ヨーロッパ限定でコダクローム現像延長の噂

さて、ドイツからしばらくぶりに入ってきたニュース。

どうやら、スイス・ローザンヌのコダクローム現像の終了がちょいと延長されたらしい、との事。
とは言うもののたかだか一ヶ月程度。2006年9月30日までだ、とのことです。

日本やアメリカでは、K-14への転送がなされているようですし(一部情報のみで100%かどうかは不明)、この一ヶ月の延長はあくまでヨーロッパ限定の話のようです。

というわけで、日本に住む我々には直接利益に結びつく話ではございませんが、まあ、こういうのも利用する方法があるものでして・・・。

おすすめ

1件の返信

  1. 加藤 延男 より:

    スイス現像が1ヶ月でも延長されたらしい、という話しについてその後事実確認された、とかいう情報はありますでしょうか?
     それから「K?14」というのは何でしょうか?
     現在私はレトロ通販が販売した、撮影後にスイスに郵送できるタイプのサウンドフィルム3本もっています。それとこれもレトロ通販が販売した200フィートのフィルム1本のうちの約50フィートくらいが、未撮影です。
     梅雨のさなかで撮影状況が悪く、なかなか撮影出来ないうちに7月下旬になってしまいました。
     その後の情報をお持ちでしたら、是非公開して頂きたく、お願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください