16mm用磁気録音映写機・エルモ16AAR到着

 


16mmは、光学録音が一般的ですので、磁気録音式はあまり一般的ではありません。
ですので、磁気録音機能を持った映写機は、とても少ないです。種類も少なければ台数も少ないのです。

そんな数少ない中から、エルモ16AARという磁気録音可能な機種をチョイスして導入。

なんで今時磁気録音?
もうこれは簡単。磁気録音とリバーサルフィルムの組み合わせだとずいぶん安くできるからです。

もちろん、磁気録音をするためにはフィルムがマグネストライプされていなくてはなりませんが、今現在国内でマグネストライプサービスを行っている会社はありません。

そもそも、磁気録音されたフィルムも持っていませんのでチェックのしようがありません。通常上映は大丈夫なのですけどねえ・・・。

おすすめ

1件の返信

  1. オオノ隊員 より:

     16ミリ映写機の録音機構はどうなっているのでしょうか。外見を見る限り,一般用の映写機と殆ど変わらないんですけれども。赤いボタンを押し込むと,左の白い部分が赤く点灯して録音開始・・という具合になるのでしょうか。
    安全装置は?途中録音はできるのか?録音レベルは?入出力端子はどこに?マイク入力ライン入力のミックスはできるのか・・・・等々・・お教えください。ボレックスの16ミリ映写機は,18,24こま切り替え,速度微調整,自動,手動録音,VUメーター完備,二重録音可能・・といったように,8ミリ映写機並みの充実ぶりでしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください