64の感度設定を持っているのがわかりました。他にもあるそうなのですが、 マディならびにオオノ隊員が確認できた機種に限定しております。
[CANON]
○1014XL-S
○814XL-S
○1014エレクトロニク
○814エレクトロニク
○オートズーム814
○1218
○512XL
○518SV
○518(ASA.25-160まで対応)
○318(ASA25-160まで対応)
[ELMO]
○106(ASA20/40/64/100/160/250に対応)
○C200(ASA16-400まで対応)
○C300(ASA16-400まで対応だが、初期モデルはASA16-100まで)
○103T(ASA.40/64/100/160/250対応)
○110(ASA.40/64/100/160/250対応)
[NIKON]
NIKON製スーパー8全機種が対応してます
○superzoom8(初代)
○8X
○R8
○R10
[RICOH]
○410Z(初期型はASA64までの対応)
○800Z
[Bauer]
○C2M (ASA10-100まで対応)
[Beaulieu]
○2008
○3008
○4008
○5008
○6008
○7008
○9008
[NIZO]
○481
○561
○801
○801macro
○3048(ASA40-640まで対応)
○4080
○6056(ASA40-640まで対応)
○6080(ASA40-640まで対応)
(NIZOはコンパクトシリーズとインテグラルシリーズ除き全機種対応と聞いていますが未確認)
[Leicina]
○Special
そもそも露出計は合っているのか?チェック
70年代中頃以降にリリースされた中型機以下の機種は、例外はありますがASA40と160の設定だけを装備していることが多いです。そして、これらのカメラはASA64のカートリッジをASA40と誤認する可能性が高いです。ASA40と64のズレは、絞りにして2/3段。 感度設定のないカメラではこの2/3のズレを何かしらの方法で「調整」して撮影する必要があります。
しかし、これはあくまでもカメラの露出機構がちゃんと動いている場合の話です。多くのカメラは、20年から30年以上の中古品です。露出機構にガタが来ている可能性は大いにあります。普段から使っているカメラで狙ったとおりの画面の色や明るさが表現できているのならば、一応はそのカメラはちゃんと動いていると考えるとして、「どうも予想より明るかったり暗かったり変だ」と感じているのならば、まずは露出計の異常をチェックしましょう。
ASA64非対応カメラでの撮影法
ASA64に対応していないカメラでも、正しい露出で撮影することはできます。
まずは露出機構が正常に動いているとして、
1.露出補正機能付きのカメラを使う。
感度設定があるカメラの次に便利なのがこのタイプでしょう。1/2段か1/3段刻みで上下1段の露出補正が設定できるカメラがあります。もともとは意図的にアンダー&オーバー気味の撮影をするための機能ですが、これは使えます。2/3段分アンダーで撮影するように設定するだけでいいのです。ただ、他のフィルムを使うときには戻しておくことを忘れずに。
手元にあった説明書ではこれぐらいしか見あたりませんでしたが、もっと種類はあるはずです。
[CHINON]
△パシフィック 12SVR DirectSound…40/160*(1/3段ずつ上下1段露出補正可能)
△パシフィック200/8XL
△60AFXL…40/160*(1/2段ずつ上下2段露出補正可能)
△805S DirectSound…40/160*(1/3段ずつ上下1段露出補正可能)
△806SM DirectSound…40/160*(1/3段ずつ上下1段露出補正可能)
[ELMO](これだけ記憶で書いてます)
△612R…40/160(1/3段ずつ露出補正ダイヤルで調整可)
△1018R…40/160(1/3段ずつ露出補正ダイヤルで調整可
[Sankyo]
△CME1100
△CME444
△CME666
[Beaulieu]
△1028XL60…無段階で上下1段露出補正可能
2.マニュアル露出調節のできるカメラを使う。
これは、露出の手動調整機能があるカメラならできます。2/3段オーバー気味にずれるのですから、カメラの内蔵露出計で撮影前にシャッターを半押しするなどして被写体の露出を計り、指針が指した露出値から2/3絞っちゃえばいいのです。
マニュアル露出調節機能のついたスーパー8カメラはたくさんあります。
もちろん、単体の露出計を使っている方はフィルム感度設定だけ変えればいつもと同じように撮影できます。
(C)2005 Muddy Orihara All Rights Reserved.
協力:オオノ隊員

エクタクローム64Tが使えるカメラを見分ける方法 -Super8wikiより-

エクタクローム64Tは多くのスーパー8カメラで、感度設定が正しく読み取れずに適正な露出で撮影することが出来ません。
多くの場合は、2/3段ほど露出オーバーな結果になります。ネガフィルムではなくリバーサルフィルムですから、露出オーバー撮影の結果はけっこう如実に画面に現れます。

エクタクローム64Tが適切に使えるカメラとして、もっともありふれているものは、
キヤノンの814や814エレクトロニク、814XL-S、同様にキヤノンの1014エレクトロニクや1014XL-Sなど。中型機ではオートズーム518SVスーパーなど。ニコンは全4機種すべてが対応していますが、エルモの104、106、108、110なども対応してますね。

他にも64Tが適切に使えるカメラは存在します。オオノ隊員とあたくしとで、実際にチェックしたカメラについては、「エクタクローム64T対応のカメラ」にまとめましたが、世界のスーパー8カメラの全容をとらえることは不可能です。

この記事をお読みの方で、お使いのカメラが、果たしてエクタクローム64Tが使えるのかどうかわからないなあ?と思っている方に、カートリッジの感度設定をちゃんと読み取れるかどうか、それを簡単にチェックする方法をご案内致します。

ものさしでチェック
とある「ものさし」を使って、エクタクローム64Tが使えるかどうか、ご自身のカメラをチェックしてみましょう。
ここで言う「ものさし」とは、Super8wikiでダウンロードできる、「Super8 notch Ruler」の事です。これを使うと、ご自分のカメラがエクタクローム64Tやエクタクローム100Dに対応しているかどうかわかります。

speed_set_ruler.jpg

pdfファイルをダウンロードしてプリンターで印刷。なんだか色がシマシマになっておりますが、これはあたくしのプリンタのインク切れのせいです。気になさりませぬように。
右側の白い部分中央に、線がありますね。
これをカメラのフィルム室前面中央のピンの中央に合わせます。
そして、0.2?1.0の刻みにあわせて、カメラ側にピンが用意されているかどうか確認します。

キヤノンオートズーム1014エレクトロニクの場合

1014e_speed_set.jpg

これはおなじみキヤノン1014エレクトロニク。0.3?0.8の間まで6段階のピンが用意されています。

ついでに右側も見て頂くと、ここにもピンがあります。これは、フィルムがタングステンタイプかデイライトタイプかを読み取るピン。
カートリッジにノッチがあると、ここは押し込まれずに伸びたまま。ノッチがないと押し込まれて、色温度変換用フィルターが外れます。(70年代中盤以降に発売された安価な機種や中級機、一部の高級機ではこのピンが用意されていないことがあります。この場合は自分でフィルターの出し入れをしてください)

さて、先ほど読み取った0.3?0.8のラインに沿って、この「ものさし」の左側を見ると、0.8のラインをたどるとTungstenのところに「40」でdaylightのところに「25」とあります。同様に0.3のラインをたどると、Tungstenのところに「400」でdaylightのところが「250」とあります。

同様に、その間に設定されているピンを全部読み取っていきます。この数字は、このカメラが設定できるASA感度となります。

ですから、
タングステンタイプで ASA40/64/100/160/250/400
デイライトタイプでASA25/40/64/100/160/250の設定があるカメラだ、とわかります。

具体的にフィルムに当てはめると、

デイライト/タングステン使用として
25/40…(生産終了・タングステンタイプ)コダクローム40

40/64…(現行商品・タングステンタイプ)エクタクローム64T

64/100…(商品無し)

100/(160)…(一部ショップメイド販売・デイライトタイプ)エクタクローム100D
100/160…(生産終了・タングステンタイプ)エクタクローム160 TYPEA

160/250…(生産終了・デイライトタイプ)エクタクローム160G

これらのフィルムが使える(使えた)カメラであるとわかりますね。

ニコンオートズーム8Xの場合

nikon8x_speed_set.jpg

次に、ニコンオートズーム8Xを見てみます。ものすごくシャープなレンズに、フォーカスが大変合わせやすいシャープなスプリットイメージ式距離計を装備した、質実剛健かつ使いやすいカメラです。あとシャッターの構造が改造に向いていて・・・おっとこれは別項にて。

写真が暗くて恐縮ですが、この機種では感度設定はピンではなくて、銀色のレバーが左から右へ、スーパー8カートリッジのノッチに沿うことで読み取るのです。その読み取り幅はスーパー8カートリッジの感度設定域すべてをカバーしてますので、早い話どんなフィルムが来ても読み取れる、と言うことになります。
同様のレバーで読み取るのは、NIZOのサイレントシリーズの中級機に採用されていたりもします。他にもありますが。

ただ、規格外のフィルム、たとえばエクタクロームVNF 7240やVISION2 200T、同VISION2 500Tなど、感度自体がスーパー8カートリッジ規格に入っていないものはこの限りではありません。

ASA64に対応していないカメラの例

nizo156m_speed_set.jpg

 

これは、NIZOのコンパクトタイプ機。
このカメラは、100/160の所にしかピンが存在しません。
こういった場合、ピンが押されていない状態ならば自動的にASA160(タングステン時)のフィルムが入っていると見なす機構になっているのです。逆にピンが押してあると、ASA40のコダクローム40が装填されている、と読みます。
つまり、ASA25/40のフィルムと、ASA100/160のフィルムしか正しく感度設定が出来ないカメラだとわかります。

このものさしを使って、「わたしのカメラは64Tが使える!」「ぼくのはダメだ」とかご報告頂ければ幸いです。別途まとめて、リストを更新していきたいと思います。