12年ぶりに現像したコダクローム40は?

大学のOBのK先輩から借りた1014XL-Sには、コダクローム40が一本入ったままになってました。
聞けば12年前からそのままだとのこと。
12年前からカメラに入れっぱなし!電池も入れっぱなしで大爆発!

先輩からは「なんか作品制作途中だったのでカメラ貸す代わりに現像してくれい」と虫のいいお願いが。はいはい。現像費持って修理もしろってことかよ。

フィルムは撮影途中で止まってたのでせっかくですから1014エレクトロニクに入れ替えて撮影して見ました。撮影現像は4年ぐらい前です。

さて、現像上がりはこんな感じ。

まず12年前に先輩が撮った映像は・・・色が薄くてシアンばっかり・・・
あんたナニ撮ってるんだよ!

こんなの現像しろって頼まれたのかオレ。

フィルム途中からあたくしが撮り足した部分はこんな感じ。

新宿のロケハンついでに休憩で寄った新宿御苑です。12年前に撮影されたところよりは色が出ますね。

コダクロームは外式の発色方式ですから、まだこれだけ色が出るのかも知れません。

さて、コダクロームの8mmフィルム現像もいよいよ2006年7月15日まで。
撮影途中で放置されたフィルムには、今となっては絶対に撮ることが出来ない映像が埋もれてます。現像しちゃいましょう。現像しちゃえばコダクロームは下手なビデオより保ちます。

おすすめ

2件のフィードバック

  1. kazuyuki より:

    二三日前にコダクローム40のサウンドフイルムの現像について書き込んだはずですが。
    どのようにすれば読んでいただける(書き込み内容が伝わる)のでしょうか?
    K40サウンドフイルムの現像について教えてください。

  2. マディ折原 より:

    かずゆきさま
    あたくしはコダクローム40のサウンドフィルムを使ったことがございませんので知人に聞いてみましたところ、「昔は普通にカメラ屋さんの現像窓口でお願いしたよ」との事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください