シングル-8の販売継続について富士フイルムに聞きました

先日1月10日に富士フイルムが、

シングル-8フィルム 「FUJICHROME R25N」「FUJICHROME RT200N」
販売及び現像サービス終了延期のお知らせ

を発表しました。 

この発表を受けて、各所でこの発表は報じられました。その中の一部で「販売」ではなく、「製造」も終了延長されると報じていました。具体的には、スポーツ報知とレトロ通販さんのサイト(レトロさんのサイトに1/24現在書かれていません)。ヨーロッパのfilmshootingというサイト。

しかし、富士の発表では製造について触れていませんでした。

同じ日の1月10日には、「フィルム文化を存続させる会」に富士フイルムの回答書が送られています。

この回答書には、上記の富士フイルムのサイトに書かれたことよりずっと詳しく具体的に、フィルムの予想販売期間や、それに伴った現像サービスの継続について書かれています。

しかし、かなり具体的な回答が並ぶ中、フィルムの製造については書かれていません。やや唐突に、流通出来る期限には限界があります、と書かれて理由が述べられています。たとえば、回答書では「販売期間は約3?5年間」と富士フイルムさんがこたえています。

この、予測している販売期間の間、いったいどうやってフィルムそのものは供給されるのでしょうか?
しかも、需要量によって販売期間も変わると言われています。

はっきりさせるために富士フイルムさんに直接質問しました。

[富士フイルムに聞きましたよ]

というわけで、富士フイルムお客様コミュニケーションセンターに電話をかけました。
受け付けらしい女性が簡単な説明をしてくれた後に、当方がすこしつっこんだ質問をしたところ、別な担当の方に替わって詳しく説明してくれました。

ナゾは大体解けました。以降のやりとりはこんな感じです。

Q(マディ):富士フイルムのお知らせページにあるシングル-8の販売終了の延期についてですが、延期期間はどれくらいですか?

A(富士フイルム):大体3年間の延長を考えています。

Q:「フィルム文化を存続させる会」にお客様コミュニケーションセンターの藤井秀夫センター長様の名前で、回答書が送られています。
そこには、R25Nで5年間、RT200Nで3年間の品質保持による供給可能な期間の限界があると回答されています。そして、この供給期間も需要量に変わると書いてあります。

この二つから考えると「フィルムを製造してプールしておき、(販売を続ける)」、という形になるのかと推察出来ますが、いかがでしょうか?

A:おっしゃるように、まとめ製造で間違いありません

Q:ということは、製造の延長ではなく、あくまでも「販売の延長」というのが正しいと言うことでしょうか?

A:はい。

Q:回答書には、期間が過ぎた後の供給製造については需要量を見て検討とありますが、(まとめ製造の後に)、フィルムの製造施設他を撤去するなどの不可逆的な処理をすることはあるのでしょうか?

A:製造現場の事についてはこちらでは分かりかねることがありますが、現時点では決定していません。少なくとも、(その決定がされたかどうかは)降りてきてません。

Q:フィルムのまとめ製造はいつ行われますか?

A:社内の資料によると、R25Nが3月出荷予定、RT200Nが4月出荷予定とあります。(註:発表していいことかどうかは分かりませんが、と前置きアリ)

Q:まとめ製造の件については、オフィシャルな言葉と考えていいですか?

A:(発表はしていませんが)お客様Q&Aに用意されています。

富士フイルムさんはお問い合わせは録音することがあるそうですが、当方はメモと記憶によるもので、細かい表現は実際と異なります。しかし電話後すぐに書いたもので、事実関係はできる限りそのまま記したつもりです。

この質問で分かった事は、

●今年の1月か2月かそのアタリに、向こう3年から5年分と目される量のフィルムを製造
●製造されたフィルムはストックされて、3月から出荷開始していく予定

●現時点では、このワンチャンスの製造だけ
●その後の製造についてはまったく未定
●フィルム製造用の施設そのほかの撤去等は現在決定していない
●次回の製造には、需要その他の要素が決定には関わってくる

ということですから、1月10日に発表されたことを一番簡単に言うと、

向こう3-5年分のフィルムを1回だけ作るよ。売ってる間は現像もやるよ。

てな事だとまとめられます。

これは、製造終了の延長ではないですね。
販売と現像は終了が延長していますが、製造はたった一回だけですから。

[消費者にはマイナスな点]

今回、富士フイルムさんが言われたのは、「未来ずーっと安心してシングル-8を使っていられるようになりました!」ということではありません。向こう数年間分のフィルムを用意しておくだけですから、底をつけば終わりとなります。売れなくてフィルムが傷んでしまってもそれで終わりです。

適切な言葉使いかどうか分かりませんが、「延命措置」と言ってもそれほど間違いではないでしょう。
単なる延命ですから、このままでは間違いなくシングル-8は無くなります。

今後もシングル-8を使い続けたいのであれば、このままだと無くなっちゃうよという事を知った上で、次に何をするのか、しないのかを考えていかないといけないと思うのです。そうでないと、長くフィルムを使い続けることにとってはマイナスに働く事だろうと思っています。

[プラスに働いた点]

ただ、今回の発表でプラスに働いたことももちろんあります。
ああ、もうシングル-8は終わりなんだという、すこし後ろ向きの気持ちになっていた人に対して、可能性とか余地期間を与えたことになるのですから。
そしてさらに、一番最初に書いたワークショップの盛況の件。聞いた限りでは、カメラは持っていながらも今まで撮影したことのない初心者の方も多く参加されているとのことです。

先述の回答書で富士フイルムさんは、こう言っています。

「S-8システム全体の販売促進という意味での告知でしたら、誠に残念ながら、カメラ販売が終了して既に20年以上が経ち、カメラの無い状態で代替システム(註:この場合ビデオカメラなど)が主流となっている中、S-8の新規ユーザーの獲得は非常に難しいと考えております」
(フィルム文化を存続させる会への回答書より)

もっとユーザー層が厚かった時期を意識した発言だろうとは思いますが、敢えて言葉通りに解釈すると「告知しても新規ユーザーは出て来ません」」とだけ書いてある文です。

今回のシングル-8の販売終了時期延長のニュースがどれだけの販売促進効果を持つのか分かりません。しかし、少なくともあたくしの身近で、新たにカメラを手にしてフィルムを回した人がいたのは確かです。

そうでなくても、これぐらいじゃ焼け石に水なのかも知れませんけど、毎年新規ユーザーさんはちゃんと生まれてますよね。

また、代替システムとして挙げられているビデオ、そしてフィルムとの関係も、使い手によってはいろいろですね。と言う風に、 ユーザーがフィルムに対して思っていることと比べたら、ユーザーと富士フイルムさんとの関係はずっとシンプルですよね。

[まだわからないこと]

一体、3年だの5年だのの長い期間、どうやってフィルムを保存しておくのでしょうね?

今現在流通しているフィルムはいつ頃作られたものなのです?と富士フイルムさんに質問したところ、富士フイルムの担当者は製造の現場についてはよく分からないと前置きしながらも、

2005年の冬にカメラ店店頭からシングル-8フィルムが無くなったことがありましたよね。あの晩秋から冬にかけて製造されたロットが今販売されているものではないか、

 と、答えてくださいました。

計算すると、約一年と三ヶ月程度前に製造されたものですね。
となると、今まで製造されて流通してきたよりも長い期間、フィルムが倉庫(かどこか)にプールされることになりますね。

あと、これも聞き忘れました。

スプライシングテープの販売はどうなるのでしょう?

 

8ミリ鑑定団、その後の経過について マーク300映写機のこと

12月上旬に、8ミリの大先輩がた3名をお連れして、とある方から大量な機材を引き取って参りました。

その8mmの大先輩な「8ミリ鑑定団」のお一人、「素人による8ミリ映画の部屋」の松田さんから、エルモGS-1200のマーク300映写ランプ改造版が仕上がった、と言うご連絡を頂きました。

そもそも、マーク300ってなんだ。

MARC300とは、すごく明るい映写用電球です。
クセノンよりも明るく、発色がハロゲンランプに近いアークランプの一種なのです。しかし特殊な電源が必要で、おまけに寿命が短いという欠点があり、カスタム機以外では国産の8mm映写機には採用されなかったものです。(海外にはあるようです)

この場合の「カスタム機」というのは、富士フイルムの上映会で使われた「フジカスコープSH300(SH30の改造版?未確認です)」、エルモの上映会で使われたカスタム(GS1200ベース?)映写機などのこと。
そういう大きなイベントでしばしば使われていたので、マーク300は特殊なものにしては、結構見られていたしその存在も知られていたそうです。

というわけで、電気の知識があって金属加工の腕に覚えのある方は、映写機を改造してマーク300を組み込んで使っていたのだそうです。

今回、完成したのはエルモGS-1200をベースにした映写機。この映写機は、1月27日に行われる東京8ミリシネ倶楽部の上映会で使われるとのことですので、ご興味ある方は是非。

ただ、マーク300ってもう生産終了しているのですよね・・・。

[改訂]シングル-8フィルムの販売中止延期について

1月10日、富士フイルムは、当面の間シングル8フィルムの販売と現像の終了を延期する、という決定をしたと発表しました。

シングル-8用フィルム
「FUJICHROME R25N」「FUJICHROME RT200N」
販売および現像サービス終了延期のお知らせ(富士フイルム)

このリリースではざっくりと、当初2007年3月に予定されていたシングル8フィルムの「販売」と2008年夏に予定されていた「現像」の終了期間は延期しますと言っています。

ともあれ、この発表を受けてasahi.comでは、

8ミリフィルム「まだ写せます」 富士が販売中止撤回
のような記事を掲載しています。

一方、こちらはスポーツ報知。

富士が8ミリフィルムの販売継続へ

と題して記事を掲載。映画評論家で「フィルム文化を存続させる会」発起人のひとりであります大久保賢一さんからコメントをもらったりしています。

さて、この報知の記事の最初の行には、富士フイルムのサイトには載っていない、具体的な情報が載っています。

3-5年間の生産販売継続?

具体的な期間が出てますね。さて、これはどういう意味なのでしょう?

一方、同日1月10日には、富士フイルムの正式な窓口からの回答として、ある文書が送られています。
それは、昨年12月7日付けで「フィルム文化を存続させる会」から送られた、シングル-8に関する数々の要望をまとめた要望書に対しての回答書です。

フィルム文化を存続させる会

富士フイルムからの1/10付け回答書

回答者は、「社長直轄部門であるお客様コミュニケーションセンター」のセンター長の藤井さんという方だそうです。

内容は大きく分けて、1月10日に発表された富士フイルムのサイトに載っているものについてさらに具体的に書かれているところと、フィルム文化を存続させる会から12月7日付けに送られた要望書に対する回答の二つに分かれています。

前者の、1月10日の富士フイルムの発表については、この文書ではこのように書かれています。

●新たな設備投資がかかるが、R25NとRT200Nの販売中止を当面延期する

そして、その延期の期間についても言及されています・・・まるっと引用しましょう。

「今回の延期にあたり、需要の変化と経年変化による品質保証の問題から、販売継続期間は断言しかねます。現時点での見通しではR25Nタイプで約5年、RT200Nタイプで約3年程度は継続可能とみています。その後は需要動向を見て検討させて頂きたいと考えております。」
フィルム文化を存続させる会への回答書1月10付けより

ここから分かることは、

●継続期間は、需要の変化と経年変化による品質保証の二つの要素で変化する
●2種類のフィルムは、継続可能期間が異なる
●その期間の後は、需要動向を見て検討
●同様に現像も中止延期

と言うことです。
スポーツ報知の記事にあった3-5年という数字は、ここで確認が出来ました。しかし、報知の記事にある「生産」の継続という表現は、富士からの発表の両方に見られません。ですので、実際にどういう形で製造供給されるシステムになるのかは、ちょっとしたナゾが残ったままになっていますが、いずれにせよ、

「需要量」と「経年変化による品質保持」の二つの要素に左右される期限的なリミットを前提とした、販売と現像が継続されるという事は、確認が出来ます。

ここでいっぺんまとめておきますと、あくまでも今回は「終了の延期」であると言うこと。
無期継続決定!ではないのです。
ですから、いつかは終わる。そしてそれが3-5年の間だ、と言うことなのです。

(以下削除) 

Cinevia T64シングル-8版概観

フジクロームT64プロフェッショナルと言う、一昨年にリリースされたASA64のタングステンタイプリバーサルフィルムが詰められたシングル8マガジン商品を、レトロさんから買ってきました。

cineviat64.jpg

リリースのアナウンスはずいぶん前からありました。んで、秋口の早い時期からレトロさんのホームページで「近日発売」の文字が消えたので、もう品物の導入も落ち着いた頃だろうと11月に行ったんですけど、「まだ販売してない」と言われてぎゃふん。未発売なら「近日発売」のままにしておいてくれればよかったのにぃ。ちなみに、年末に初めて商品が入ってきたそうですよ。

一見して、パッケージががらりと変わっています。レトロの名前も、GK-FILMSの名前も入ってませんです。それどころか、CINEVIAって言う名前もないですね。製造国も製造業者も書いてないから、ナゾの商品だあ。

cineviat64_cart.jpg

ラベルの汎用性はずいぶん高くなってます。チェックボックスに色を塗ることで、中身を区別できるようになっていますから。
写真ではわかりにくいと思うので、念のため書き出しておきます。

上段左には、□FUJI □KODAK □Other___
上段右は、□Daylight □Tungsten
中央段左は、□Color □Black & White
中央段右は、□Reversal □Negative
下段左は、□12m/40ft  □15m/50ft □Other
下段右は、□With Processing □Without Processing

コダックのフィルムを詰めたシングル8マガジンを出す予定があるのかしら?ネガフィルム商品とか、15mの商品とか、現像別の商品のチェックボックスも用 意されていますけど、普通に考えればこの辺の選択肢は単なる「予備」なのでございましょう。もし「具体的に新商品が計画されているよん」と言うことであれ ば、またそれは一興でございますが、できれば富士フイルムさんがこしらえてくれた方が・・・おっと脱線。

商標もないし製造業者も書いてない、のっぺらぼーなラベルとパッケージにナゾが深まりますが、単なる想像ですけど、OEMに出すことを考慮に入れてるのかも知れませんね。

となると、フィルムのパーフォレーションであったりとか、巻きの問題だったりとかが改善されていることが望ましいですね。それはもうはっきりと店員さんにも伝えたのですけど、やっぱり怖くて常用できませんもの。高いし。

 


さてさて、肝心のフィルム感度ノッチの件。

cineviat64_label.jpg
マガジンは、フジクロームR25Nを流用してます。現在のベルビア50D版と違って、ウラ面の円弧状ノッチを削ってあります。但し、前部の感度設定の出っ 張り部分はASA25のままなので、前部の出っ張りで感度設定をする以下のカメラではなんと1段と1/3も露出がオーバーになってしまいます。

[露出が1段と1/3オーバーになってしまうカメラ]

キヤノン518
フジカAX100、C100、ZX250
エルモ8S-60、8S-40T、8S-600、8S-800 他
(シングル8マガジンの感度設定はこちらをご参照ください)

1段と1/3オーバーですから、まともに撮れませんねこりゃ。でも、まったく商品にもサイトにもこの不具合については書かれていません。不親切なことだと思います。

さてウラ面の円弧ノッチは削られています。問題は、これがどの感度に合わせて削られているかと言うことです。

cineviat64_notch.jpg  

フィルム感度は、シングル8規格上はたしか「円弧の角度」で設定されていたはず。上のフィルムリールの中央部を円弧の中心とみて、確か4度増えるごとに1/3段上がるはずで、

ASA50 なら42度、ASA64なら46度とものの本で見た記憶がありますが、

でも、・・・分度器がないから計れないや。見た感じ、それぐらいかなあと見た感じでは思えるのですけど。どなたか、 分度器お持ちではないですか?

さて、問題はもう一個。果たしてこのASA64って感度は正しくカメラに設定できるのかどうか

シングル8規格のフィルム感度と設定について

↑ここでも書きましたけど、感度レバーが円弧状に動くタイプのカメラは感度設定ができる可能性がありますですね。スーパー8で言えば、ニコンとかNIZOみたいに。

シングル8でASA64をきっちり読めるカメラはどれだったか、もういっぺん調べておかないといけないですね。

あらゆるシングル8カメラは ASA50の設定を持っていますから、ASA50に読み取ってくれれば1/3段のズレで済みますが、ASA50の上の設定だと、1/3段上のASA80は 飛ばして、2/3段上のASA100を持ってるのがほとんど。もしASA100に読み取られたら2/3段ずれてることになっちゃいますね。
どうなるだろう?これは調べておかないといけませんです。

後はまたいずれか。

 

small format誌を買った日になぜかユルゲン編集長が

smallformat2006_5.jpg

ドイツの出版社から出ている、「small format」誌の2006年度の第五号を入手。年末にリリースされたものですが今頃になって入手。

ビュアー(Viewer)の特集があるので、表紙はビュアー。 その他、スーパー16などの記事がちょっとあります。撮影記事は、米国のSuper8 Todayで前々号で特集されていた、8mmで撮っているスタントマン映像の話を。

あと、リゴニー(Ligonie)の9.5mmカメラのラインアップなど、カメラコレクター向け情報が巻末近くに。
おっと、巻末には現在全世界で入手できる、レギュラー(ダブル)8フィルムの一覧とディーラーが載ってます。

この手のお役立ちリストをよくこの雑誌やりますけど、何号か前のエクタクローム64T対応カメラ一覧は、エルモ1012S-XLなどのあきらかに非対応カメラまで何台かリストアップしていたこともあるので、読むときには注意をしないといけないですね。

話変わりますけど、年末ギリギリになって、「small format」誌のユルゲン編集長からメールが届いたんです。ユルゲン編集長には、small format誌でもそうでしたけど、その前からドイツ語版「schmalfilm」誌で、不愉快な思いをさせられてるので、三度目はもうイヤだなあと正直うんざりなんですが、

不愉快ないままでの経緯についてはここをお読みください

大晦日に届いたメールも、また頭をかかえるような内容なのですなあコレが。
雑誌は有益な情報も載っていていいんですけど、このユルゲンという人だけはよく分かりません。

シングル8の現像復帰は12/27正式発表

今更ではございますが念のため。富士フイルムイメージングによる、シングル-8フィルム現像の再開についてのご報告。実務的には20日過ぎには現像受付を再開していたようですが、正式な発表としては12月27日付の再開となっているそうです。
まずは、お得意様=業者さん宛に富士フイルムイメージング株式会社からこのような案内が送られています。これまた公共性が高いので全文転記いたします。

データ元は、フィルム文化を存続させる会に挙げられたpdfファイルです。


お得意様各位

平成18年12月
富士フイルムイメージング株式会社

8mmフイルム現像 処理再開のご案内

拝啓 貴社いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、先般ご案内させていただきましたが、処理機材の故障で一時停止しておりました8mmフイルム現像につきまして、処理機材の修理が完了いたしました。このため下記期日より受注を再開させていただくこととなりましたのでご案内させていただきます。

この間ご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

敬具

1.処理再開製品 8mmフイルム現像(サイレント仕上げ)(アフレコ仕上げ)

2.処理再開時期 平成18年12月27日(水)店頭受付分より


このファックスは、12月26日午後6時14分付け、富士写真フイルム(株)お客様コミュニケーションセンターから送られたようです。紙面の横にそうスタンプされていました。
しかしこれは旧社名。ですので、きっとファックス機の送信元スタンプの設定が変更されていないだけだと思います。どこから発信されたかは分かりませんが、発信主体が富士フイルムイメージングであるのは間違いないでしょう。

