フジカ シングル8 Z800

Fujica Single-8 Z800
z800_leftside.jpg

Overview

フジではたった3機種しかない8倍ズームレンズ付き。ZC1000に次ぐ多機能機。一番の特長はシャッター軸が外部コントロールできること。これを利用したバルブ撮影、パルスシンクロ同時録音が可能だという点。

レンズは10群13枚構成。電子ビーム・コーティング。5枚羽根絞。

EEロック機構と手動調節あり。EEの露出補正ダイヤルがあり、2倍4倍の露出調節ができます。ファインダー内表示はEE絞数値・露出不足の警告マーク・フェーディング量。

おなじみシャッター開角度調節機構と巻戻し機構は、フェードイン・アウトとオーバーラップ、多重露光用にいかようにでも工夫して使ってください。
シャッター開角度は側面のダイヤルを回すこれまたおなじみの方法。フィルム巻戻しも内蔵クランクを引起し、手動でぐるぐる回します。
撮影速度は1・18・24コマのほかに、約36コマのスローモーション撮影ができます。電源は単3乾電池4本。

パルスシンク同時録音は、パルスジェネレーターとパルスシンクコーダーを同時に使用して、画面と音をシンクロさせて記録します。
さらに映写時には映写機がかなり限定される(MX70とかSH30など)上に、パルスシンクコントローラーと言う機械が必要と、なんだかんだで道具をいっぱい見つけないとならないのと、編集作業が並大抵の苦労ではないのですが、使いようによってはおもしろいこともできるでしょう。

そして、このシンクロカプラーは、早い話シャッター軸を外部からふれられる物ですから、ここにZC1000の説明であるようなフィルミングクランクを付ければ手動でカメラを走らせることもできます。凝り性なら、モータとギアでスローシャッター機構も組めますよ。
アクセサリーシューに付けるTグリップは、特殊警棒のようにのびますので、同録用のマイクの取り付けや、カメラの携行に便利。ポッチが弱いので過信は禁物ですが一脚としても使えます。

Impression

8倍ズームレンズと、f45まで絞れる虹彩絞り、手動露出可能、シャッター開角度調整、スローモーション撮影、巻き戻し可能と、8mmカメラとして、そしてシングル8カメラとして望まれる機構はたいてい装備している高級機です。この機種があれば取りあえずシングル8での作品製作はこなせると思います。グリップが折りたためるので運搬時に小さくなる上に、三脚固定時の安定性も高まります。
販売期間が長かったために、中古で出回る数が多いのも利点です。カメラ選びで悩んだら取りあえず候補に入れてみるといいです。

難点は、フジカZシリーズ全般に言えることですが、ズームリングが重いこと。走行音がやや大きいこと。他のZシリーズと比べてファインダーが暗めだと言うこと。劇映画制作では夜間の屋外撮影でライト使用は欠かせませんが、無灯火でフォーカスを取るのが難しいぐらいに暗いです。このあたりはいろいろ工夫が必要だと思います。

外部から回すことが出来るシャッター軸は、バルブ撮影に利用できます。これができるカメラはZC1000とZ800だけです。
(バルブ撮影機能は、海外のスーパー8機の一部に、もっと使いやすいものが装備されています)

何台か使いましたが、長い期間販売されていた間にコーティングのバージョン違いでもあるのか、発色が違うものがあります。おおむねZ700と似たあっさり系ではありますが。

余談ですが、 大林宣彦監督「転校生」で主人公が使っていたのがこれですね。(2009年5月マディ加筆訂正)

z800_rightside01.jpg
z800_rightside02_full.jpg

z800_late_ver_bc.jpg
後期バージョンは、バッテリーチェッカーが緑のランプです

Spec

メーカー:富士写真フイルム 1971年12月発売

レンズ:EBCフジノンZ‐F1.8・8?64ミリ、8倍電動、手動ズーム可能

ファインダー:一眼レフ式、視度調飾可能、絞数値、露出警告マーク・フィルム終了警告・フェード量表示付

フォーカス合わせ機構:スプリットイメージ式

露出:内測式(TTL)CdS露出計による自動絞(サーボEE)、手動絞・EEロック・EE補正可能

フィルム感度設定

撮影速度:1・18・24コマ、スローモーション(約36コマ)

特長・オプションなど:パルス式同時録音可能、1コマ撮りストロボ同調・シャッター開角度調節・フィルム巻戻し可能、リモコン可能、フィルムカウンター、バッテリーチェッカー内蔵、折りたたみグリップ付

大きさ/定価:209x160x72mm 1400g/78300円

「フジカ シングル8 Z800」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください