9/9 自家現像パーティでナゾのフィルムを現像した

9月9日土曜日、世田谷の現像所で毎度おなじみの自家現像パーティに参加して参りました。

ワタシはこの日、BOLEX H16 REX-5で華麗に撮影をキメて、加齢に16ミリデビューを飾ろうと思っていたのですがいろいろとありまして断念。

その代わりに1998年頃に開封されたと語り継がれてるフジクロームR25を持って、現像所に参りましたのです。

そうです、インスタントコーヒー現像で飛行機の像が出てきた奴です。

30秒ぐらい未撮影部分が残ってたのでワタシが今年6月に米軍機を撮りました。それが上の写真中央の飛行機です。いちおう画が出てるから、もしかしたらカラーリバーサル現像に耐えられるかもしれない!と思ったのであります。

さて、ところ変わって世田谷の現像所です。

夏が終わったばかりですので、今日は客足もまばらです。

夏を越して、妖怪スポンジもかなりくたびれて笑顔が痛々しくなってきました。

ワタシは古いフィルムの現像をするので、現像所所長に「一番最後です!」と言われました。素直に順番待ちます。

でも、暇です。今日は人が少ないから話し相手もいません。
しょうがないので酒飲んで待ってると、

女性陣が「おいしいパン屋さんに買い物に行きましょう」というので、ワタシもついて行くことに。

途中でヤシカYXL-100を持った男子が加わり、ひとかけらのおいしいパンを目指して4人の珍道中となりました。

ちなみにこれがヤシカ YXL-100。原子マーク。

おいしいパンのある西方浄土はどうやらここです。boulangerie sudo。ワタシもここは気になっていたのです。早速店内へ

そしてそそくさと戦利品を持って店外へ。記念撮影じーっ。

1980年代の大学映画サークルみたいだなあ…

 

さて、現像所に戻っておいしいパンをもぐもぐしてたところで、まだワタシの順番は回ってきませんので暇。暇に飽かせて…

とても珍品なWittnauer cine-twinを発見!こいつはカメラなんですが、映写機にもなると言うとてもヘンテコな機材なんです。


この現像所の所長はどっから見つけてきたんでしょう。

暇暇暇!
暇こいてたら、現像所所長が「コレ治してください」と、
ロンドのスプライサーを持ってきました。

これらは、穴が開いてないロールテープを使うスプライサーで、左側がS8(シングル-8、スーパー8規格)タイプ。右側がR8(ダブル8。旧型8ミリ規格)タイプですね。
スプライシングテープは16mmのテープスプライサー用の現行商品が流用できますので、LPLの穴あきテープが製造終了されて久しい今後は活用の機会がありそうなのよね。

所長曰く「上のカッター刃がはずれてしまうんです」ってんですが、たってこんなの引っかかるところにちょちょっと引っかかりつければこんなのは…2分で修理完了。

暇つぶしにもならねえぞ!

あー暇だ…ロマンスカー発見!

ロマンスカーと言えば、
ウルトラQのあけてくれ!ですよね。
ウルトラセブンの緑の恐怖ですよね。

ようやっと順番が回ってきました。何度もレポートしてますので現像の段取りは割愛。

上がってきたフィルムは…すんごく緑色!

どうやら劣化してて、現像液の刺激でエマルジョンも一緒に溶け出しちゃったらしい。ドライウェルにわかめみたいなゴミがいっぱい入ってましたし。

こんだけ劣化してるから、相当前から開封されて空気に触れまくってたフィルムなんだろうなあ…

でも、かろうじて何か像が出てる。赤いエマルジョンとか全部取れちゃったんだろうけど緑だけ残ってるので、薄いモノトーンポジ像になってる。とにかく映写できそうだ。

さて映写してみるのですが…一体これはなんだ?

これ、いつの映像だ?この風景はどこなんだ?そしてこ、この車は!?

以下、次回!

 

 

東京都写真美術館の「エクスパンデッド・シネマ再考」と8ミリ自家現像ワークショップにおじゃま

9月24日、「エクスパンデッド・シネマ再考」と、その関連イベント:8ミリ自家現像ワークショップにお邪魔してきました。

「エキスパンデッドシネマ」は映画館でスクリーンに上映するんじゃなくて、変わったところに、ヘンテコなやりかたで上映することですって。

東京都写真美術館で、8月15日から10月15日までの展示。

映写機何台も並べて同時映写する作品とか

フィルムをループさせて映写するしくみを使った作品とか

どれが作品なんだかパッと観てわからないけど作品だったりとか

飯村隆彦さんの作品とか松本俊夫さんの作品とか

地下の展示室にいっぱいあります。

かつてはライブパフォーマンスと組み合わさってた作品とか

16mmフィルムを35mmスライドにブローアップして、輪状に並べたスライドプロジェクタでドーナツ形スクリーンに投影するとか

学芸員の田坂さんがご説明くださいましたが、そのスクリーンはかつてディスコ?に置かれていたとかで、

作品は設置されていた場と密接に結びついてんですね。

そして、時代の匂いがすごくプンプンする。

資料展示の一角に、

「サイケデリック」

って書いてありますもん。ものすごく1960年代後半です。

表現の最前線を切り開く試みってずっと続けられてるんでしょうけど、こと60年代には「今までと違うモノ!」、今までのものを否定する攻撃的で破壊的な挑戦がされてた時代と言う印象がありますが、そんなのをビンビンと感じておりましたん。

 


8ミリ自家現像ワークショップ@東京都写真美術館地下

エキスパンデッドシネマの関連イベントとして9月23日&24日にワークショップが開催されていました。

8ミリフィルムで撮影して

現像して編集して

写真美術館の地下のスタジオでマルチ映写しよう、と言う試みですね

ワタシは、9月24日の発表上映会にちょっとお邪魔してきました。

すでに上映始まってます。みなさん壁をじっとご覧になってる。

 

こちらは今日はスタッフと出品者のお立場なのかしら。

ワタシは発表上映会だけ覗いてきただけだから感じるのかなあ、8ミリ自家現像ワークショップとエクスパンデッドシネマの結びつきをもっと打ち出してもよかったように感じました

だって、エクスパンデッドシネマを作るワークショップになってるんですもの。

ほら。

インスタントコーヒーで使用期限切れの8ミリフィルムを現像する

インスタントコーヒーでフィルムが現像できるんです。

インスタントコーヒーの他には…

インスタントコーヒー
ビタミンC
炭酸ナトリウム(洗濯ソーダ。重曹じゃないです)

と、現像薬品と言うよりもキッチンとか洗濯機のそばにある生活雑貨ばっかりとずいぶんとハードル低い感じ。

コレを試してみようと。とは言ってもノウハウが分からんのでコーヒー現像で検索。

世界各国でコーヒー現像は行われてて、「Caffenol」さんが情報の総元締めみたいなところというのがわかります。そして日本語のサイトもたくさん見つかりました。

その中で今回は「ちいさなひかり」さんのページを参考にしました。

これら6種類のフィルムを選びました。未現像フィルムってたくさんいただくのですが、せっかくだから何が写ってるのかみたいじゃないっですか。左上から順番に、

1.Kodachrome40
2.Kodachrome40
3.Ektachrome160 type G
4.Fujichrome R25(上下テープ止めの旧型)
5.Fujichrome R25
6.Tri-X

たぶん、4番のフジクロームR25はとても古いと思う。これ、画が出るかな…

準備です。コーヒーを計ります。

 

ビタミンCも計ります。

重曹(炭酸水素ナトリウム)をフライパンで炒ると炭酸ナトリウムが出来ます。アルカリ性が強くなるので手に触れると荒れますのでここからは手袋した方が良いです。

粉からぽこぽこあぶくが出てこなくなったら炭酸ナトリウム(洗濯ソーダ)になってます。

あとはコレ全部水で溶かして…現像タンクにぶっ込んで…

現像→水洗→定着→乾燥

はじめてのコーヒー現像はさて…

全体的に真っ黒けでOTZですが、よーく見ると、像が浮かんでる!
2段半開けた写真には、確かになんか浮かんでる。
しかも、今まで一度も像をむすんだことにないEktachrome 160 Type Gまでなにやら写ってる。
左から、
1.Kodachrome40
2.Kodachrome40
3.Ektachrome160 type G
4.Fujichrome R25(上下テープ止めの旧型)
5.Fujichrome R25
6.Tri-X
1.のKodachrome40は、人物が写ってますね。これは古い開封済みフィルムで初夏に撮影したモノです。
2.のKodachrome40は、以前通常の現像液で端尺現像してみてもダメだったモノで、やっぱり画が出ません。
3.のEktachrome160TypeGは下の方にフレームが写ってる。
しかし像ははっきりしない。こちらは今まで現像トライしてますが何も画が出てなかったモノなので意外です。

4.のfujichrome25は、今までどんな現像をしても全部真っ黒。芯から真っ黒。このフィルムだけはもしかしたら、いろいろカメラテスト用とかに使われて完全に感光しちゃってるかなあ。あと、このフィルムはやっぱり古いのよね絶対的に。

5.のfujichromeR25は、6月中旬に昭島でたまたま撮った米軍機がしっかり写ってます。このフィルムも開封済みを途中から使ったモノですが、今んところ何かしら像は出てます。

6.のTri-Xは、中外の印画紙用現像液でやったときよりはダメです。このフィルムの仕上がりはもっと良いだろうと踏んでたので意外です。

4.のフジクロームR25は何やってもダメそうなので、現像トライするのはあきらめましょう。また、2のコダクローム40もダメそうです。

コーヒー現像、意外にイケてます。もちろん、モノクロネガ現像しか出来ないので、あとでテレシネしてポジ画像にしないと何が写ってるか正確にはわからないんです。

未現像フィルムは、その古さや保存状況によってはリバーサル現像の行程に乳剤が耐えられないほど劣化してる場合もあります。そんな脆弱な未現像フィルムでも、負担の少ないモノクロネガ現像ならば像を結ぶことがあります。もしかして貴重な映像が映ってるかも?そんな期待を胸に、モノクロネガ現像、そして環境の負担の少ないコーヒー現像というのは、検討するに値する手段なのかも知れません。

ただ、コーヒー現像はやっぱり市販の現像液よりムラがあります。

T8CC 東京8ミリシネ倶楽部 例会 9月30日開催

T8CC 東京8ミリシネ倶楽部の例会のご案内です
日時 2017年9月30日(土曜日)午後6時~(二次会有り)
場所 萩中集会所地下1F 第3集会室
〒144-0047 大田区萩中三丁目25番8号


1.年会費は不要。
2.出席時に各自300円の会場費負担をお願いします
3.クラブ見学歓迎です。会員の友人知人の方無料。
持参作品上映の場合は300円の会場費負担をお願いします
4.W8(ダブル8/レギュラー8)サイレントフィルムも常時上映可能
5.露出失敗、撮影トラブル、ピンぼけ、現像ムラ、カビ、キズモノ、上映可能なら歓迎します

http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/kumin_center/haginaka_s/

 

Lomography LomoChrome Purpleのスーパー8版が超限定でリリースですって

Lomography LomoChrome Purpleのスーパー8版が超限定でリリースですって

ロモグラフィが35mmスチルとか16mm映画用ですでに出してたカラーネガフィルムのスーパー8版が、超限定リリースするのだそうです。その名もLomography LomoChrome Purple。

なんじゃいパープルって。

実はこのロモクロームパープルは、色がめっちゃクチャになる、とってもサイケデリックなフィルムなのです。

具体的にはブルーがグリーンに、グリーンがパープルに、イエローがピンクになるんだそうですよ。ずいぶんへんてこです。

しかも、ISO感度設定を変えると色の調子が変わるんだそうです。
はなっから色がめっちゃクチャ現実と異なるのをセールスポイントにしてる。
ホントへんてこな商品。

感度は400が基本で、200や100でも撮れるってんですから仕組みがよく分かりませんが、とにかく色の変化を楽しみたいのであれば、Beaulieuみたいに感度設定がフルマニュアル設定のスーパー8カメラで撮ってみたり、カメラの用意が無い方はマガジンの感度設定を少しいじってみたりしたら出来ますね。

ただ、お値段もかなりバカ高いんですが、ご興味ある方は下記の通販からどうぞ。
現像は通常のカラーネガフィルム現像処方ですね。

New Lomography LomoChrome Purple Super 8 Film

キヤノンスクーピック16MNを直す

突然、16ミリフィルムが撮りたくなりました。

しかし、わたしは16ミリフィルムカメラを持ってない。いや、ウソだ実相寺昭雄カントクがサインしてくれたBOLEXを持ってる。

でも、REFLEXタイプではないので使いにくいし、せっかくカントクが描いてくださったガヴァドンのイラストが消えるのが嫌だ。

これ以外に16ミリカメラ持ってなかったか…おもちゃ箱を探したら、ぶっ壊れたCANON SCOOPIC 16MNが入ってた。

キヤノンスクーピック16MN。スクーピックシリーズはもともと、NHKとキヤノンが共同で報道カメラマン用に開発したカメラ。

キヤノンは、主に報道用途に16ミリカメラをこれだけ作ってきました。

1965 スクーピック16
1970 サウンドスクーピック200
1970 サウンドスクーピック100
1972 サウンドスクーピック200S10
1972 サウンドスクーピック200S/200SE
1973 スクーピック16M
1974 スクーピック16MN
1977 スクーピック16MS
1979 システマサウンド16

今では信じられないと思いますが、昔はテレビのニュース取材用に16ミリフィルムカメラが使われていたのです。ビデオカメラは持ち出して取材現場でぶんぶん振り回すのにはあまりに重かったからです。

そして今は…ENGカメラが使われてます。ENGってエレクトリック・ニュース・ギャザリング=取材用のビデオカメラの略称。”エレクトリック”ってわざわざ名付けたのは、フィルムから電気仕掛けに変わったから。

ENGというシステムと概念は1970年代末~1980年代冒頭に登場して、フィルムを使う取材用16ミリカメラを古くさいものとして押しつぶし、一気に普及していきました。キヤノンの16ミリカメラシリーズが1979年で途絶えているのもそういうわけです。

さて昔話はさておき、当家のスクーピック16MNを振り返ると、

バッテリー無し、バッテリーフタもない、ただのジャンクです。
だが、レンズにはちっこいゴミある程度が救い。使えるのかコレ?

 

まずはバッテリーを考えよう。そもそも純正のニッカドバッテリーは、12Vで容量が450mAhだった。腐ったバッテリーを開封すると、中には45mAhの単三形ニッケルカドミウム充電池が10本、直列に半田付けされていた。

ならばニッカド電池10本用意するか?

でも今はニッケル水素電池を使う方がいろいろと便利だ。エネループのスタンダードでも1900mAh。ダイソーのあやしい100円ニッケル水素電池でも1300mAhだから、圧倒的な容量増加が見込める。

ということで、SCOOPIC 16MNのバッテリーとして、単三形のニッケル水素電池10本を装填できる電池ボックスを工作することに決定。

さっそく、秋葉原の千石電商さんにゴー!

【材料】
単3乾電池10本入りのケース。


(※リード線が出てる奴。スナップ金具のははみ出てダメ)
単2電池の電池ケース用の金具。プラス極用のを2個。
両面テープ少々。

【作り方】
1.リード線の先っぽ切ります。
3.リード線を金具の穴に突っ込んでねじって止めます。


3.両面テープで電池ボックスの端っこに貼ります


おわり。ここまで所要時間5分だよ!

100円均一のセリアで売ってるニッケル水素電池を入れてカメラに入れるとちょうど良い感じ!

シャッターボタンを押すと…
It’s Alive! It’s Alive!

バッテリーチェッカーもブルーゾーンで良い感じ!

 

7/30 8ミリフィルム現像パーティにおじゃま

8ミリフィルム現像パーティに、今月も参りました。

入り口には赤ちゃんのフィルムが、真夏の風にひらひらと舞ってました。

中にはいると…シングル-8カメラのデザインを多数手がけた、水川繁雄さんが現像に参加されておられます。ビックリです。

蒟蒻屋の娘が、またもや現像のお手伝いをかいがいしく務めています。

現像終わったシングル-8フィルム。これからバックコートをこそぎ落とす作業に取りかかります。

現像用スポンジで、フィルムにこびりついてるバックコートを、丁寧に擦り落としていきます。これがとてもめんどくさい。

バックコートが取れたら、安定浴をして、

 フィルムを干していきます。手伝ってるのは当現像所の所長。

フィルムをうんと引っ張り出して、だいたんに洗濯干しにフィルムをぶら下げていきます。

現像直後のフィルムはとても鮮やかな青色に染まっているのですが、乾燥するにつれては透明になっていき、被写体の姿が現れてきます。

フィルム現像の楽しみ、ここですねー。セミの脱皮みたい。観てるとどんどん完成されていく。生き物ですね。

蒟蒻屋の娘が蒟蒻屋たるゆえんはこの、前掛けであります。

 

さて、この「ドッカンbyフジカワ」というのは何だろう…

なんと!これは現像用タンクであります。塩ビパイプを加工して作った自家製とのこと。2.5リットルも入るので、これだったら16ミリフィルムを50フィートぐらい現像できますね!

(ワタクシは今、16ミリカメラをいろいろと準備してるのです)

さて、現像パーティもだんだんと人が増えて参りました。現像所の奥では、映画関連書籍を読みふける若人たちの姿が。

読んでる人たちと、それを見つめてる人と、現像補助を続ける人といろいろです。ちなみに黒いシャツの女性が読んでる本は私も持ってまっす。

と、この辺りですっかり酔いが回ってきてしまいまして…あとはなんだかずっと寝込んでました。

お酒強くないんですが、なぜか安いぞうさんワイン1本ひとりで飲んでしまい…もう何が何だか。

みなさん、フィルムを現像するときは体に毒な薬をいっぱい使うので、お酒を飲んだりしてはいけませんですよ。

 

新型スーパー8カメラのリリース時期最新情報

Super8.
Better than perfect
SPRING 2017

もうおなじみになったカステラ型の新型スーパー8カメラ、そしてはSPRING 2017の文字が!

これはコダック本社@ロチェスター謹製の豪華パンフ”Kodachrome”♪の表紙めくったドあたまの見開き広告なのです。なおご本は映像作家の石川亮さんの渡米土産でして石川さんもろもろ毎度ありがとうです。

コダック本社で行われたイベントでは、こんなダイカットステッカーも配布してたみたいですね。

アメリカの8ミリ16ミリのフィルム&現像&テレシネ屋さん、Spectra Film & Videoと、Pro8mmのちらし。ライバル企業♪


さてさて、2017年春って言われたってもう、この記事は6月1日に書いてます。6月は春じゃねえよな…ということで、またずれ込んでます。

そしてホントの発売予定時期はコダック本社スタッフ談によるとさらにずれ込んで、おそらく9月頃というお話とのこと。エクタクロームリリース予定が第三四半期ですから10-12月?(予定は未定ですよ念のため)実際のところありそうなのは、全部まとめて同じ時期に出すってことぐらいかな。ただ、エクタクロームのリリース時期の詳細はまだ分かりませんで、「出す」ということだけは聞いてます。

8ミリ日が沈まナイト@千歳烏山

 

5月27日土曜日、千歳烏山駅前で路上演劇祭と言うイベントがありました。

 

路上演劇祭というので、駅前でお芝居してるのかと思ってましたら、ゆったりとバンドが演奏したり、


自作の詩を朗読したり、


昭和のヒットソングをカラオケ熱唱したり、パントマイムをしたりと、素人さんの芸の無礼講地帯となっておりました。

さて、そんな路上演劇祭の中で開催される「日が沈まナイト」は、数時間で8ミリフィルムの撮影→現像→上映までやりきっちゃう!イベント。まさに八甲田山なみの強行軍、大いそがしな企画ですね!

というわけでテントを覗くと、バリバリ現像してる。

んで、バケツでフィルム晒してる!

 

んで、 フィルムを干す!

そしたら映写機のセッティングをはじめて…

ついでに看板なんかこしらえて。

看板作ると、通り過ぎる人たちが質問してくるナイト。いやデイ。答える阿部さん。

残念ながら私は上映会までは視られませんでした。

上映会の模様は、「8mmFILM小金井街道プロジェクト」のfacebookで視られますよ。

https://www.facebook.com/8mmFKKP/

使いやすい現像タンクはどれだ!?

2回ほどインスタゲン現像タンクで8ミリフィルムを現像してみたが、どうも現像液の注入&排水に時間がかかりすぎるようだ。

現像し過ぎとまた現像ムラを回避したいので、できるだけ注入と排水は短時間で済ませたい。

まず、インスタゲン現像機にお水を入れてみる。インスタゲン現像機はだいたい500ミリリットルで済むのだが…

なんと、注入に約1分もかかるのだ。これ以上早くするとあふれちゃうから早くできない。うーむ。

続いて排水は、 

インスタゲン現像機の排水は約22秒ぐらいかかる。

続いて、LPLで売られてた旧型のオールステンレスタイプの現像タンク。これは大体1リットルの現像液が入る。8ミリの現像には昔からよく使われてるサイズはコレ。

注入は18秒ぐらいで済む。インスタゲン現像機の1/3の時間であります。

続いて排水は…おおよそ10秒。

インスタゲン現像機は、普通の写真用現像タンクの半分の現像液量にもかかわらず、現像液の入り口が狭いために、

注入で3倍、排水で2倍の時間が必要になってる。

現像時間の調整でどうにか対処できるモノか?それとも難しいか?まずは買ったばかりのLPLステンレスタンクの自家現像実験をしてみよう。

おもしろい映像を作るには、8mmでも16mmでもDVでもHDVでもAVCHDでもPCでもMacでもAMIGAでもVRでも何でも使いましょう!とマディ折原が提案するサイト