おしらせは、直接ユーザー宛にも届きはじめています。
年始に現像上がりでお客さんに渡されたものの中には、このようなお知らせが入っているものがあるそうです。


お客様各位

平成18年12月
富士フイルムイメージング株式会社

8mmフイルム現像処理についてのご連絡

拝啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は弊社製品に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度は「8mmフイルム現像」をご注文いただきまして誠にありがとうございます。過日より弊社内にて現像処理設備の故障が発生し、やむを得ず現像処理を一時停止させていただいておりましたが、復旧作業を終え処理可能と成りました。
処理再開につきましてのご連絡は、店頭を通じまして後日ご連絡申し上げる予定ですが、お客様へのご案内に先立ちまして、お預かりしました8mmフイルムの現像処理を進めさせていただきましたのでご了承ください。
お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。

尚、8mm処理サービスのご案内につきましてのお問い合わせは下記窓口にお願い申し上げます。

◎お問い合わせ窓口:
富士フイルムイメージング株式会社 お客様センター
電話 042(481)9605
受付時間 午前10時?午後5時(土日祝日除く)

敬具


再開しましたよ、とご案内を本来はすべきでしたが先だって処理を致しましたよ、ということですね。

何はともあれ、お客さんに直接お知らせをしているところだけでも、少しお客さんに近寄ってきたようでこれは喜ばしいことだと思われます。

さて、店頭にてご連絡申し上げる予定とありますが、それは上に掲げたお得意様向けのアナウンスによるものなのでしょうか?

それとも、別途なご案内が店頭などから報じられるのでしょうかねえ。うふふ。

実相寺昭雄さんとBOLEX H16

昨年末には相次いでいろんな方が亡くなりました。
その中でも実相寺昭雄監督が亡くなった、と言う報には結構へこみました。

jissoji.jpg

写真は、二三年前に実相寺さんにいただいたサイン。

普通、こんなものにサイン書かないですよね。達筆の実相寺さんもさすがに書き慣れないと見て、ひどい文字になってます。
それでも何となく興が載ったらしく、ウルトラマンのガヴァドンのイラストも描かれています。

実相寺さんは、サインを書きながらこんなことを言ってました。
「(サイン)書いたら撮りにくくないか」

ええ、撮りにくいです。でも、そもそもこのBOLEXは撮りにくくて使う気ありませんから・・・とは言えませんでしたけどね。

それでも訃報を耳にした時は、このサインが消えるほど撮りまくってやらねば!と奮い立ちました。

でも、やっぱりこのBOLEXは使いにくいんですわ。

新年早々大変具合がわるいけど今年はさらによろしく

年末のどたばたに引っ越しが重なって、すっかり身体壊して今症状進行中というていたらく。
せっかくの長い休みだというのに、療養にもならず。あーつらい。

というわけで、芯喰った映像ネタの話を書く余力がないので、年末年始の身辺報告をば。

これは引っ越し直前の12月22日の旧い部屋の姿。

oldroom.jpg

んで、これがクリスマスにとりあえず新居に押し込んだところ。整然としてるように見えますが、ただPCをデスクに引っ越し屋さんが積んでくれただけのことでして、配線なんかなーんにもされてませんし、この左側は段ボールの山また山。箱は今でも片付いてません。

newroom.jpg

ハウスダストのひどいアレルギー持ちなので、引っ越しとか模様替えとかはほとんど自殺行為です。
かといって自分の家から逃げるわけにもいきません。しばらくは我慢です。

12月30日には、下北沢で高遠さん主催の忘年会兼打ち合わせが行われました。スーパー8ユーザーである高遠さんのお願いで、あたくしのシングル-8カメラをお貸ししながら。

酒呑んでぎゃーぎゃーさわぎました。あん時にはすでに具合悪かったんですけど。

simokitazawa.jpg

大晦日にはオールナイトなご用事が。座り用事だったのでなんとか持ちこたえて帰宅すれば、しばらくぶりに「small format」誌のユルゲン編集長からメールが届いて。年末最後のメールがユルゲンからか・・・なんだか思いやられるような感じですが・・・これの詳細は別途。

というわけで、最後まで無理をおした2006年のツケに今苦しんでマース。
2007年は、すでにいろんな動きがあるのが分かってる年でございます。激動の平成史が繰り広げられるかも知れない2007年。しょっぱなからどうも冴えませんが、最初にケチ付けておいてあとはぶわーっと行くって言う算段で参りますので、新居共々よろしくお願いいたします。

さて、薬を。