ZC1000&コダクローム40撮影の映画『虹の女神』

ビデオSALON9月号をぱらぱら見ていたら、熊澤尚人監督の写真が載ってた。よく見たらZC1000を持ってる。

何やってるんだろうと思ったら岩井俊二プロデュース・熊澤尚人監督の新作映画『虹の女神』のプロモーションの一環で、PFFで何か語っていたそうです。

PFFでシンポジウムをするとは聞いていたけど、こういうことだったんだなあ。

ビデオSALONの記事によると、「『虹の女神』劇中劇の「THE END OF THE WORLD」という作品は、コダクローム40をZC1000に詰めて撮られた」との事。  本編は普通に(シネアルタかな?)劇場用フォーマットで撮られていて、中で使われる映画だけがZC1000で撮られている、と言うことのようです。

全編ZC1000ってわけではないんですね。ちょっと拍子抜け。でも、それにしたって気になります。8mmを使った劇場用映画なんてそんなに数はないのですから。
古くは大林宣彦の『転校生』とかね。最近だと、元々8mmだった『闇打つ心臓 Heart,beating in the dark』とかね。そういえば、『転校生』って、8mmマニアの尾美としのりのアニキ役って中川翔子の亡父である中川勝彦だったような気が・・・

閑話休題。

しかし、熊澤は随分手間のかかることをやったもんです。学生時代にシングル8のモノクロ現像ものとかはやってたけど、手間の掛かるコダクローム40のハンドロードなんてやってなかったはず。一体どういった風の吹き回し???

・・・ああ「岩井俊二が学生時代そうしてたように」と書いてあります。岩井さんはそうしてたのか。

しかし気になります。どんな感じに仕上がってるのか。今度出会ったら聞いておきたいですね。つーか作品見ろよアタクシ。

『虹の女神』のサイトのトップには、上野樹里がZC1000を抱えている写真が貼られています。その持ち方だとやたらと重いよね、ZC1000。

【これってアセテートフィルムのシングル8マガジン装填だ!】

なんと長い見出し。
そういえば、ずっと研究しているVelviaのシングル8マガジン商品と、似たようなシチュエーションですよねこれ。
厚めのアセテートベースフィルムを、本来薄いポリエスターベース用であるはずのシングル8カメラで駆動する、と言う点に於いては同じですよね。

ふと記憶をたどってみると、「コダクローム40のシングル8マガジンへハンドロード」ってのは実はそんなに珍しいことではなかったです。
小型映画にもちょくちょく出て来ましたし、誌面以外であたくしも事例を聞いたことがあります。

そしてさらに思い出すと・・・思い出せません、コダクローム40だと走行トラブルが起きて困った困った!とか・・・全然聞いた記憶がないのです。ないものは思い出せません。

Velviaと条件的には似たようなモンであるにも関わらず、です。でも結果が違うと言うことは、何か原因があるはず。
もしかしたら、この比較をすることにトラブルの原因究明の糸口があるのかも知れません。 厚さが違うとか?材質が違うとか?それとも製造上の問題とか?

しっかし、ぱっと答えは出せません。まだデータ不足です。

本来ならば、製造販売元であるレトロさんが一番データを持ってるはず。レトロさんも、原因究明をこのポイントからやってみてはいかが?
「どのシングル8カメラにも安心してお使いになれます」ってホントに胸張って販売出来る品物になったほうが、お客さんもお店にも得になると思うのですがどうでしょ?

とにかく、今のままだと怖いですモンね。  それにしても、熊澤君の映画はきちんと撮れてるのだろうか?ZC1000は途中で止まったりしなかったんだろうか?ガーガーとでかい音で走行したりしなかったんだろうか?

おすすめ

4件のフィードバック

  1. は☆な より:

    コダクロームをシングルのマガジンに詰め直すというのは条件的に似た物と言うより、むしろ条件は悪かったはずです。
    カートリッジを割ったり、フィルムをテープで貼り付けたりでフィルムの巻きはけっこう乱雑だったと思います。マガジンを割った所にも遮光のテープを貼ったりして。
    にもかかわらず少なくともZC-1000では不具合を聞いた事が有りません。
    シネビアには不具合を引き起こす独自の問題が有るのでしょうか。

  2. 麻生 より:

    ふと思ったのですが シネビアの中身ってスチル用フィルムのベルビアですよね?もしかしてバッキング層の有無で走行性に影響が出ているのではないでしょうか?あくまで推測ですが…

  3. オオノ隊員 より:

     スーパー8のエクタクローム64Tをシングル8マガジンに詰めてみて同様のトラブルが起きるかどうかです。ベルビアはもともと映画用フィルムではなく,スーパー8フィルムより5μmほど厚いこともあり柔軟性に差があることが考えられます。そのあたりに微妙な問題があるのかも知れません。

  4. 黒曜石 より:

    かなりむかーし、E6の仕上げした時に思ったのですが、ベルビア(RVP)は他のフィルムと比べると固さを感じるフィルムでした、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください